2016年11月16日 更新

京都師走の風物詩!チケット発売も開始!!今年はレアな先斗町歌舞練場が舞台「吉例顔見世興行」

チケット発売開始されました。毎年恒例京都冬の風物詩・吉例顔見世興行。例年会場の南座は耐震工事中のため、今年の舞台は先斗町歌舞練場。いつもより、コンパクトかつチケット割安に。歌舞伎鑑賞初心者の方にもうってつけ。

京の師走の風物詩

 (62685)

11月下旬、南座の風景。毎年恒例の吉例顔見世興行開催に伴い、一斉にまねきが飾られます。そして、これを見ると、あぁ歳の瀬やなぁ~と感じます。
 (62686)

こちらは去年の様子。開演前はこのにぎわい。
 (62687)

花街総見で、五花街の芸舞妓さんも来られて一層華やかに。

耐震工事にともないしばらくの間休館の南座

 (62688)

こちらは今年3月に撮った画像。
現在南座は耐震工事にともない休館中。じゃあ、今年の顔見世はどうなる?と心配されていました。
 (62691)

総座席数1078席の3階建、南座。この古い佇まいがなんとも風情あって好きだったんですが、きっとリニューアルされてしまうんでしょうね。残念ですが。

異例の開催場所!今年は舞台を先斗町歌舞練場へ移して

http://www.kamogawa-odori.com/ (62693)

以前にも、改修工事で吉例顔見世興行の舞台を南座から祗園甲部歌舞練場に移った1990年以来の会場変更。今回は先斗町歌舞練場。

私自身、他花街の歌舞練場での演舞鑑賞は行ったことありますが、先斗町は初めてなんでちょっと興味津々。席数は南座の約半分の540席。
via http://www.kamogawa-odori.com/
http://www.kabuki-bito.jp/theaters/other/play/501 (62694)

席数が半分なので、通常2部制のところ、今回は演目数を減らして3部制。そして、いつもよりチケット代が割安。正直いつも、あまりにも演目盛りだくさんで最後ぐったり気味なんですが、ちょうどいいかも(笑)演者さんは大変だと思いますが。

なので、歌舞伎初心者の方やお試しに一度、という方にはいいチャンスかもしれません。

ですが、チケットすでに2部目は埋まってます(汗)私も狙ってましたが瞬殺。市川海老蔵の石川五右衛門狙いなんですかね皆。1,3部目にはまだ空きがあるようです。あとはこれから発売予定の後半分か。
via http://www.kabuki-bito.jp/theaters/other/play/501
http://www.kabuki-bito.jp/news/3652 (62690)

まねきについては、出演俳優のまねきは、変わらず南座へ。そして、例年劇場正面に飾られる「當る酉歳 吉例顔見世興行」の興行まねきのみ、今年は先斗町歌舞練場の正面に。それもまた楽しみの一つ。

ちょっと例年とはちがう今年の顔見世興行。そんなレアな歌舞伎鑑賞を楽しめるチャンスですよ。

ヨ~イヤサ~♪
via http://www.kabuki-bito.jp/news/3652

吉例顔見世興行 への口コミ

18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

絶賛開幕中!京都冬の風物詩・先斗町歌舞練場「吉例顔見世興行」に行ってきました!!

絶賛開幕中!京都冬の風物詩・先斗町歌舞練場「吉例顔見世興行」に行ってきました!!

すでに絶賛開幕中。毎年恒例の吉例顔見世興行。今年の舞台は先斗町歌舞練場。それにともない先斗町界隈はいつも以上のにぎわい。さっそく鑑賞してきました!
冬の風物詩いよいよ本番間近!まねきも上がりました!!先斗町も準備万端☆「吉例顔見世興行」

冬の風物詩いよいよ本番間近!まねきも上がりました!!先斗町も準備万端☆「吉例顔見世興行」

毎年恒例京都冬の風物詩・吉例顔見世興行。もう間もなく本番。まねきも上がってます。今年の舞台となる先斗町もいつもとは違う装い。
【京都南座】新開場を徹底解剖!高麗屋三代襲名披露『吉例顔見世興行』に行ってきた☆

【京都南座】新開場を徹底解剖!高麗屋三代襲名披露『吉例顔見世興行』に行ってきた☆

耐震工事のため、長らく休場していた京都南座。11月から始まったの吉例顔見世興行は絶賛公演中。その様子を徹底解剖。
【京都師走の風物詩】毎年恒例東西合同歌舞伎の祭典!今年はレアなまねき風景!!ロームシアター京都☆「吉例顔見世興行」

【京都師走の風物詩】毎年恒例東西合同歌舞伎の祭典!今年はレアなまねき風景!!ロームシアター京都☆「吉例顔見世興行」

毎年恒例京都冬の風物詩・吉例顔見世興行。東西の歌舞伎役者が集結する言わば歌舞伎の祭典。そして、もう間もなく本番。通常南座で催されますが、今年もまだ耐震工事中のため、舞台を京都ロームシアターへ移して。
【京都冬の風物詩】新南座の12月吉例顔見世興行に芸舞妓の総見!師走の祇園界隈をぶらり☆

【京都冬の風物詩】新南座の12月吉例顔見世興行に芸舞妓の総見!師走の祇園界隈をぶらり☆

祇園界隈。新開場の南座も復活し、毎年恒例の吉例顔見世興行も絶賛公演中。恒例の芸舞妓による総見もあり、師走の京都らしい風景も。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな