2021年1月4日 更新

【京都】一子相伝のサムゲタンが話題!「韓国食堂 入ル ゴショミナミ」

大阪・東京でミシュランビブグルマンを獲得した、参鶏湯が名物の韓国料理店「入ル」が京都の御所南にも。名物の参鶏湯(サムゲタン)をいただいてきました。

大阪で話題の韓国料理店が京都へ

 (198368)

丸太町駅と烏丸御池駅の間あたり、2020年にオーオプンした「韓国食堂 入ル ゴショミナミ」
風情のある京町屋で、こだわりの参鶏湯(サムゲタン)がいただけるとオープン当初から話題に。

大阪鶴橋で40年以上営まれてい予約制の韓国料理店をルーツにもち、大阪、東京でミシュランビブグルマンを獲得した評判のお店が、鳴り物入りで京都に初出店です。
 (198369)

風情ある店舗の一階はカウンター席とテーブル、2階は個室がメイン。ゆったりした空間がいただけます。
 (198379)

今回のお目当ては、40年以上歴史をもつ韓味一の参鶏湯(サムゲタン)、一子相伝のこだわりの味。期待が高まりますね。
サムゲタン専門店なので、注文は人数分となります。
 (198378)

キムチやナムルはもちろん自家製。
チャプチェ、プルコギ、蒸し豚など、定番の韓国料理もラインナップされています。
 (198370)

とりあえずビールで乾杯。
オモニ(お母さん)のイラスト入りのグラスが、またいい感じ。
マッコリももちろんあります。
 (198371)

つきだしは、韓国海苔の佃煮が。甘辛い味付けに病みつきに。お酒にピッタリのつきだしです。
すぐに出てくるキムチも。
 (198372)

ゴマ油の風味がいい、チャプチェもオーダー。
この風味と食感がクセになりますね。
 (198373)

韓国料理定番の人気メニュー蒸し豚。
しっとりとした食感で、脂身も少なめで思っていた以上にあっさりといただけます。
ちょい辛のタレとの相性もバッチリ。

一子相伝、自慢のサムゲタン

 (198374)

メインはもちろんサムゲタン。こちらは4人前になります。
鶏まるまる一羽入っており迫力満点。スープの香りも部屋いっぱいに広がます!
 (198375)

お店のスタッフさんが、鶏を丁寧にくずしてくれます。
ホロホロになるまで調理されているので、簡単に身がほぐれていき、スープに鶏の旨味がひろがっていききます。
 (198376)

ここまで身が崩れたら完成です。
スタッフさんが、お皿によそってくれます。
 (198377)

滋味深い、旨味が詰まった味わい。鶏はホロホロに柔らかく、身体の中にすっーっと染み込んでいくような美味しさ。

大阪から鳴り物入りで、東京や京都へ出店してきた話題のお店は、さすがの完成度の高さでした。

落ち着いた雰囲気でいただけると韓国料理と自慢の参鶏湯(サムゲタン)。
気になる方は、ぜひ足を運んでみてください。

店舗情報

店名:韓国食堂 入ル ゴショミナミ
住所:京都市中京区金吹町478
電話番号:075-708-8117
営業時間:
【火〜金】17:00~23:00(L.O.22:30)
【土日祝】16:00~23:00(L.O.22:30)
定休日:月曜日
店舗HP:https://yamazakihajime.com/
17 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン

オススメの記事