2018年12月19日 更新

予約取れなくなる前にどうぞ!四条烏丸で評判「炭焼割烹 芹生」

四条烏丸近くで評判の「炭焼割烹 芹生」。夜営業がメインではありますが、予約制でランチを頂きことができます。旬の素材をふんだんに使ったコースをいただいてきました。

四条烏丸で評判の炭焼割烹

 (140992)

四条烏丸からほど近い場所にたたずむ隠れ家。錦小路室町の「炭焼 芹生」
気を付けないと通りすぎてしまうくらいひっそりとしています。(実際に通り過ぎてしまいました笑)目印は白いのれん。
 (140993)

のれんをくぐるとその奥には、
なんともかわいらしい洋風の扉が...
 (140994)

その奥には、シックで上品な店内。
L字になっているカウンター10席のみの空間。
オープンは2017年、烏丸界隈のグルメな方々からも評判で、段々予約が取り辛くなってきているとか。
ランチは完全予約制、今回は5000円のコースを頂いてきました。
 (140996)

さてさて、ランチのコーススタート。
旬の素材を炭焼きでいただきます。
 (140997)

まずは、わさびが添えられたかぶら蒸し。
ゆりねと旬のさわらが中に入っています。

ほっこりと温まります。よきスターター。
 (140998)

続いて、雲子ポン酢。
ねっとりとクリーミーで甘い雲子、ポン酢の酸味ともマッチ。
日本酒が欲しくなりますね。
 (141001)

琵琶湖の本もろこも炭焼きで。
パリッと香ばしく焼かれたもろこは塩か生姜で。
計4匹だしてもらいました。
 (141002)

焼き野菜も絶品。炭火で火をいれることで、野菜本来の美味しさが見事に引き出されています。
この日は、しいたけ、レンコン、くりかぼちゃ。

 (141004)

こちらも旬の焼き銀杏。
旬のものを最高の火入れでいただきます。
 (141005)

メインと呼んでもいい、伝助穴子。
ほどよい脂感はありつつも、ふっくらと香ばしく、口の中でとろけます。

卓上には山椒などの薬味もありますので、お好みでどうぞ。
 (141006)

メインその2は、和牛の炭焼き。

わさびが添えられているのが憎い(笑)
 (141007)

見ての通り、お肉の火入れは完璧!
身は柔らかく、お肉の旨味と甘味が口の中でジュワーと広がります。

和風の薬味とも完璧なマッチング。お酒が欲しくなります。
 (141008)

里芋の磯辺揚げ風。

里芋がほっこりとねっとりと。
あぶられた海苔の風味もバツグン。
 (141009)

松茸と地鶏のにゅうめん。
地鶏のあまい脂と松茸の風味がお出汁に溶けこみ完璧な〆。
どんぶりでほしいくらい(笑)
 (141010)

食後には、ゆずシャーベットと緑茶でサッパリと。
 (140995)

ランチは完全予約制で5000円、
ディナーは8000円となっています。

割烹で修業されていたご主人だからこそのおもてなしとお料理。
ますます評判になりそうな気がします。予約取れなくなる前に、一度伺ってみてください。

口コミでの評判

基本情報

店名:炭焼 芹生 (炭焼 SERIU)
住所:京都市中京区占出山町299 ヒラタビル 1F
電話番号:075-744-0488
営業時間:
[ランチ]11:30〜13:00(L.O)
[ディナー]17:00〜22:00(L.O)
※ランチは予約制にて営業
定休日:不定休
関連ページ:
https://www.facebook.com/pages/%E7%82%AD%E7%84%BC-%E8%8A%B9%E7%94%9F-SERIU/226516664488148

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

つきはし つきはし