2018年2月22日 更新

【京都和菓子めぐり】NHKブラタモリでタモリも食べた!素朴な味わいの京銘菓・御土居餅☆「都本舗光悦堂」

たまたま鷹峯界隈を散策中、こちらを通りかかって。NHK番組ブラタモリでも紹介された、史跡・御土居前にあり昭和42(1967)年創業の和菓子屋さん。名物の御土居餅を食べてみました。

NHKブラタモリでも話題になった御土居前の和菓子店

 (115985)

たまたま鷹峯界隈で野暮用があり、そういえばこの辺にNHK番組ブラタモリで紹介された御土居があったな、と。その御土居前に「御土居餅」と掲げられた看板が。
 (115988)

昭和42(1967)年創業の和菓子店。
店名『光悦堂』はこの近くにある光悦寺にちなんで、開業当時お寺で許可をいただいたそうです。
 (115992)

そして、店の前の通りを挟んだ向かい側に番組でも出てきた史跡・御土居が。
 (115993)

豊臣秀吉によって作られた京都を囲む土塁。外側の堀とあわせて御土居堀と呼ぶことも。あい続く戦乱により不分明となっていた洛中(京都)の境を、御土居の築造により新たに定めようとしたとも言われ、御土居の内部を洛中、外部を洛外と呼ぶように。でも、現在の洛中と言われている場所とは異なりますが。
 (115986)

店内には気取らない雰囲気のデイリー使いの和菓子が並ぶ。おまん、てやつですね。どちらかというと。

まだまだ寒さ続きますが、もう桜餅シーズンですかね。いちご大福も人気だそうです。
 (115987)

そして、こちらが注目の御土居餅。
 (115989)

わりと小ぶりなおまんじゅう。2個で280円。
 (115990)

自宅に持ち帰り、食べてみました。
 (115991)

中はこんなかんじ。
丸めたこしあんの外側に赤えんどう豆、それをとろける羽二重餅で包み、きな粉を散らしたもの。赤えんどう豆のほのかな塩味とあんや羽二重餅の甘みがいい塩梅となって、クセになる味。何個でも食べられそうな(笑)御土居の形をイメージして楕円状になってるんだとか。

この界隈の散策途中の立ち寄りスポットとしてオススメです!

ヨ~イヤサ~♪

御土居餅 への口コミ

詳細情報

店名:光悦堂
住所:京都市北区鷹ヶ峯旧土居町1-203
電話番号:075-492-0798
営業時間:9:00~19:00
定休日:木曜日
15 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな