2017年5月16日 更新

【京都三大祭】平安絵巻さながらの光景「葵祭」風雅な行列に酔いしれる【京都の祭事】

先日もお伝えした京都三大祭のひとつである「葵祭」が5月15日開催されました。2017年は絶好の観覧日和でいいお天気!汗ばむほどの陽気の中、500名を超す行列が都大路を練り歩きました。

京都御所〜下鴨神社〜上賀茂神社を練り歩く行列

 (80509)

前日までの雨がウソのように晴れ渡ったお祭り当日。沿道の約16,000人の観客が見守る中、京都御所より行列がスタート。
京都御所と下鴨神社には有料観覧席が設けられ、じっくり楽しみたい見物客が押し寄せました。
 (80510)

約1,400年前に五穀豊穣を願って始まったとされる葵祭。京都のお祭りの中でも、非常に歴史が長い事でも知られています。
葵祭は正式には「賀茂祭」といい、フタバアオイの葉を飾ったり牛車(ぎっしゃ)などに挿すことから葵祭と呼ばれるようになったそうですが、約500人の行列は平安装束に身を包まれていてとても優美で、実に京都らしい雅なお祭り。

午前10時半に京都御所を出発した行列は、約8kmの道のりを下鴨神社から上賀茂神社へ向かいますが、まずは勅使代を中心とした勇壮な本列が登場。
 (80512)

続いて季節らしい藤の花があしらわれた牛車が登場。豪華で鮮やかな造りに目を奪われます。
牛に曳かれ、ギシギシと車輪の音を軋ませながら前へ進んでいきます。
 (80514)

造花をあしらった「風流傘(ふりゅうがさ)」。大傘の上に季節の花が飾り付けられていて、こちらも華やかで目を引きます。4名の人達で曳いておられました。

斎王代登場でクライマックスを迎えます

 (80515)

前半の本列は男性の列で艶やかな中にも勇壮さがありましたが、後半の女人列「斎王代列」になると更に優雅に。
 (80517)

まずは「命婦(みょうぶ)」と呼ばれる高級女官たちが通ります。女官にはそれぞれ違う種類の花傘がさしかけられています。
 (80518)

そして葵祭のハイライト、斎王代の登場!斎王代の前後にはこのようなかわいらしい子どもたちが。
自然と拍手がおこっていてほのぼのムード。
 (80519)

十二単に身を包んだ「第62代斎王代」が通過する時にはひときわ大きな拍手が。
供奉者にかつがれた腰輿(およよ)という輿に乗り、大切に大切に歩みを進めていきます。
 (80520)

葵祭の主役とも言える斎王代。ひときわ美しいという事もあってか、斎王代通過の時にはその姿をカメラに収めようと、一斉にレンズが向けられこのような状態(笑)。関心の高さを物語っていますね。
 (80521)

そして斎王付きの清浄な巫女(みかんこ)である「騎女(むなのりおんな)」
騎馬で参向するのでその名があるそうで、6騎編成でした。
艶やかな着物で騎乗する姿は珍しい感じがありますね。
 (80523)

そして終盤、斎王代列の牛車の登場で終わりを迎えます。はじめの藤の牛車と違い、こちらはしだれのような桜があしらわれていてまた違う雰囲気。

先頭から最終まで約1時間、優雅な平安絵巻を楽しむ事ができ、改めて京都の良さ歴史の深さを感じる事ができました。

ざっくりご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。
葵祭は毎年5月15日開催。今年楽しめた方もそうでない方も、来年じっくり見物してみては?

葵祭 on Instagram

15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都三大祭】絶対押さえるべき!今年は平日開催!!古式ゆかしい趣き再現☆「葵祭2017」

【京都三大祭】絶対押さえるべき!今年は平日開催!!古式ゆかしい趣き再現☆「葵祭2017」

初夏の風物詩。京都三大祭の一つ、葵祭。今年は月曜開催。すでにいくつかの前儀は無事終えており、いよいよ15日が迫ってきました。
【京都三大祭】日本の歴史の縮図がいま京の街に蘇る!10月22日「時代祭」

【京都三大祭】日本の歴史の縮図がいま京の街に蘇る!10月22日「時代祭」

葵祭、祇園祭とともに京都三大祭りの1つして知られる、秋の京都一大風物詩。
熱く緩く楽し過ぎる!トンガり具合が半端ない「左京ワンダーマーケット」今年も開催!【11/12(日)】下鴨神社糺ノ森

熱く緩く楽し過ぎる!トンガり具合が半端ない「左京ワンダーマーケット」今年も開催!【11/12(日)】下鴨神社糺ノ森

※11月12日に順延となりました。ナチュラル系のテーマなら、今一番感度の高いイベントがこれ☆下鴨神社糺ノ森で開催される「左京ワンダーマーケット」が今年も開催されます☆とにかく楽しい前回の様子を交えて紹介します☆
【京都木屋町】数々の名作を紹介してきた立誠シネマプロジェクト!日本映画原点の地でラストイベント☆「ありがとう、立誠小学校」

【京都木屋町】数々の名作を紹介してきた立誠シネマプロジェクト!日本映画原点の地でラストイベント☆「ありがとう、立誠小学校」

2020年夏までにホテルや地域拠点などの複合施設になる予定で工事が決まっている元・立誠小学校。日本映画原点の地でもあり、そんな場所で日本映画の名作を日々配信してきた立誠シネマプロジェクト。そのラストイベントが今週末予定。
【京都下鴨神社】世界遺産・糺ノ森に古書ファンが大勢集う!「下鴨納涼古本まつり」行ってきました☆

【京都下鴨神社】世界遺産・糺ノ森に古書ファンが大勢集う!「下鴨納涼古本まつり」行ってきました☆

今日から始まった下鴨神社・糺の森の古本祭り。初日から大勢の古書ファンで賑わって盛況でした。その様子をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

デブ子デラックス デブ子デラックス