2020年2月6日 更新

大阪の塩ラーメン行列店「らーめん鱗(うろこ)」が京都初上陸!

大阪で5店舗展開する塩ラーメンの行列店「らーめん鱗(うろこ)」が、2019年の暮れ、三条富小路にオープン!早速行ってきました。

大阪の行列店が京都初上陸!

 (174732)

大阪で評判の塩ラーメンの人気店「らーめん鱗’(うろこ)」
茨木、西中島など5店舗を展開していますが、6店舗目はここ京都。
三条富小路にオープンしましたので、さっそく伺ってきました。

三条珍遊の跡地、紫の暖簾が目印です。
 (174734)

入ってすぐの場所に券売機があるので、食券をさきに購入してください。

ラーメンは3種類、塩と溜まり醤油(800円)と辛和えめん。それぞれトッピングによって値段が異なります。
サイドメニューは、焼きめし、とり天、焼き餃子。ラーメン店でとり天は少し珍しいですね。
 (174735)

店舗奥には立派なテーブル席があり、その奥には内庭も。和の佇まいで、とてもラーメン店とは思えない上品さ。
 (174748)

こちらはキッチン前のカウンター席。
壁際にもカウンター席が用意されています。

推しは唯一無二の塩らーめん

 (174733)

ここはやっぱりお店の推しである"塩らーめん"(800円)に。
チャーシュー、白ねぎ、かいわれ大根といった定番の具材に、オリジナルの鶏節がオン。
風味豊かな香りが広がり、食欲をそそられます。

もちろん味玉付き玉子やチャーシュー増し、大盛りもできます。
 (174736)

透明感のある金色のスープが鱗の塩らーめんの特徴。
あっさりとしながらも、出汁のコクを感じる繊細でバランスのとれたスープ。
 (174737)

チャーシューはレアで。3枚のっていて、食べ応えもあり。
しっとりした仕上がりで噛むほどに、旨味が口の中に広がります。
チャーシュー増しもオススメです。
 (174738)

麺は中太の平打ち麺。
もちもちと弾力のある麺に、コクのある滋味深いスープがベストマッチ。
ツルツルと箸がすすみます。
 (174739)

かつお節かと思いきや、鱗オリジナルの鶏の旨味を凝縮させた鶏節。
鶏節をスープに一体化させることで、よりスープの奥行きが深まります。
他店にはない新しい変化が楽しめます。
 (174740)

こちらは卓上調味料。塩らーめんには柚子胡椒、醤油には酢がオススメ。
塩らーめんに柚子胡椒を少し足してみましたが、これがまたすごくいいアクセントに。
バランスのいいスープが、柚子胡椒を足すことでパンチのあるスープ。この味の変化もお見事。

2020年、京都のラーメン界で話題になることなし!女性にもオススメのラーメン店です。

クチコミでの評判

基本情報

店名:らーめん 鱗 (うろこ)京都三条店
住所:京都市中京区富小路通三条下ル527-4
電話番号:075-231-8631
営業時間:【平日】ランチ 11:30~14:30/ディナー 17:00~22:00
     【土曜、日曜、祝・休日】11:30~22:00
関連ページ:https://www.ramen-uroko.com/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン