2019年3月3日 更新

【新店】4月オープン!創業350年余の老舗『鳩居堂』の新業態カフェ!お香体験を気軽に☆「聞香処(MONKOUDOKORO)」

おおきに~豆はなどす☆京都・寺町通りにある創業350年余の歴史を持つ『鳩居堂』。お香、書画用品、はがきなどを扱う専門店。そんな老舗が新業態となるカフェを4月にオープン。お茶とお香を楽しめるスペース。

寺町通りにオープンした老舗『鳩居堂』の新業態カフェ

 (125885)

寺町通り。
御池通りより南側にお香、書画用品、はがきなどを扱う専門店『鳩居堂』があります。創業350年余の歴史を持つ老舗。

そんな場所からさらに寺町通りを上がる。ちょうど市役所の西向かい。古い京町家の店構え。
 (125886)

以前ここ何屋さんだったかな、と、今となっては思い出せないのですが(汗)
なんだか昔からここに鳩居堂があったようなたたずまいでもあります。京町家リノベーションで4月オープンした鳩居堂新業態カフェ。
 (125887)

季節ですね。虫よけ匂袋がショウウィンドーに。昨年この話題を紹介して、かなりの反響がありました。
 (125888)

お茶と御菓子もありますが、このお店の一番の特徴は聞き香が手軽にできるというもの。私も一時、香道習おうかと思ったことがありますが、なんとも敷居が高い印象があって。

 (125889)

店内はズドーンと入り口から奥の庭まで仕切りのない開放的空間。
手前側に鳩居堂選りすぐりの葉書や便せん、カバンなど販売。もちろんお香もあります。

 (125890)

そして、奥がカフェスペース。京町家の雰囲気そのまま活かしつつ、シックで和モダンな設え。
 (125891)

床の間もあり。あ、座敷部屋ではなく靴はいてますよ(笑)鳩居堂らしく、鳩のつがいの日本画。そして、香炉。
 (125892)

さらに、壁際の作り付の椅子は落ち着いた畳仕様。こちらで腰かけて、お茶と御菓子をいただくことに。
 (125893)

奥の庭には太陽光が差し込み、竹の葉がかもす陰影がまたなんとも見飽きない景色というか。時折キラキラしていて。
 (125894)

そんな庭にトイレがあるんですが、ドアの持ち手部分に虫よけ匂袋がぶら下がっていました(笑)
 (125895)

そして、今回注文した、御菓子と煎茶600円。御菓子は有名フレンチ『MOTOI』の紅茶と大徳寺納豆を使ったマカロン。お茶は一保堂。
 (125896)

お茶と御菓子はもう一種類、玉露とショコラテリーヌ800円もあります。

そして、肝心の聞香は御菓子と煎茶付で香木を伽羅か沈香。電気式の香炉を使い、このカフェスペースで香りを楽しめるそうです。次回は必ず聞香やってみたいと思います。
 (125899)

若干、このお急須一保堂のかと思ってしまいましたが、ちゃんと丸鳩マークが入ってます(笑)
 (125897)

そういえば、前にお店でもいただいたことあるな、と思い出した大徳寺納豆マカロン。
 (125898)

ちょっとピンぼけですが(汗)
生地部分にほんのり紅茶風味、中のクリーム最初キャラメルっぽい味の最後に大徳寺納豆のほのかな塩味と味噌の旨味。京都らしいマカロンですね。

ほんまもんの老舗のお香をカフェで楽しめる。ちょっとスゴイことですよこれは。間違いなく、新名所になる予感。

ヨ~イヤサ~♪

聞香処 への口コミ

詳細情報

住所:京都市中京区寺町通二条下ル妙満寺前町464
電話番号:075-254-7222
営業時間:11:00~17:00(ラストオーダー16:00)
定休日:水、日、祝(不定休有)
関連サイト:http://www.kyukyodo.co.jp/
23 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな