2016年5月9日 更新

初夏の紅葉!真っ赤なモミジが山門を飾る【金戒光明寺】

緑の美しい季節、風に揺れる「青モミジ」は清々しく良いものですが、一面の緑の中に真っ赤に色付くモミジもまた格別です。今回はゆっくりと散策のできる金戒光明寺をピックアップしてみました。

真っ赤なモミジの正体は

 (32732)

初夏の緑の中に目立つ真っ赤なモミジ。その正体は「野村楓(ノムラカエデ)」。初夏に真っ赤な葉を茂らせ、真夏は緑に、また秋には紅葉するという珍しい品種だそうです。特に若葉の初夏の紅葉は鮮やかで、光が透けると秋の紅葉と間違えそうなほど。初夏と秋 二度も紅葉が楽しめるなんてお得ですね♪

紅葉ポイントはここ!

 (32728)

京都の市街地を見下ろせる丘陵地に広がる金戒光明寺。広い寺域にも相応しい豪壮な構えの山門は今、緑と紅のコントラストが美しく映えています。ちょうど通りかかった和服姿の女性が古刹の風情を盛り立ててくれていますね。
 (32727)

山門の南側は青々とした若葉が茂っており、初夏の佇まいを見せます。秋の紅葉も綺麗ですが、生命力溢れる緑も良いですね。
 (32725)

山門をくぐるとノムラカエデが植わっており、透き通る様な紅い葉が姿を現します。見上げるようにして近くで眺めると秋の紅葉のように真っ赤に見えますよ。

季節の花も

山門の紅葉のほかに、初夏を彩る花々も。季節の花と秋のような光景が広がる金戒光明寺。光を受けた「初夏の紅葉」に感動すること間違いなし!真っ赤な紅葉を楽しむなら今がベストシーズン。京都の初夏に紅葉はいかがでしょう♪
 (32729)

 (32731)

 (32730)

金戒光明寺への口コミ

金戒光明寺 基本情報

名称:くろ谷・金戒光明寺
住所:京都市左京区黒谷町121
電話番号:075-771-2204
拝観時間:9:00~16:00
公式HP: http://www.kurodani.jp/index.html
16 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都の細見美術館にて「春画展妖怪画」とのタッグで旋風ふたたび?

京都の細見美術館にて「春画展妖怪画」とのタッグで旋風ふたたび?

2016年に京都で開催するや8万人もの観客を動員し、会場となった細見美術館の動員記録を塗り替えた春画展。その細見美術館での春画展が2018年に超パワーアップ! 春画と妖怪画という一見相反するテーマをタッグ展示することで、通常の美術展では見えてこない大衆文化のすみずみまで知ることができる展示となっています。 ※なお今展示では展示内容を考慮し、18歳未満の方は入館不可となっています。
【京都紅葉特集】今年のオススメはココ!アフロヘアのような仏像で話題の「金戒光明寺」

【京都紅葉特集】今年のオススメはココ!アフロヘアのような仏像で話題の「金戒光明寺」

京都の紅葉も見頃間近。特別公開されているオススメの紅葉スポットをご紹介していきます。今年のイチオシは、アフロヘアのような仏像で話題になっている「金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)」です。
おちょこを片手に明治時代へタイムトラベル「岡崎明治酒場 | サケガーデン」

おちょこを片手に明治時代へタイムトラベル「岡崎明治酒場 | サケガーデン」

時をこえて、明治時代の京都へ。明治時代の幕開けから150年の記念すべき年に、京都・岡崎エリアでアートやロマンにあふれる催しの数々と、美味しいお酒・お食事を味わう大夜会が開かれる。 涼やかな夜風がよく通り、提灯の明かりに照らしだされた情緒あふれる空間で、粋な大人の夜祭りを体感しては。
細見美術館で春画と妖怪画展を開催!2016年に大好評を博した企画展が超パワーアップ

細見美術館で春画と妖怪画展を開催!2016年に大好評を博した企画展が超パワーアップ

岡崎の細見美術館でとってもエキサイティングな展示会が開催されます!それが「日文研コレクション 描かれた『わらい』と『こわい』展-春画・妖怪画の世界-」。春画?妖怪画?これは気になります…。開催期間は10月16日から12月9日まで。要チェックですね!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ともも ともも