2018年4月22日 更新

【京都パンめぐり】パン、ドリンク全て108円!種類豊富でデイリー使いが◎「マルモベーカリー」

伏見区深草の師団街道沿いにある全種類100円パンのお店。安くて種類豊富なパンが並び、デイリー使いに最適。

テラス席もあってオール108円!

 (121436)

深草界隈で野暮用。
移動の合間に昼食をとりたいな、と。でも、飲食店に入って時間とって食事することもできず、できれば短時間にサクッと食べられるような。

で、パンならテイクアウトでいいかと、パンに詳しい友人がオススメしていたお店のことを思い出して。
 (121437)

100円パンのお店。

以前、100円パンバブルか?てぐらい100円パンブーム時期があり、いろんな場所で100円パンのお店を見かけたもんですが。

結局のところ、いくら安くても美味しくなくては売れない、ということなんですかね。淘汰され、今残ってるお店ってそれなりに人気があるということなんでしょうね。こちらもそんなお店の一つと言えるのかもしれません。
 (121438)

で、ちょっとお店のことを調べたら、わりと異色な会社が運営するパン屋さんであることが判明。

大正10年に地元京都で創業した繊維原料の専門商社『㈱元廣』の飲食事業部が立ち上げたパン屋さん。資本力のある会社がバックについてるから安定した店舗運営できるってことなんですかね。
 (121439)

店内には種類豊富にパンが並んでいますが、すでに朝のうちに売り切った商品も。
お目当てのパンは品切れでした。残念!
 (121440)

わりと手の込んだパンが並びます。このロングソーセージも驚きの108円。
 (121441)

菓子パン系も。
 (121442)

バーガー類も充実。
 (121443)

調理パン系。サンドイッチやカスクートも気になりつつ。
 (121444)

メロンパンやら塩パンも美味しそう。
 (121500)

今回はこんな、お野菜たっぷり!コンビネーションサンド、ロングソーセージ、カニクリームパン。〆て324円。
 (121445)

プラス108円でジュースもセットで。

店の前にちょうどテラス席があったんで、ここで食べることに。
 (121446)

そこそこのボリューム感。
 (121447)

長い!ロングソーセージだけに(笑)こういうクープ(切れ目)の入り方に弱いです。チラリズムでソーセージ見えたりするとか。
 (121448)

中はプリッとした歯ごたえのソーセージ、粒マスタードが入っていて、申し分ないです。
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都パンめぐり】どれ食べてもハズレなし!小麦の香ばしさと歯ざわり絶品☆「ココ・キラリ」

【京都パンめぐり】どれ食べてもハズレなし!小麦の香ばしさと歯ざわり絶品☆「ココ・キラリ」

最近食べた中で、一番印象に残るベーカリー。伏見区藤森の商店街にある、小さなお店。ハード系、デニッシュ系、おかず系、どれをとっても文句ナシの美味しさ。
京都らしい変わり種パンもあり!伏見の名水を使った食パンも美味☆「ゲベッケン深草本店」

京都らしい変わり種パンもあり!伏見の名水を使った食パンも美味☆「ゲベッケン深草本店」

京都のパン屋さんの中ではわりと古め。昭和56年創業。珍しい創作パンが有名で、中でもだし巻きパンはこちらの看板商品。市内に3店舗あり、今回は本店へ行ってきました。
【京都パンめぐり】ハズレなしのCPよし!絶滅危惧種の幻パン『ニューバード』もあり〼「ココ・キラリ」

【京都パンめぐり】ハズレなしのCPよし!絶滅危惧種の幻パン『ニューバード』もあり〼「ココ・キラリ」

伏見区藤森の商店街にある、小さなお店。ハード系、デニッシュ系、おかず系、どれをとっても文句ナシの美味しさ。そしてCPよし。そんなお店で幻パン『ニューバード』を発見。
【京都パンめぐり】知る人ぞ知る隠れた逸品カレーパン!中から玉子がトロン☆「志津屋」

【京都パンめぐり】知る人ぞ知る隠れた逸品カレーパン!中から玉子がトロン☆「志津屋」

京都人のソウルフードパンとして知られる『カルネ』で有名な老舗ベーカリー。利便性よく地下鉄駅構内にも店舗があるが、とりわけ利用者多い四条駅の志津屋で、これまた人気のカレーパンを買ってみました。
【京都パンめぐり】食事代わりになるリッチなおかずパン充実!あれこれ食べたくなる☆「手作りパン工房コネルヤ」【二条城近く】

【京都パンめぐり】食事代わりになるリッチなおかずパン充実!あれこれ食べたくなる☆「手作りパン工房コネルヤ」【二条城近く】

丸太町通り沿いの七本松あたりに店をかまえるパン屋さん。こじんまりとした店内とは裏腹に、パンの種類豊富。特におかずパン系が充実していて、リッチな具材使いで食事かわりになるパンたち。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな