2017年3月28日 更新

つけ麺の元祖と言えばココ!京都駅ビル内「大勝軒 京都拉麺小路店」

京都駅ビル、京都拉麺小路にある「大勝軒 京都拉麺小路店」をご紹介します。つけ麺の元祖のラーメンとしてよく知られいます。

ラーメン好きのテーマパーク「京都拉麺小路」

 (76184)

京都駅ビル内、ラーメン好きのテーマパーク「京都拉麺小路」。全国から人気のラーメン店が集結し軒を連ねているのですが、今回は元祖つけ麺でお馴染みの「大勝軒 京都拉麺小路店」をご紹介します。つけ麺好きなら、皆さんご存知のレジェンドのようなラーメン店です。
ちなみに「大勝軒」の関西初出店はこちらの店舗でした。現在、関西にも店舗が増えましたが、京都では桂の千代原口にも店舗があります。
 (76186)

こちらの券売機で入店時に食券を購入してください。

ベースとなるつけ麺は2種類、濃厚魚介と元祖です。つけ麺以外に醬油ベースの東京ラーメン、みそラーメンもあります。
餃子や水餃子はじめ、チャーシュー丼や豚そぼろ丼などのサイドメニューもラインアップされてます。
 (76185)

テーブル席3卓とカウンター席になっています。

濃厚な魚介つけ麺が美味い!

 (76187)

人気NO1の濃厚魚介つけ麺の大(980円)にしました。

麺はツヤツヤした極太麺、濃厚なつけ汁にはネギ、ナルト、ノリ、魚粉、チャーシューが入っています。
 (76188)

卓上調味料には、きざみ玉ねぎがありますので、足してみてお好みの味を見つけてください。
玉ねぎの辛味と食感が好きなので、ぼくは玉ねぎ多めにしました。
 (76190)

つけ汁の中にはゴロッと柔らかいチャーシューが隠れています。
濃厚なつけ汁をまとっていて、ちょうどいい味わいのチャーシューです。
 (76189)

濃厚なつけ汁には、やっぱり極太麺がピッタリです!
魚粉が味に深みとコクをプラスしていい仕事します。魚介と動物性の旨味がよく混ざりあっていて味わい深いつけ汁に仕上がっています。

大でもさらっと食べれてしまえるほどバランスがよく完成された味です。
元祖つけ麺、ごちそうさました、美味しゅうございました。

全国の人気ラーメン店が集結している京都拉麺小路、またよってみてください。

大勝軒 京都拉麺小路店 クチコミ情報

大勝軒 京都拉麺小路店 店舗情報

店名:大勝軒 京都拉麺小路店
住所:京都市下京区烏丸通塩小路下る東塩小路町901 京都駅ビル 10F 京都拉麺小路
電話番号:075-365-5066
営業時間:11:00~22:00
定休日:無休
関連サイト: http://www.kyoto-ramen-koji.com/shop/shop03.html
14 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【保存版】全国の人気ラーメン店が京都に大集合!京都駅直結で便利「京都拉麺小路」

【保存版】全国の人気ラーメン店が京都に大集合!京都駅直結で便利「京都拉麺小路」

京都駅ビル10階にある、全国の人気ラーメン店が一堂に会するラーメン好きのテーマパーク「京都拉麺小路」。全店舗の良さをくまなくご紹介します。
魔女が京都駅に住み着いた!? 京都駅で『ハロウィンイベント』開催中!

魔女が京都駅に住み着いた!? 京都駅で『ハロウィンイベント』開催中!

10月の京都駅では、様々なハロウィンの催しを開催中!おしゃれなフォトスポット「魔女の家」や、あの有名な大きなかぼちゃが出現したり…イベントが盛りだくさん!「魔女」からお菓子をもらえるイベントも!この秋はみんなで京都駅ビルハロウィンを満喫しよう♪
京都駅で老舗の江戸前天ぷらを!ランチは2000円以下「銀座天一 京都伊勢丹店」

京都駅で老舗の江戸前天ぷらを!ランチは2000円以下「銀座天一 京都伊勢丹店」

東京 銀座に本店を置く、老舗の天ぷら料理店「銀座天一」、京都では伊勢丹11階に店舗があり美味しい江戸前天ぷらがあります。接客も丁寧、意外とリーズナブルなのでオススメです。
【京都駅おすすめ穴場モーニング】香り高き紅茶ともっちりトースト*「ティーハウスリプトン 京都駅ビル店」

【京都駅おすすめ穴場モーニング】香り高き紅茶ともっちりトースト*「ティーハウスリプトン 京都駅ビル店」

混雑必至の京都駅エリアの朝事情。もちもちトーストにボリューミーなサラダ、穴場かつハイクオリティな内容に満足。
【京都駅前】京都タワー内の利便性いいレストラン街!バイキング感覚で好きなメニューを☆「京都タワーサンド」

【京都駅前】京都タワー内の利便性いいレストラン街!バイキング感覚で好きなメニューを☆「京都タワーサンド」

京都駅前京都タワービルに今年4月リニューアルオープンした商業施設。その地下1階のフードホール。今回は遅い時間のランチで行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン