2016年7月1日 更新

【穴場】梅雨を涼しく過ごそう!半夏生の咲く足利家の菩提寺【等持院】

日本列島は梅雨真っ只中。ジメジメムシムシするけれど、そんな時こそ涼やかに過ごしたい! 季節の草花を愛でながら雨音に耳を澄ませる静寂の時はいかがでしょう。きぬかけの路近くの穴場寺院を紹介します。

等持院とは

暦応四年(西暦1341年)かの室町幕府初代征夷大将軍、足利尊氏が天龍寺の夢窓国師を開山に迎え衣笠山の南麓に創建した臨済宗天龍寺派の寺院です。足利家の菩提寺としても知られ、歴代足利将軍の木像が安置されています。また、足利尊氏の墓所でもあるのですよ。
 (41764)

世界遺産の寺院が点在するきぬかけの路近く、少し奥まった所に等持院はあります。観光地化もされておらず、古刹の雰囲気を醸しだしていますが、貸し切り状態で拝観できます。
 (41758)

方丈東隣の霊光殿と呼ばれる場所に歴代足利将軍の木像が徳川家康の木像と共に安置されています。(教科書で見たことある!!)ここは撮影禁止ですので、拝観チケットの写真を。

夢窓国師作の庭園

方丈南の枯山水もいいけれど、やはり方丈北の二つの池からなる庭園は見事。雨に濡れる楓も美しく体感気温も下がります。現在は方丈北側の東の苑池で半夏生が白く色づいています。ゆっくりと涼を楽しみたい人にはおすすめの穴場ですよ。
 (41760)

池のほとりで色づく半夏生。梅雨の時期に葉を白く染め、目を楽しませてくれます。実はこの「半夏生」という名前、夏至から数えて11日目からの5日間を半夏生というそうで、、ちょうどその時期に花を咲かせることから半夏生と名前がついたと言われています。ちなみに今年は七月一日からが半夏生だそうですよ。まさにベストシーズンですね!
 (41762)

半夏生の群生している様子は装いも涼しく。雨に濡れていきいきと生い茂っていました。
 (41761)

木立の緑が映える西の池。くちなしの花の香りに誘われて行くと、、、桔梗の紫が風景に彩を添えてくれていました。
 (41765)

凛とした佇まいの桔梗の花。キリリと庭を引き立てていました。

室内からの空間美も

お庭に降りるために傘や履物も用意されていますが、もちろん室内からも潤いの美を楽しむことができます。雨の中でしたがお庭を見て回り、その後は書院でお抹茶をいただきました。ここに居ると雨音でさえも贅沢に聞こえてまったり時間を過ごせました。
 (41759)

書院に座りお抹茶をいただきました。雨の潤いに映えるお庭を眺めていたら時間を忘れ長居したくなる空間です。
 (41763)

まさに貸し切りです。
半夏生の綺麗なことを知って訪れる人は少ないのでしょうか。近隣の散策に仁和寺、龍安寺、金閣寺とあわせて等持院へも足を伸ばしてみられてはいかがでしょう。梅雨の時期こそが狙い目ですよ♪

等持院 への口コミ

19 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【東福寺】かわいいハート皐月に癒される【フォトジェニック】

【東福寺】かわいいハート皐月に癒される【フォトジェニック】

紅葉の名所、東福寺で5月~6月にかけて見られるかわいい風景♪重森美鈴氏が手掛けた傑作のお庭も楽しめます。(画像は2018年のものです)
m.m
【京都花めぐり】御霊神社で貴重なイチハツに癒される

【京都花めぐり】御霊神社で貴重なイチハツに癒される

市営地下鉄鞍馬口駅そばにある御霊神社。たくさんのイチハツが楽しめる、京都では貴重なスポットです。
m.m
【京都花めぐり】上賀茂神社摂社 大田神社の"天然記念物"カキツバタ

【京都花めぐり】上賀茂神社摂社 大田神社の"天然記念物"カキツバタ

古来より楽しまれている天然記念物のカキツバタ。例年では5月に見頃を迎えることが多く、今回紹介したいと思います♪(画像は2018年のものです)
m.m
京都のあじさいを巡る|「真如堂」で1,000株のあじさいと新緑に癒される

京都のあじさいを巡る|「真如堂」で1,000株のあじさいと新緑に癒される

真如堂は紅葉の名所として知られていますが、新緑も美しく、紫陽花が1000株あり、梅雨時期のお庭散策を楽しむことが出来ます。(画像は2018年のものです)
m.m

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ともも ともも