2017年11月27日 更新

【新店】1月21日オープン!すでに行列の注目店!!3種類のスープが楽しめる「ラーメンムギュ」【JR円町駅スグ】

1月21日オープンほやほやのラーメン店。JR円町駅スグの立地で、近くには行列をつくるラーメン名店「山崎麺二郎」もあり、じわじわ盛り上がりを見せるエリア。

西大路通り沿いにオープンした注目のラーメン店

 (70416)

知り合いのラヲタさんやら、SNSでちょこちょこと紹介されてて。1月21日にオープンしたラーメン店。たまたま、この辺で昼食を済ませることになり行ってみることに。

JR円町駅スグ近く。西大路通り沿い。日曜日の13時前。すでに満席で少し待つことに。
 (70419)

向かいには、この辺りのラーメンの名店「山崎麺二郎」。いつもこんなかんじなんですかね、スゴイ行列。そういえば、最近またテレビで紹介されてたこともあるのか。
 (70418)

こちらも、そうこうしてるうちに列をつくり始めてあっという間にこんなかんじ。店を出る頃にはもっと並んでましたが。
 (70417)

お!本格的な吊るし系チャーシュー釜があります。で、すでにいい色のチャーシューがぶら下がってます。期待が膨らみます。
 (70422)

店内はカウンター7席と奥に8人がけテーブル。壁に波板をポイントに使い、シンプルなウッディー系の店内。
 (70424)

天井にはハシゴが飾られたり。照明の雰囲気もそうですが、ちょっと作業場というか工房的雰囲気。
 (70423)

卓上にはメニュー表なく
 (70420)

ちょうど見上げたところに黒板ですかね?手書きのメニューが。

で、3人で入店したんでここにある3種類のラーメンを注文。

ラーメンは3種類

 (70426)

まずは「ONIBARAしろ」。澄んだ鶏スープに薄口醤油。名古屋コーチン使用だそうです。チャーシュー、タマネギのみじん切りがトッピング。シンプルです。タマネギの味がけっこう主張してましたね。チャーシューが美味い。香ばしい外側と適度に脂が落ち、旨味が凝集された中側。スープは最初あっさりに感じつつ、食べるにつれてしっかりと印象に残る。
 (70428)

麺は縮れ麺。「麺屋 棣鄂」のものらしいです。シコシコ。
 (70433)

続いて、「ONIBARAくろ」大盛り。同じく澄んだスープで再仕込醤油味。チャーシューはさっきの「しろ」と同様のものと、ジューシーな柔らかいやつの2種類。そして、素揚げした舞茸、九条ねぎ。
 (70434)

麺はストレートのかなり細い麺。食べやすくスルスルとイケます。
 (70429)

「濃厚鶏SOBA」の味玉、九条ねぎ増し追加。チャーシューは低温加熱なジューシーなやつ。柔らかくとろける美味さ。エリンギ、舞茸のフライ、糸唐辛子、かいわれ大根、味玉。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【開店】先斗町に「麺処むらじ」オープン!ココロとカラダに優しいラーメンを

【開店】先斗町に「麺処むらじ」オープン!ココロとカラダに優しいラーメンを

どもこんにちは〜西のお店行きまくりのデブ子デラックスです★今回は、12/15先斗町にオープンした「麺処むらじ 先斗町店」を紹介します。先日オープンした「麺処むらじ 室町店」に続く3店舗目で、こちらも利便性抜群!スタンディングで、おいしいラーメンがさくっといただけますよ
【新店】京都三条高倉に1月9日オープン!北白川の人気店がオフィス街に☆台湾料理バル「媽媽菜館・六花」

【新店】京都三条高倉に1月9日オープン!北白川の人気店がオフィス街に☆台湾料理バル「媽媽菜館・六花」

北白川、京都造形芸大向かいの人気店が利便性いいオフィス街・三条高倉に今週オープンした台湾料理店。カジュアルな雰囲気とリーズナブルなランチで話題を呼びそう。
円町の人気ラーメン店が待望の2号店をオープン!「 麦ゅ《ムギュ》 Vol 2 」

円町の人気ラーメン店が待望の2号店をオープン!「 麦ゅ《ムギュ》 Vol 2 」

円町で瞬く間に人気店となった「 ラーメン 麦ゅ《ムギュ》 」が河原町丸太町に待望の2号店をオープン!コンセプトは、ちょい呑み&ラーメンです!
話題の担担麺専門店「胡(えびす)」の2号店が円町にオープン!

話題の担担麺専門店「胡(えびす)」の2号店が円町にオープン!

山科で評判の担担麵専門店の「胡(えびす)」が、JR円町駅の交差点にオープンしました!カフェのような明るい雰囲気で女性にもオススメです。
【新店】京都哲学の道に超淡麗ラーメン店オープン!滋味深い味わい☆京やさい和らーめん「いたや」

【新店】京都哲学の道に超淡麗ラーメン店オープン!滋味深い味わい☆京やさい和らーめん「いたや」

おおきに~豆はなどす☆今回は2月に哲学の道沿いにオープンした新しいラーメン店。色とりどりの旬野菜をトッピングにし、和テイストの滋味深い味わいが楽しめる一杯。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな