2019年3月3日 更新

【京都上賀茂】予約至難!秋こそ秋山!!秋の味覚づくしの料理にうっとり♡「京上賀茂秋山」

おおきに~豆はなどす☆上賀茂にある有名懐石料理店。少なくとも年イチで訪れたいお店。秋は特に懐石料理の彩り豊かな季節。そこで、以前にもご紹介したミシュラン星付の名店へ行ってきました。

月初めの激戦電話予約を制覇して

 (102750)

最初に言っておきます。画像多めです(笑)これでもかなり削りました。

もう6時すぎともなると真っ暗です。とくに上賀茂のこの辺りは住宅街で暗いです(笑)
前月の月初めの電話一斉予約で2時間近く電話かけ続けてなんとか予約完了。秋は紅葉シーズンでもあり、とくに激戦。
 (102754)

いつもどおり、まずはウェイティングルームである囲炉裏の部屋。するとお茶が運ばれてきます。いつもの流れです。で、今回はごぼうのお茶。香ばしくもあり、奥深い甘味もあり。
 (102755)

準備オッケーということで、カウンターの部屋へ。途中、季節の設えを見ながら、五穀豊穣味覚の秋に来店できてよかったなぁと。
 (102756)

まずはビールでぷはぁ~とやりながら、先付三種。
奥から、ハヤトウリ、はたけしめじ、カボチャ等揚げ浸し、手前左ヒラタケ、ほうれん草お浸し、右金時人参間引き菜の胡麻よごし。季節の野菜いろいろ。大原産中心。
 (102757)

途中、焼立ての一切れをいつもつまみ食い感覚で器に入れてくれるご主人。サワラの塩焼き。
 (102758)

魚が出たんで、すかさず日本酒にスイッチ。純米吟醸秋鹿の限定ボトル5000本のうちの1本。
 (102761)

予約の段階で、できれば終盤の松茸お願いします!と頼んで念願叶って。松茸と鱧の土瓶蒸し。出汁を飲みつつ、松茸、鱧。秋の香りものを楽しむ逸品。
 (102762)

カンパチ、鯛、イカ。イカはコウイカ系だったと思います。
 (102763)

雲丹もちょこっと添えられて。
 (102764)

秋山さんとこでは不老泉はデフォです。ひやおろし
 (102765)

鱧を炭火焼した上に、鱧アラでとった濃厚出汁のあんかけ。この出汁がここまで濃厚ってなかなかないなぁと。頭部分、特に濃厚なんだとか。
 (102771)

カウンター客一同、オォ~!!と感嘆するサイズの松茸登場。ご主人もご満悦ぎみにカット(笑)
 (102772)

そして、こちらのスペシャリテの黒米のおかゆ。木の実のような滋味深い濃厚な味。生麩も入っています。
 (102773)

もうこんなに紅葉してるんですね!と、ご主人自らヒミツの場所で採取したもみじが添えられた松茸。炭火のミニ七輪で自分で焼いて食べます。このサイズの七輪いいなぁ~て話してたら、もう今では作ってないそうです。

他、柿の黒豆きなこ和え、カボチャ、海老の煮びたしでしたかね、あと白和え。すんません、ここまでくると日本酒がそこそこ回って記憶がうっすら(汗)
 (102787)

こんがりと焼きつつ、その香りも楽しみつつ。銀シャリとともに。なんか芸人を思い出してしまうんですが。U字工事に似てる!と他のお客にいじられるご主人(笑)
 (102788)

ポン酢醤油で。あぁ~シアワセ。
 (102789)

まさか、この時期に鮎が食べられるとは!琵琶湖のコアユのにゅうめん。一夜干しコアユのあぶり焼きとタロイモの真薯入り。
 (102790)

つぎの料理に合わせて、ということで選んでもらった山廃純米原酒・都美人。
 (102791)

ここで、圧巻の松茸と地鶏のすき焼き。松茸以外にも平茸やらいろいろきのこ類が入り、天盛りに茗荷。
 (102792)

なんとも贅沢なすき焼き。お隣の関東から来たという方が地鶏ですき焼きを?と聞かれ、どういうわけか、松茸入りの場合は地鶏と合わせること多いですね~とご主人と同意。松茸狩り行くと、〆に地鶏&松茸すき焼きが定番だったり。
 (102793)

松茸パフュームをまとった贅沢な地鶏よ。
 (102794)

で、さらに無理なお願いをして、ご飯に合うお酒を(笑)ということで、これを。加古屋夏仕込しぼりたて生純米酒。幻の酒米「但馬強力」使用。
 (102795)

