2020年11月1日 更新

【京都スイーツ】濃茶アイスバー必食!新工房『ロマンの森』オープンで注目☆「マールブランシュ」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は新工房も10月にオープンし、ますます注目の京都スイーツ店。その京都タワー店で限定アイスバーをいただきました。

10月オープンの新工房『ロマンの森』は大行列

 (195363)

下京区京都駅前、3年前オープンし、もうすっかり定着の商業施設・京都タワーサンド。

そのちょうど正面にある京都スイーツの名店「京都北山マールブランシュ」。オープン当初はかなり話題になり、お客でごった返していた記憶がありますが。
 (195406)

その数日前、ところ変わって山科区、名神高速、京都東インター出てすぐの1号線沿いにあるこちら。

長らくの工事を終え、今月2日にオープンしたマールブランシュの新工房『ロマンの森』。他店舗に比べ、かなりの敷地を有する大型店舗。お菓子を作っている様子が見られるスタジオ併設で、ショップとカフェもある、マールブランシュファン必訪の今注目のスポット。
 (195407)

 (195408)

で、平日にも関わらず広い駐車場は常に満車で、このように入店行列ができるほど。それがほぼ毎日で、土日ともなると1時間以上待つことしばしばの混雑ぶりとか。驚愕の人気ぶり。
 (195409)

その魅了の一つとして、ここロマンの森限定商品があり、それも製造が追いつかないくらい売れてる様子。

この日は行列に萎えて、結局スルーしてしまいました(汗)また後日落ち着いてレポートする予定。

なので、観光途中に訪問しようと予定されている方は行列時間も考慮された方が吉。
 (195420)

ちなみに、クロワッサン焼き上がり時間はこちら。ご参考に。
 (195364)

もとい、今回は京都タワーサンドのマールブランシュです(笑)空いてて快適そのもの。

この日は方々観光して回り、ちょっと一服がてらこちらの名物である生茶の菓のアイスバーを食べにやってきました。
 (195365)

オープン当初はこのアイスバーにも行列ができたんですよ。超人気だったんですよ。

ここ限定のオリジナル商品。こんな自販機で食券を購入します。
 (195366)

私的にはこのお手軽価格とちょこっとサイズがいいですね。ふらっとやってきて、カジュアルにサクッと食べられるのが。250円。
 (195367)

発券後、店の方に券を渡し、店内のカウンターで待ちます。
 (195368)

すると、小さなトレーに乗って登場。
 (195369)

アイスバーの持ち手部分に京都タワーを模したイラストが焼き印され、これもここならではなオリジナル感。
 (195370)

カップの中にはエスプーマから注がれたお濃茶ソースが入っていて、抹茶味のアイスバーが差し込まれていて、このソースをつけながらいただく趣向。
 (195371)

本体もねっとり濃厚な抹茶味のアイスクリームなんですが、さらにこのお濃茶ソースが舌にまとわりつく濃厚さ。抹茶の風味、フレッシュ感、上品な苦味が渾然一体。
 (195372)

とても上質なお濃茶ソース。抹茶ってこんなに美味しいんだ!と、今まで食べた抹茶スイーツの概念が崩れそうなほど。

 (195373)

最後残ったソースは、まさしくお濃茶を飲むような感覚ですすります。この値段でこのお濃茶は価値あり。

マールブランシュの真骨頂である看板商品『茶の菓』。その神髄がこのアイスバーに集約されている、といっても過言ではないほど。

ロマンの森もいいですが、待ち時間なく絶品抹茶アイスバーがいただけますよ。オススメです!

詳細情報

名称:京都北山マールブランシュ京都タワーサンド店
場所:京都府京都市下京区烏丸通七条下る東塩小路町 721-1
電話番号:075-353-4567
営業時間:9:00~21:00
関連サイト:https://www.kyoto-tower-sando.jp/shop/index/123
20 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers

オススメの記事

今注目の記事