2020年1月22日 更新

山科エリアの手打ちそばの人気店「藤むら」

山科区の手打ちそばの人気店「藤むら」でにしんそばのランチなり。

山科、手打ちそばの人気店

 (174513)

やってきたは山科区東野。普段はほとんど近寄らない地域で、細い勧修寺今熊野線を北へ北へ。お店の名前は「手打ちそば 藤むら」なり。椥辻駅から775mらしいのですが、ま、車か自転車移動が無難な地域。お店前には駐車場が4台分完備。
 (174514)

オープン時間の11:00チョイ過ぎ。本日一組目が我々で、カウンター席の端っこをいつものように確保。痩身の大将とお若い女性2人体制。思わぬ場所に電動石臼が見えるのですが、間違いなく自家製粉・自家製麺な蕎麦屋さんなのだ。
 (174515)

ランチメニューがこちら。鴨汁など通常なら速攻で飛びつくメニューがあるのですが、今日は事前のリサーチで、これを食べたい!と思ったのでやってきたのだ。私はにしんセットを温かい蕎麦のレギュラー盛りに変更し¥1700、相方はかき揚げ天ざる¥1450をチョイス。わくわくとお料理を待つ。
 (174516)

カウンター前には日本酒も色々と完備なのですが、クリスマスの無い我が家では、今日夜に和食でしっかり呑む予定なので、我慢我慢!なのだ。 蕎麦前も色々揃っています。
 (174517)

こういうご店主の思い入れメモを発見し、注文してから蕎麦は二種類、粗びきと引きぐるみがあることに気が付く我々汗汗。とはいえ、合ったのを適宜出してくれる仕組み。
 (174518)

で、じゃじゃーんと登場、にしんセット。大きなにしんは御覧のようにピカピカと輝く仕上がり。それと炊き立てご飯、お漬物は柚子大根、生姜甘酢漬けと玉子焼き、と言う布陣。非常に丁寧な仕事なのは、御覧の通り。味もその通りでした。
 (174519)

で、これを食べに来た!にしんの炊いたん。非常にソフトな仕上がりで、箸でそっと摘ままないとばらばらに分解してしまいそうな柔らかさ。が、味付けは結構しっかり。にしんだけで頂くと、もう蕩けんばかり!なのですが、まずは白ご飯に着陸させて一口。いやー、これは超ウマですなあ。歯が不要なほど。白ご飯と合いすぎなので、にしんは半分ほどご飯と一緒に食べてしまいました汗汗
 (174520)

温かい蕎麦は、田舎蕎麦をチョイス頂いておりました。ボリューム十二分、ダシは関西系の薄味でこれまた美味しい。こちらに、にしんの残り半分を入れ、にしんそばとしてほっこり頂くのもGOOD! (が、私はこのにしんには、白ご飯のほうが合っている気が。。。汗) あまった皿の上のダシも蕎麦つゆに投入し、甘口になったダシも旨し~、ですな。 かなり好みに左右される構成だと思うのですが、私はアリ!だと思ったのだ。
 (174521)

相方チョイスは、冷たい蕎麦で引きぐるみ。かき揚げはたっぷりの三つ葉、それに小柱という関東系の構成。
 (174522)

田舎蕎麦とはまったくキャラが違うのでびっくり!なのですが、こちらは腰が非常~に強く、しこしことした剛麺で、蕎麦ツユもそれに負けないしっかりした関東系の味わい。いやはや、これも美味しいですな。相方とこれはイケるねえ!と大満足なり。
 (174523)

蕎麦湯は蕎麦粉をいれた重湯的なしっかりしたトロトロ系。温かい蕎麦を注文した私にも、蕎麦猪口にちょっと蕎麦つゆをいれたものを持ってきてくれるという愛あるお店なのだ。いやはや、お腹パンパン!なりでした。
あまり他のお店では見かけない蕎麦寿司やミニ丼(親子丼ににしん丼!があります)などのメニュー、蕎麦掻や、蕎麦味噌、かき揚げなどの昼酒のアテも完備。次回は日本酒目当てでお邪魔したいと思います~!ご馳走様でした。

基本情報

手打ちそば 藤むら
住所:京都市山科区東野舞台町38-4
営業時間:075-205-4661 不定休
TEL:075-205-4661

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。