2016年9月14日 更新

お惣菜パンはおかずの域!アットホームで雑貨屋さんのようなかわいいパン屋さん☆「ブーランジェジュリコノオミセ」

実は人気のベーカリーが密集している藤森エリア、今回は「ブーランジェジュリコノオミセ」のご紹介です。

パン屋のレベルが高い藤森エリア

 (54806)

京阪 藤森駅から徒歩圏、商店街か少し東に行ったところにある「ブーランジェジュリコノオミセ(Boulange JuriCoのお店) 」です。

深草・藤森エリアは個性的なベーカリーが多く、とってもレベルが高いお店が揃っていますよ^^

一軒家の一角をお店にしたアットホームなベーカリーです。朝7時から営業されているので、出勤前のOLさんにも人気ですよ(#^^#)
 (54810)

店内はかわいい雰囲気で、照明や小物もかわいく雑貨屋さんのようです^^

阪急百貨店のうめだ本店でのパンフェアーにも出店されていたり、大阪にもファンがおられるそうです。

定番から本格お惣菜パンまで

 (54807)

割とシンプルなパンが多い印象を持ちました!

こちらはハード系です。ベーコン・エピや明太子フランスのような定番から、パリパリチーズやチリトマトカルツォーネみたいなお酒に合いそうなパンまで(笑)
 (54808)

右上のコロッケサンド100円が気になるところですが、甘い系のパンはこちら!
オレンジやさつもいも、パイナップルを使ったパンも美味しそうですね^^
 (54833)

上のレーズンパンやロールパン、くるみパンはとってもお得でテーブルロールとしていっぱい買って帰りたくなりますね。

下段には美味しそうなお惣菜系のパンが並びます。
エビチリドーナツやチェダーリーズのベーコンフランスがとっても気になります!(笑)
 (54809)

オーソドックスなメロンパンやリングドーナツも。懐かしい感じがしますね(#^^#)
 (54812)

一番人気の牛すじ黒カレーパンを買って帰りましたー^^
他にも買って帰りましたが、これが一番のオススメということで。

牛すじがゴロゴロっとコクたっぷりの黒カレーを包むのは、カラッとサクっとした生地です。食感も抜群!!
他のカレーパンと一線を画す本格的なカレーパンです。もはやおかずの域(笑)

他にも、美味しいパンがたくさんあるので、ぜひ寄ってみてください。このエリア、パン屋さんのレベルめっちゃ高いです(#^^#) 他のお店もまたご紹介させてもらいますね^^

ブーランジェジュリコノオミセ クチコミ情報

ブーランジェジュリコノオミセ 店舗情報

店名:ブーランジェジュリコノオミセ
住所:京都市伏見区深草枯木町41-8
電話番号:075-643-3933
営業時間:7:00~19:00
定休日:木曜・祝日
14 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ボリューム満点でセンスがキラリと光る!伏見区の人気ベーカリー!「ココ・キラリ」

ボリューム満点でセンスがキラリと光る!伏見区の人気ベーカリー!「ココ・キラリ」

藤森駅すぐ、人気ベーカリーの「ココ・キラリ」さんです。定番から個性的なパンまで、種類も多くて選べるのが楽しくなるパン屋さんです。
【京都パンめぐり】ハズレなしのCPよし!絶滅危惧種の幻パン『ニューバード』もあり〼「ココ・キラリ」

【京都パンめぐり】ハズレなしのCPよし!絶滅危惧種の幻パン『ニューバード』もあり〼「ココ・キラリ」

伏見区藤森の商店街にある、小さなお店。ハード系、デニッシュ系、おかず系、どれをとっても文句ナシの美味しさ。そしてCPよし。そんなお店で幻パン『ニューバード』を発見。
【京都伏見】ハード系もデリ系も高クオリティの人気パン屋さん!スタイリッシュでオシャレな店構え☆「eight(エイト)」

【京都伏見】ハード系もデリ系も高クオリティの人気パン屋さん!スタイリッシュでオシャレな店構え☆「eight(エイト)」

この界隈では美味しいことで有名なベーカリー。ハード系はもちろん、デリ、おかず系パンも具材へのこだわりが伺えてどれもクオリティ高い品々。
普段使いにピッタリ!洋館のような通いたくなる藤森のベーカリー☆「ブーランジェリ ブロン」

普段使いにピッタリ!洋館のような通いたくなる藤森のベーカリー☆「ブーランジェリ ブロン」

人気のパン屋さんも多い藤森エリア、丘の上にたつベーカリー「ブーランジェリ ブロン」に行ってきました^^ 
【京都パンめぐり】どれ食べてもハズレなし!小麦の香ばしさと歯ざわり絶品☆「ココ・キラリ」

【京都パンめぐり】どれ食べてもハズレなし!小麦の香ばしさと歯ざわり絶品☆「ココ・キラリ」

最近食べた中で、一番印象に残るベーカリー。伏見区藤森の商店街にある、小さなお店。ハード系、デニッシュ系、おかず系、どれをとっても文句ナシの美味しさ。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ミート姫 ミート姫