で、いつもどおり新米コレクション。大勢でこんだけ食べたのね、じゃなく満腹中枢が逝かれた私一人がしつこくおかわりして食べたコレクション(笑)米はいつもの岐阜米。もちろん土鍋炊き。

最初香の物と炊き立てご飯、おこげ、すき焼きの残りで親子丼、おばあちゃんの2年梅干お供、くるみ味噌お供、梅干茶漬け、大原地卵かけごはん、イカの塩辛お供、へしこ茶漬けの全9杯。よぉこんなアホに付き合ってくれるご主人に感謝(笑)
 (102796)

水菓子。柿のドロドロ熟し具合がいい~あとマンゴーやら姫リンゴやら。
 (102797)

で、また最初の囲炉裏部屋にもどり、ひとつひとつお茶をたててくれるご主人。この日、ドイツ人のお客がいて全然言葉が通じず、他のドイツ語わかる若い方が通訳。助かりましたわ~と安堵するご主人(笑)いつもこの気さくな人柄で場を楽しませてくれます。
 (102799)

こういうところに、吉兆出身のご主人の茶懐石寄りな料理展開を感じます。えらそぶらないんで忘れがちですが経歴的にはエリート(笑)季節の亥の子餅とお抹茶で〆。

これだけの御料理をゆっくり4時間近くかけて堪能。いつも、これぐらい時間かけていろいろ出してくれます。今回の御料理は松茸付だったんで+2000円でこれだけ飲んで一人14000円弱でしたかね。2軒目行かなくても、胃袋もう伸びる余地ナシ!てくらいのボリュームと時間。と思うと、ホントにCPよし。

これからはカニの季節。そして、とくに2月は呑兵衛好きする海の幸が登場し、オススメなんだとか。またがんばって電話かけまくって予約します(笑)

ヨ~イヤサ~♪

京上賀茂秋山 への口コミ

詳細情報

店舗名:京上賀茂秋山
住所:京都府京都市北区上賀茂岡本町58
電話番号:075-711-5136(完全予約制)
営業時間:12:00~14:30 18:00~22:00
定休日:水曜日・月末の木曜日
駐車場:有
禁煙・喫煙:完全禁煙

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都和食めぐり】創業当初から変わらぬ穴場の高コスパ懐石!破格3900円秋の味覚必食「京料理かじ」

【京都和食めぐり】創業当初から変わらぬ穴場の高コスパ懐石!破格3900円秋の味覚必食「京料理かじ」

おおきに~豆はなどす☆京都府庁前にある京料理の名店。創業当初から高コスパの懐石を提供し、そのスタイルは今も変わらず健在。久々に夜うかがいました。
【京都上賀茂】秋の味覚満載!予約至難のミシュラン一つ星!!秋こそ秋山☆「御料理秋山」

【京都上賀茂】秋の味覚満載!予約至難のミシュラン一つ星!!秋こそ秋山☆「御料理秋山」

おおきに~豆はなどす☆べつに秋にちなんで苗字秋山にした!というわけではないでしょう(笑)秋は特に懐石料理の彩り豊かな季節。そこで、以前にもご紹介したミシュラン一つ星の名店へ行ってきました。
【京都上賀茂】わざわざ足を運ぶ価値あり!コスパ最強!!予約至難のミシュラン一つ星☆「御料理秋山」

【京都上賀茂】わざわざ足を運ぶ価値あり!コスパ最強!!予約至難のミシュラン一つ星☆「御料理秋山」

おおきに~豆はなどす☆ここは驚きのコスパよしのお店。そして、名店吉兆出身なのに気さく過ぎるご主人が最高。上賀茂エリア、駅から徒歩15分という辺境立地ながら月イチの電話予約はいつも激戦。
【京都和食めぐり】コスパ抜群で大満足!めくるめく旬の味覚に陶酔!!リピート必至☆日本料理「さかい」

【京都和食めぐり】コスパ抜群で大満足!めくるめく旬の味覚に陶酔!!リピート必至☆日本料理「さかい」

おおきに~豆はなどす☆今回は御所南にある日本料理店。旬の厳選素材と使った料理はどれも逸品中の逸品。しかも、コスパ抜群で大満足の構成。誰もがリピートしたくなるお値打ち懐石。
銀閣寺・哲学の道近くに佇む星付き和食店でランチ「日本料理 藤井」

銀閣寺・哲学の道近くに佇む星付き和食店でランチ「日本料理 藤井」

哲学の道近くの住宅街に佇む星付きの和食店「日本料理 藤井」でランチなり。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな