2016年2月14日 更新

【京の名水パワースポットめぐり⑤】 「下御霊神社」ミシュラン一つ星料亭も絶賛使用中の名水!

名水シリーズ第5弾。今回は以前お伝えした京都三名水「染井」にも程近い、下御霊神社の御香水をご紹介します。

寺町通り沿いにひっそりとたたずむ下御霊神社

 (11606)

 (11607)

寺町丸太町下がったところにあります。わりと参拝客が少なく、閑散とした様子。
 (11609)

 (11610)

本殿には非業の死を遂げた八柱の祭神が祀られ、総称して、八所御霊と呼ぶ。崇道天皇、伊予親王、藤原吉子、藤原広嗣、橘逸勢(たちばなのはやなり)、文屋宮田麻呂(ふんやのみやたまろ)、吉備真備(きびのまきび)、菅原道真が、その八所御霊。
昔は、非業の死を遂げた人の怨霊が、天変地異や疫病をもたらすと信じられ、そういった人たちの怨霊を鎮めるための神社としてのなりたったそう。

ミシュラン一つ星料亭の「かぶらのふろふき」に絶賛使用中

 (11613)

境内、閑散としてるとはいえ、こんな貼紙があるくらいですから水を求めて皆来るんでしょうね。ミシュランガイド一つ星獲得した料亭・祇園大渡の名物料理「かぶらのふろふき」もここの名水のみで炊き上げるという。ここの名水が必須の料理なんだとか。かぶらって繊細な味だから、水が要になるんでしょうね。
 (11615)

23年前に復活したんだとか。
 (11617)

 (11618)

蛇口にして管理されてるんでしょうか。チョロチョロとしか水は出ていませんでしたが、その場でいただきました。ホントに驚くほどクセがなくやわらかい味わい。このシリーズの中で、一番やわらかい印象。有名料亭がここの水を絶賛するのがわかるような気がします。今度はペットボトル持参で来よう(笑)

下御霊神社への口コミ

下御霊神社 基本情報

名称
下御霊神社
住所
京都府京都市上京区新烏丸通丸太町下る信富町324
電話番号
関連URL
18 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな