2017年11月22日 更新

【京都珍百景】来年は戌年!『笑う狛犬』で福を呼ぶ!!年賀状活用で最近人気スポット★「下御霊神社」

最近人気スポット。来年の干支・戌年にちなんで、下御霊神社の笑う狛犬画像を年賀状に活用しようと、今密かなブームに。行ってきました。

ホンマや、狛犬がわろてる(笑)

 (104822)

寺町丸太町下がったところにあります。

わりとふだんは閑散とした静かな神社ですが、最近やけに参拝客多いなぁと通りかかる時感じてたんですが。
 (104829)

東京から京都観光に来た友人が、ここの『笑う狛犬』を年賀状の背景画に使うために撮影したいということで。来年戌年なんで、それにちなんで。だから参拝客多かったのかな。

でも今まで何度か参拝しているが、そんなんあったか?と思いつつ。
 (104826)

境内は今改修工事中だったりしますが、参拝には問題なし。
 (104830)

本殿には非業の死を遂げた八柱の祭神が祀られ、総称して、八所御霊と呼ぶ。崇道天皇、伊予親王、藤原吉子、藤原広嗣、橘逸勢(たちばなのはやなり)、文屋宮田麻呂(ふんやのみやたまろ)、吉備真備(きびのまきび)、菅原道真が、その八所御霊。

昔は、非業の死を遂げた人の怨霊が、天変地異や疫病をもたらすと信じられ、そういった人たちの怨霊を鎮めるための神社として成り立ったとか。
 (104824)

 (104823)

以前にも、名水シリーズで紹介したこともあるこちらの井戸。23年前に復活し、巷の料亭の方がわざわざこちらの名水を料理に使用しようと汲みに来られるほど。
 (104825)

驚くほどクセがなくやわらかい味わい。

それよりいったい、狛犬はどこだ!と境内を探すも見つからず。すると友人が鳥居下にあるぞ!と。
 (104828)

もう一度引き返して鳥居口向かって左側の狛犬。

んーむしろ怒ってるような。一文字に閉じられた口。そんなにきばらんでも(汗)
 (104827)

右側狛犬。
 (104831)

ホンマや
 (104832)

わろてる!しかも、口角上がりまくりの大爆笑(笑)

これは誰が見ても、思わず笑みがこぼれる狛犬。新しい一年をこんなふうに笑いのある年にしたい、という願いも年賀状に込められる画。ちょっと面白いアイデアですね。ご活用ください。

下御霊神社 へのツイート

18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都神社めぐり】早くも来年の干支・イノシシ大絵馬登場!足腰の守護神「護王神社」

【京都神社めぐり】早くも来年の干支・イノシシ大絵馬登場!足腰の守護神「護王神社」

御所西側、蛤御門前に足腰の神様として鎮座する神社。「いのしし神社」の異名をもち、早くも来年の干支であるイノシシ絵馬もすでに飾られています。
【京都ぶらり散策】台風の凄まじさ物語る爪痕!倒木多数で立入禁止箇所も「京都御苑」

【京都ぶらり散策】台風の凄まじさ物語る爪痕!倒木多数で立入禁止箇所も「京都御苑」

京の中心地・京都御所をぶらり散策。先週猛威をふるった台風21号の影響がここにも。広大な敷地を誇る御所の大木もかなりの破損。行ってきました。
【京都銭湯めぐり】絶対行くべき!インコを眺めながら一風呂!!創業120年の老舗銭湯☆「松葉湯」

【京都銭湯めぐり】絶対行くべき!インコを眺めながら一風呂!!創業120年の老舗銭湯☆「松葉湯」

西陣界隈にある創業120年の歴史のある銭湯。京都市内の中でもかなり珍しい内装で浴室ではインコを眺めながら入浴ができ、銭湯マニアの間では有名なお店。
【京都古墳めぐり】地下鉄駅スグの住宅街に突如あらわれる古墳!石室必見☆「天塚古墳」

【京都古墳めぐり】地下鉄駅スグの住宅街に突如あらわれる古墳!石室必見☆「天塚古墳」

地下鉄・太秦天神川駅から徒歩10分以内の住宅街に突如あらわれる古墳。一見、小高い小さな丘にも見え、古墳には稲荷の祠を祀り、参拝コースも設けられ、横穴式の石室も。
【京都珍スポット神社】古代ギリシャ神話を思わせる鳥居必見!難病の神様が宿るパワースポット☆「大岩神社」

【京都珍スポット神社】古代ギリシャ神話を思わせる鳥居必見!難病の神様が宿るパワースポット☆「大岩神社」

伏見区深草の小高い山中に立地する隠れ家的神社。かつては『難病の神様』といわれ、多くの参拝客でにぎわったパワースポット。中でも注目は古代ギリシャ神話に登場しそうな鳥居。京都珍鳥居の一つに数えられそう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers