2019年2月14日 更新

【京都お寺めぐり】名物・開運推命おみくじで今年を占う!夏の六道まいりでもおなじみ☆「六波羅蜜寺」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は東山五条上る、六道の辻にあるお寺。新年から配布される開運推命おみくじで今年の運勢を占ってきました。

旧暦の新年から配布されるおみくじで今年一年を占う

 (145179)

大和大路松原通り沿い、六道の辻。この界隈には、六道珍皇寺もあり、夏には六道まつりも開催される場所。
 (145180)

以前、都七福神めぐりでもご紹介したところですが、唯一の女神・弁財天を祀るお寺。
 (145183)

六波羅蜜寺は天台宗のお寺。

951年(天暦5)に悪病が蔓延。空也上人が疫病平癒のため開創し、当時は西光寺と称した。空也の死後、977年に比叡山の僧・中信が中興して天台別院とし、六波羅蜜寺と改称。それ以降天台宗に属した。
六波羅蜜とは、この世に生かされたまま、仏様の境涯に到るための六つの修行をいい、波羅蜜とは彼岸(悟りの世界)に到ること。

境内には、教科書でもおなじみの口から小さい六体の阿弥陀が飛び出す空也上人像が安置され、拝観ができます。
 (145184)

3回まわして祈りを込める願石。随所に密教系の雰囲気が漂ってます。
 (145187)

境内北側には、水掛け不動尊、水子地蔵尊、さらにちょっと珍しい銭洗い弁財天も。ここの霊水で硬貨を洗うと数倍になって返ってくるそうです。
 (145181)

本堂。ご本尊は十一面観音。
この日は休日ということもあるのか、西国三十三ヶ所めぐりの参拝客を中心にかなりにぎわっていました。
 (145185)

で、前回まだ年明けではなかったので手控えた開運推命おみくじ。
四柱推命をベースに、生年月日別に事細かにその年の運勢が書いてありますが、旧正月明けの2月4日からの1年が新年になり内容が更新されます。四柱推命は占い界の中でもベースとなる、どの占いにも精通する占術。

ここで、自分の生年月日を基に、算出。
 (145188)

授与所で算出番号を伝え、400円と引き換えに。
 (145182)

で、こちらがその開運推命おみくじ。
他の神社仏閣のおみくじより大判。で、いろいろと事細かに今年の運勢について書かれています。私の場合、要約すると図々しくなるな、とのこと(笑)

でも、一つ致命的なことが。もしかして、算出した番号、間違えたかも(驚愕)なので、そこ要となるので、慎重に計算してください。アホや

六波羅蜜寺 へのツイート

詳細情報

場所:六波羅蜜寺
住所:京都府京都市 東山区松原通大和大路東入2丁目轆轤町81-1
電話番号:075-561-6980
関連サイト:http://rokuhara.or.jp/

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【都七福神めぐり】京都発祥で日本最古の巡拝!唯一の女神・弁財天を祀る☆6寺社め「六波羅蜜寺」

【都七福神めぐり】京都発祥で日本最古の巡拝!唯一の女神・弁財天を祀る☆6寺社め「六波羅蜜寺」

全国には数多くの七福神めぐりがある中、京都発祥で日本最古の『都七福神めぐり』。新春に七福神を巡拝することで、ご利益もひとしおというもの。今回は6寺社め。祇園にもほど近い場所にある、七福神唯一の女神を祀るお寺。
【京都お寺めぐり】あの世とこの世を結ぶ『冥土通いの井戸』公開中!閻魔大王像や地獄絵も☆「六道珍皇寺」

【京都お寺めぐり】あの世とこの世を結ぶ『冥土通いの井戸』公開中!閻魔大王像や地獄絵も☆「六道珍皇寺」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は東山、六道の辻にある古刹。京都夏の風物詩、お盆にご先祖(お精霊さん)をお迎えする六道まつりでも有名。早春の特別寺宝展で魔界への出入口になったと言われる井戸を拝観。
【京都神社めぐり】行列もできる悪縁を断ち切るパワースポット!縁みくじも必須☆「安井金比羅宮」

【京都神社めぐり】行列もできる悪縁を断ち切るパワースポット!縁みくじも必須☆「安井金比羅宮」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は縁切り祈願でおなじみの神社。大量のお札が貼られた巨石をくぐると願いが叶い、行列必至の人気スポット。そして、縁みくじも必須アイテム。
【都七福神めぐり】京都発祥で日本最古の巡拝!十日ゑびす祭りでも大盛況☆2寺社め「京都ゑびす神社」

【都七福神めぐり】京都発祥で日本最古の巡拝!十日ゑびす祭りでも大盛況☆2寺社め「京都ゑびす神社」

全国には数多くの七福神めぐりがある中、京都発祥で日本最古の『都七福神めぐり』。新春に七福神を巡拝することで、ご利益もひとしおというもの。今回は2寺社め。ちょうど十日ゑびすで大盛況の商売繁盛の神様へ。
【京都ランチめぐり】昭和レトロな冷麺必食!祇園にもスグの昔ながらの大衆中華料理店☆「六波羅飯店」

【京都ランチめぐり】昭和レトロな冷麺必食!祇園にもスグの昔ながらの大衆中華料理店☆「六波羅飯店」

祇園にもほど近く、六波羅蜜寺スグの場所にある昔ながの風情ただよう大衆中華料理店。気取らない雰囲気でふらっと立ち寄れる気軽さが人気。この日は六道まつりの中、ランチでうかがいました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers