2021年12月23日 更新

【京都ランチ】京都イタリアンの重鎮的老舗☆四条烏丸エリアの人気店「ディボディバ」

おおきに~豆はなどす☆今回は中京区四条烏丸エリアにある老舗イタリアン。以前からの人気ぶり変わらず、店内はクリスマス仕様。ランチをいただきました。

京都イタリアンの礎を築いた名店

 (216509)

中京区、四条烏丸にもほど近いエリア。蛸薬師通高倉角。ここに割と目立つワインレッド色の建物のレストランがあります。
 (216510)

古くから京都に住む方でイタリアン好きな方ならよく知る人も多い老舗『ディボディバ(DIVO-DIVA)』があります。有名人のファンも多いお店。

元々は大丸百貨店裏東の錦小路通沿いに1986年オープンし、私も当時来店しましたが人気店でした。折しもバブル期、日本で一大イタリアンブームが巻き起こった時代。個人的に東京へイタリアン食べ歩き遠征に行ってた時代(笑)京都にもそれが波及し、いくつかのイタリアンレストランが誕生。その一つがこちらでした。当時のうっすらとした記憶で、サーヴィスにイタリア人の方がいてちょっとドキドキだったような(笑)

そのお店が今の場所に移転オープンされたのが2001年で今年で20年になります。ざっと数えると創業34年ほどですかね。
 (216511)

ちょうどクリスマスシーズンということで、お店の外装にはサンタやクリスマスリースなどが飾られていたり、楽しげな雰囲気です。

今回は友人とランチをしようとあらかじめ電話で予約しました。
 (216512)

店内は落ち着いた雰囲気で1階2階とあり、今回は1階へ。やはりクリスマス仕様になっていて、クリスマスカラーである赤と緑のクロスが張られたテーブルにツリーも飾られていたり。

この時はお客少なめでしたが、この後平日ながら続々と客が来店し、ほぼ満席に。
 (216513)

テーブルセッティングはこんな具合。
 (216532)

メニューはあらかじめ電話で4000円のランチコースをお願いしていましたが、他1800円のランチも。

コースは、軽食、前菜の盛合せ、パスタ1/2、メイン、デザート、バゲット、エスプレッソまたは紅茶という流れ。
 (216531)

パスタとメインとなる魚料理、肉料理はこちらから1つずつチョイス。

今回、パスタには本日のおすすめ手打ちパスタ、メインには本日の煮込み料理をお願いしました。
 (216514)

まずは京都産椎茸のパテの乗ったバゲット。椎茸の旨味と風味が存分に味わえるパテ。よくマッシュルームのパテはあったりしますが、それにも勝る旨味で椎茸の美味しさを存分に味わえる一皿。
 (216515)

さらに前菜盛り合わせ。
手前から右回りで、各種蕪の酢漬け、季節のサラダ、生ハムとサラミ、イカやタコなど鮮魚のマリネ、そして中央に鯛のカルパッチョ。
 (216534)

マリネはわりと細かくカットされていますが、イカやタコと香味野菜が相まったさっぱりとした美味しさ。
 (216516)

サラダも京野菜を中心に地元で採れたものを使用されてるそうです。水菜一つとっても、通常の緑のものと紫のもの、そして今の時期はかぶ類が豊富ですね。赤と白。

以前来店した時も同じ印象でしたが、わりと素材の味を生かして味付けシンプルに。あっさりとしたイタリアンだったことを思い出しました。
 (216517)

続いてパスタ。手打ちパスタ、タリアテッレと聞いていましたが、わりと細麺の手打ちパスタ。クリームソースにはマッシュルームと生ハムが具材に。
 (216535)

こちらもクリームの味に偏らず、マッシュルームや生ハムの味わいが立つような仕上がりに。1/2ポーションのパスタでしたが、ガッツリ通常ボーションでも全然オッケーでした(笑)
 (216518)

こちらは友人がチョイスしたシラスと季節野菜のスパゲティ・アンチョビ風味。シンプルな味わいを気に入ったようで喜んで食べていました(笑)
 (216519)

本日の煮込み肉料理、こちらは子羊の煮込みとのこと。
 (216536)

子羊らしいクセを残しつつも、ワインの風味の効いた煮込みでバゲットがよく合いました。もっと食べたいくらいな(笑)
 (216522)

友人チョイスの大山鶏もも肉の香草焼き、九条ネギとマスタードのソース。鶏肉の味を重視したあっさりとしたソース。香草の風味も程よく、こちも素材の味重視なナチュラルテイスト。
 (216520)

最後のドルチェは4種盛り。
 (216521)

 (216537)

お皿にはちょっと遊び心もあるクリスマスらしいデコレーションが(笑)
 (216524)

わりとこの硬めなマスカルポーネのチーズケーキが濃厚で印象的。他ソルベでさっぱりし完食。
 (216538)

最後エスプレッソをいただいていると、全てのテーブルにオーナーシェフがご挨拶に来られ、この時期だけのプレゼントらしく、ご主人手書きの挿絵入りカレンダーをいただきました。とてもほのぼのとした風合いの挿絵たちで、なんとなくお料理にもそれに通ずる印象を持ったというか。

パンチの効いたイタリアンというより、身体に優しい滋味深いイタリアンと言えるかもしれませんね。京都イタリアンの老舗の味。お試しあれ!

ヨ~イヤサ~♪

詳細情報

名称:ディボディバ(DIVO-DIVA)
場所:京都市中京区 蛸薬師通高倉東入雁金町361
電話:075-256-1326
営業時間:11:30~14:00、18:00~21:30
定休日:水曜日
公式サイト:https://www.divo-diva.jp/
26 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪ 豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪

オススメの記事