2018年5月18日 更新

【京都パンめぐり】どれ食べてもハズレなし!小麦の香ばしさと歯ざわり絶品☆「ココ・キラリ」

最近食べた中で、一番印象に残るベーカリー。伏見区藤森の商店街にある、小さなお店。ハード系、デニッシュ系、おかず系、どれをとっても文句ナシの美味しさ。

小さいお店ながら次々とお客が回転よく集うベーカリー

 (123988)

この日は取材で伏見界隈へ。
で、いつも通う美容院のパンに詳しい美容師さんにココのパンをオススメされてて。やっとこの日行けました。平日の昼前。

上手く人が映り込まない外観で撮れてますが、その前に車停めて買いに来る客や自転車で来る客などわりと混雑していて、客足が減ったタイミングで撮影。人気店みたいです。
 (123989)

こんなかわいい看板が目印。上手く小さな星形に切り抜けてますね(笑)
 (123992)

店内はわりと狭め。トレイとトング持って品定めするなら、お客3人くらいが限界でしょうか。それくらいのスペースですが、それでもパンたちはお構いなく種類豊富に並んでいます。
 (123995)

お腹空いてたんで、おかずパンコーナーにロックオン。
 (123996)

なんといいますか、見てわかります。ここは正解のお店やなぁ~と(笑)
それくらい、パンが美味しさを主張してます。ベーコンエピもかなりそそられつつ。
 (123993)

奥に厨房があって、わりと若めの男性がパン焼かれてましたが、果敢に昭和レトロパン・ニューバードもあるんですね。あと、この牛すじコテコテ黒カレーぱん。ネームだけで、中身どんなんか確認したくなるような(笑)
 (123990)

試食もあっていただいたカヌレもちゃんと本格的なヤツ。
 (123991)

製菓系お得意なんかな?そんなことを思わせるデニッシュ系でカスタードクリームたっぷりでイチゴやマロン乗ったやつとか。刻んだピスタチオ?もはや、ケーキ屋の仕事ぶりというか(笑)
隣には、あるとつい買ってしまう、あんバターフランス。
 (123998)

で、結局これらを購入。
黒カレーぱん、ハードホットドッグカレー春キャベツ、あんバターフランス、クロワッサン。以上で712円。思ったより安いです。
 (123999)

ホントは持って帰ってうちで食べようと思ってましたが、チャリ取材でハンガーノック状態ということもあり、伏見らしい景観の屋形船の十石舟乗り場周辺の柳並木道のベンチで食べることに。

で、せっかくなんで酒蔵をバックに。
撮影してると、この風景を写生しに来られたおばちゃん集団に通るたびに「美味しそうやね~」と声を掛けられて(笑)
 (124000)

ハードホットドッグカレー春キャベツ。
 (124001)

まずはパンの美味しさが際立ちます。外側カリッとハードで、中は弾力あるパン。
ほのかなカレー風味の春キャベツとジューシーなソーセージ。そして、このマヨネーズベースのソースがたっぷりとそれらを覆う状態で焼かれていて、ボリューム感もあっていい。
 (124002)

あんバターフランス。暑かったので、店で見たときのバターのエッジはなくなっていて、見た目カスタードクリームのようですが。
 (124003)

あんはこしあん。バターはクセのないタイプ。なにより、このフランスパンがべらぼうに美味しい。かじると高音のカリッ!という、ついさっき焼きあがったような香ばしい音と歯ざわり、あと小麦の風味が効いてて絶品。パンが美味しい、とにかく。
 (124004)

牛すじコテコテ黒カレーぱん。酒蔵バックに映えます(笑)
 (124005)

フィリング、ホントに真っ黒(笑)手づくりですね~これもカレーが美味しいです。丁寧な仕事。揚げドーナツ形のカレーパン。
 (124006)

クロワッサン。わりとしっかり歯ごたえ。もっちりとしたコシが効いてて。この歯ごたえは小麦以外にパルメザンみたいなもん混ざってるのか?て感じるような硬さ。これも美味しいです。ある意味オリジナルなクロワッサン。

どれもアタリでした。ちょっと全制覇したくなるような。最近食べた中で、印象に残る美味しさのパンたちでした。

ヨ~イヤサ~♪

ココ・キラリ への口コミ

詳細情報

住所:京都市伏見区深草直違橋2-433-1
電話番号:075-645-5767
営業時間:7:30~19:00
定休日:日曜・祝日・不定休(土曜日)
23 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな