2021年5月21日 更新

次の季節が楽しみになる『仙太郎』の「あぶりだんご」【期間限定】

こちらのタレ、とっても甘いのですが、何が使われていると思いますか?タレの正体を内緒にして驚かせたい!といういたずら心が芽生えるお団子です。

『仙太郎』とは?

 (206402)

『仙太郎』は、1886年創業。京都には老舗の和菓子屋が多いですが、こちらもまさにそう。

老若男女問わず愛されているのは、素材本来の美味しさをずっと大切にされているからです。

経営志向よりも人づくりや物づくりに重きを置いていて、国産の原材料にこだわられ、考え方が商品にこめられています。

あぶりだんご

 (206405)

みたらし団子みたいな見た目で、たっぷりとたれがかかっています。
 (206411)

「あれ、みたらし団子だったっけ?」と思ってしまうほどの”みたらし感”ですが、食べてびっくり!

全然タレが違います。

すごく甘いのは黒糖が使用されているから。

黒糖だと知らなかったのですが、黒糖好きなのでこれは嬉しいサプライズ!

ただ、昆布出汁がベースとなっているので、甘いだけじゃありません。
 (206406)

お団子は名前の通り炙っているのでうっすらと焦げ目がついていて、美味しさを引き立ててくれます。

柔らかめで、これだけでも好き。

タレに葛でとろみをつけているので、食べる時にたれてこないので安心です。

透明感があってとってもきれい。
 (206410)

 (206412)

誰かへの手土産の時には、黒糖タレということを内緒にして驚かせたい!といういたずら心も芽生える和菓子です。

詳細情報

 (206409)

名称:仙太郎 本店
住所:京都市下京区寺町通仏光寺上る中之町576
営業時間:8:00-18:00
     ※8:00-17:30 (1/3~2/28)
定休日:1月1日
HP:https://www.sentaro.co.jp/
17 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

まみの京都好奇心手帖 まみの京都好奇心手帖

オススメの記事

今注目の記事