2018年1月15日 更新

紅葉だけじゃない!冬の静寂さの中で心洗われる時間を☆瑞巌山「圓光寺」

 一乗寺にある「圓光寺」は紅葉スポットとして有名なお寺ですが、真冬の圓光寺も素晴らしかったのでご紹介したいと思います!

 場所は左京区一乗寺。臨済宗南禅寺派の寺院です。元は徳川家康が伏見に建立し学校としました。その後、相国寺山内に移り、現在の地に移転しました。
 (110744)

 (110745)

平成の枯山水「奔龍庭」

 (110746)

 (110748)

 山門を入ると、枯山水「奔龍庭」がどん!と広がっていて、ワォ!かっこいい!の一言!
渦を巻き、様々な流れを見せる白砂を雲海に見立て、天空を自在に奔る龍を石組であらわしています。冬の静けさがさらに迫力を増して見えます!

白の世界を堪能できる、冬の「十牛之庭」

 (110750)

 (110751)

 (110752)

 中門を抜けると「十牛之庭(じゅうぎゅうのにわ)」があります。牛を追う牧童の様子が描かれた「十牛図」を題材にして造られた池泉回遊式庭園です。紅葉だけでなく苔も素晴らしい庭を、冬の静けさの中にじっくりと身を置いて味わうのもおすすめです。時間を忘れていつまでも居られるお庭でした。
 (110753)

 (110754)

 ちなみに十牛とは禅の悟りにいたる道筋を表したもの。ここはかつて禅僧たちの修行の場であり、一般公開されていなかった寺院です。毎日曜早朝に坐禅会も開かれているので、「無」になりきりたい方は体験してみてはいかがでしょうか?
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

12年間、最も比叡山の眺望に優れた地を求めて…辿り着いた最高の場所「圓通寺」

12年間、最も比叡山の眺望に優れた地を求めて…辿り着いた最高の場所「圓通寺」

圓通寺は、もともと後水尾天皇の山荘でした。かつて、後水尾天皇は比叡山が最も美しく見える地を求めて各所を巡ったといいます。そしてやっと辿り着いた場所がここ、岩倉だったのです。枯山水の庭園も、この頃に造られたもの。比叡山を借景とした庭園の美は、さすがの一言です。
グラデーションがきれい!名庭もあり「曼殊院門跡(まんしゅいんもんぜき)」

グラデーションがきれい!名庭もあり「曼殊院門跡(まんしゅいんもんぜき)」

左京区、一乗寺と修学院の中間あたり「曼殊院門跡(まんしゅいんもんぜき)」なり。
石川五右衛門の「絶景かな、絶景かな」でおなじみ!『南禅寺』

石川五右衛門の「絶景かな、絶景かな」でおなじみ!『南禅寺』

臨済宗南禅寺派の本山である南禅寺。狩野探幽筆の襖絵「水呑の虎」や「虎の子渡し」と呼ばれる枯山水庭園など、見どころの多いお寺です。また、境内に宿泊施設もあり、桜や紅葉の時期に移動時間ゼロで南禅寺の桜や紅葉を楽しむことができます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

omikan omikan