2019年11月18日 更新

【2019京都紅葉最新】水面に映る紅葉並木もまた絶景!遊歩道の散策コースは憩いスポット☆「山科疏水」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は山科区、JR山科駅から山手に上がった山科疏水。遊歩道も整備され、地元民憩い紅葉スポット。11月18日時点の様子です。

琵琶湖から水を引いた水路「疏水」べりの紅葉

 (170386)

山科区、JR山科駅を上がり山手へ。

明治時代、琵琶湖の水を京都へ引き込もうとつくられた琵琶湖疏水。その中でも四ノ宮から日ノ岡までの約4㎞の疏水の両岸は、東山自然緑地として整備され遊歩道もあります。

 (170387)

春の桜、秋の紅葉と、四季折々でその景観が楽しめ、地元民にとってはジョギングやウォーキング、さらに大文字山へ抜ける登山コースの途中ルートとして親しまれているレジャースポットでもあり。

ノーベル文学賞候補の作家・村上春樹もこのジョギングコースがお気に入りらしいです。
 (170388)

秋も徐々に深まり、ここ疏水べりもちょうど桜やモミジの葉が色とりどりに鮮やか。

ちなみに、こちらは本因寺へ向かう途中の疏水に架かる橋。朱色の橋の上から眺める景観もまた見晴らしよく絶景。この日はあいにくの曇天でしたが、それでもこれだけいい画が撮影できます。
 (170389)

水面に紅葉が映り、さらに艶やかに。ちょうど苔むした疏水路も、いい画になります。
 (170385)

モミジはちょうど色のバリエーションが多彩になってきた、そんな進行具合。まだまだ先まで楽しめそう。
 (170384)

紅葉の名所として知られる毘沙門堂参道の橋。まだピークはもう少し先のようですが、それでも平日から毘沙門堂参道には多くの観光客が行き来。

疏水べりのベンチでお弁当を広げながら紅葉を楽しむ人もいて、他の神社仏閣を中心とした紅葉スポットに比べ、憩いのスポット。ファミリー層には特にオススメの場所ですね。

山科疏水へのツイート

基本情報

名称:琵琶湖疏水
住所:京都市山科区安朱馬場ノ西町39−9

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers