2018年9月17日 更新

【京都神社めぐり】三連休中はイベントあり京まふコラボあり!境内には台風被害もあり「北野天満宮」

学問の神、菅原道真公をお祭りする神社。受験シーズンには多くの受験生が参拝する場所。境内では、台風被害の爪痕も残りつつ、この3連休中はいろいろなイベントも開催中。

毎年恒例の梅酒まつりも絶賛開催中

 (133643)

天神信仰の発祥の地であり、学問の神・菅原道真公をご祭神とする全国約1万2000社の天満宮、天神社の総本社・北野天満宮。

10月にはずいき祭を控え、すでに鳥居にはのぼりもあがっていました。
 (133644)

参道には先日京都でも猛威を振るった台風21号の爪痕が今も生々しく残っていました。
 (133645)

こんな重い石造が破壊されてしまうって、どんな強風だったのかと思うと驚愕。
 (133646)

こちらでも。
 (133647)

楼門。
 (133648)

毎年恒例イベントとなっている梅酒まつりがちょうどこの時期開催中。
 (133649)

この時はまだ開催時間より早かったので準備中でしたが。開催期間17日まで。レアな梅酒も出品してます。
 (133650)

楼門と拝殿の間に建つ中門「三光門」。壮麗な造りと上部に掲げられた後西天皇御宸筆の『天満宮』の勅額によって、天神さんのシンボル的中門として知られています。

シートのかかったところは台風前からこの状態。
 (133651)

本殿参拝も忘れずに(笑)
 (133652)

境内東側にある宝物殿では、重要文化財「鬼切丸 別名髭切」の宝刀展特別公開中。それに伴い、特設の授与所ではこの時期限定品も販売。

こちらは京都国際マンガ・アニメフェア「京まふ」とのコラボ、お札付の大福梅。
 (133653)

さらに公開期間限定の鬼切丸の焼印が押された木製表紙の御朱印帳。
 (133654)

他、文鎮や根付など渋いグッズも。
 (133655)

京まふとのコラボ多いですね。フォトキャンペーンも。
 (133656)

で、一つ買ってみました。1000円。
 (133657)

本来の大福梅は年末に授与され、新しい一年の厄除けを願い元旦にいただくカラカラに乾燥させた梅干ですが。
 (133658)

今回の大福梅はふっくらとした梅干。もちろん、こちらも本来の乾燥大福梅と同様、食べることで厄除けとなる縁起物。いつもとは違う大福梅もちょっとレアで面白いですね。

北野天満宮 へのツイート

基本情報

住所:京都府京都市上京区馬喰町
電話番号:075-461-0005
公式HP:http://www.kitanotenmangu.or.jp/index.php

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都北野天満宮】梅の名所で「厳選梅酒まつりin京都2017」開催!行ってきました☆【開催期間9月16~18日】

【京都北野天満宮】梅の名所で「厳選梅酒まつりin京都2017」開催!行ってきました☆【開催期間9月16~18日】

学問の神様・菅原道真を祀り、全国にある天満宮の宗祀でもある北野天満宮。梅の名所としても知られています。そんな天神さんで、全国選りすぐりの梅酒が集結する梅酒まつりが開催され、行ってきました。
【京都神社めぐり】一年の厄除けを願う大福梅の授与開始!新年の絵馬も☆学業の神様「北野天満宮」

【京都神社めぐり】一年の厄除けを願う大福梅の授与開始!新年の絵馬も☆学業の神様「北野天満宮」

毎年恒例12月13日、一年の厄除けを願う大福梅の授与も始まった北野天満宮。そして、新年に向けての絵馬も飾られてました。
【京都北野天満宮】夏の風物詩!境内の大福梅の土用干し!!七夕飾りもカラフルに☆

【京都北野天満宮】夏の風物詩!境内の大福梅の土用干し!!七夕飾りもカラフルに☆

真夏の北野天満宮。境内はちょうど真夏の装い。境内は色とりどりの短冊。そして、年末に授与される、大福梅の土用干しが始まってます。
【京都師走の風物詩】一年の厄除けを願う大福梅の授与開始!新年の絵馬も上がってます!!学業の神様「北野天満宮」

【京都師走の風物詩】一年の厄除けを願う大福梅の授与開始!新年の絵馬も上がってます!!学業の神様「北野天満宮」

毎年恒例12月13日、一年の厄除けを願う大福梅の授与も始まった北野天満宮。そして、新年に向けての絵馬も飾られてました。
【京都神社めぐり】北野天満宮の秋の大祭『ずいき祭』準備中!期間中御神輿を祀る☆「北野神社御旅所」

【京都神社めぐり】北野天満宮の秋の大祭『ずいき祭』準備中!期間中御神輿を祀る☆「北野神社御旅所」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は間もなく執り行われる学問の神・北野天満宮『ずいき祭』の神輿の安置場所。周辺ではお祭りに向け、準備中。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers