2018年2月22日 更新

【京都和菓子めぐり】NHKブラタモリでタモリも食べた!素朴な味わいの京銘菓・御土居餅☆「都本舗光悦堂」

たまたま鷹峯界隈を散策中、こちらを通りかかって。NHK番組ブラタモリでも紹介された、史跡・御土居前にあり昭和42(1967)年創業の和菓子屋さん。名物の御土居餅を食べてみました。

NHKブラタモリでも話題になった御土居前の和菓子店

 (115985)

たまたま鷹峯界隈で野暮用があり、そういえばこの辺にNHK番組ブラタモリで紹介された御土居があったな、と。その御土居前に「御土居餅」と掲げられた看板が。
 (115988)

昭和42(1967)年創業の和菓子店。
店名『光悦堂』はこの近くにある光悦寺にちなんで、開業当時お寺で許可をいただいたそうです。
 (115992)

そして、店の前の通りを挟んだ向かい側に番組でも出てきた史跡・御土居が。
 (115993)

豊臣秀吉によって作られた京都を囲む土塁。外側の堀とあわせて御土居堀と呼ぶことも。あい続く戦乱により不分明となっていた洛中(京都)の境を、御土居の築造により新たに定めようとしたとも言われ、御土居の内部を洛中、外部を洛外と呼ぶように。でも、現在の洛中と言われている場所とは異なりますが。
 (115986)

店内には気取らない雰囲気のデイリー使いの和菓子が並ぶ。おまん、てやつですね。どちらかというと。

まだまだ寒さ続きますが、もう桜餅シーズンですかね。いちご大福も人気だそうです。
 (115987)

そして、こちらが注目の御土居餅。
 (115989)

わりと小ぶりなおまんじゅう。2個で280円。
 (115990)

自宅に持ち帰り、食べてみました。
 (115991)

中はこんなかんじ。
丸めたこしあんの外側に赤えんどう豆、それをとろける羽二重餅で包み、きな粉を散らしたもの。赤えんどう豆のほのかな塩味とあんや羽二重餅の甘みがいい塩梅となって、クセになる味。何個でも食べられそうな(笑)御土居の形をイメージして楕円状になってるんだとか。

この界隈の散策途中の立ち寄りスポットとしてオススメです!

ヨ~イヤサ~♪

御土居餅 への口コミ

詳細情報

店名:光悦堂
住所:京都市北区鷹ヶ峯旧土居町1-203
電話番号:075-492-0798
営業時間:9:00~19:00
定休日:木曜日
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都遺構めぐり】NHKブラタモリでも注目!豊臣秀吉が築いた京都を取り囲む巨大土塁☆史跡「御土居」

【京都遺構めぐり】NHKブラタモリでも注目!豊臣秀吉が築いた京都を取り囲む巨大土塁☆史跡「御土居」

古い京の町の様子を垣間見れる場所。NHKブラタモリでも反響を呼んだ史跡。その後、あまりの反響にスピンオフ的に本も出版。そんな史跡めぐりをしてきました。
【京都パンめぐり】真のパン好きがわざわざ足を運ぶ名店!驚愕のもっちり食パン必食☆「クロア」

【京都パンめぐり】真のパン好きがわざわざ足を運ぶ名店!驚愕のもっちり食パン必食☆「クロア」

市内の北西エリア、鷹峯、御土居跡すぐそばにあるパン屋さん。パン好きの間では有名店で、遠くとも足を運んで食べたくなる美味しさ。中でももっちり食パンやハード系は高評価。
【京都和菓子めぐり】平安時代から続く井戸水が育む伝統あぶり餅!今宮神社名物の門前菓子「一文字屋和輔(一和)」

【京都和菓子めぐり】平安時代から続く井戸水が育む伝統あぶり餅!今宮神社名物の門前菓子「一文字屋和輔(一和)」

今宮神社参拝の際には、素通りするわけにはいかない和菓子店。創業1000年の老舗中の老舗。そして、冷え込む時期にちょうど食べたくなる絶品のあぶり餅。創業当初から使用の井戸も。
【京都ぶらり散策】京都と日本全国を結ぶ街道の出入口!今も名残りを見せる☆「京の七口」

【京都ぶらり散策】京都と日本全国を結ぶ街道の出入口!今も名残りを見せる☆「京の七口」

古い京の街並みの手がかりとして、今もその片鱗を見せる『京の七口』。日本全国と京都をつなぐ街道の出入口となった七つの場所。現代と昔をつなぐ場所でもあり、時空を超えた面白さを感じる場所。ぶらり散策してみました。
【京都土産】皇室御用達の御菓子!素朴な味わいのロングセラー銘菓『白川路』はとまらない美味しさ☆「田丸弥」

【京都土産】皇室御用達の御菓子!素朴な味わいのロングセラー銘菓『白川路』はとまらない美味しさ☆「田丸弥」

紫竹エリア、大徳寺にほど近い場所にある創業江戸時代で十七代続く昔ながらの製法にこだわる、手焼きせんべいの老舗。素朴な味わいの『白川路』は皇室御用達の煎餅。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな