2017年5月16日 更新

名物のピネライスは必食!洋食の名店が街中へ移転!「キッチン ゴン」【リニューアル】

河原町丸太町、御所南にあった人気の洋食店「キッチンゴン」が街中の高倉六角へ移転されたので、行ってきました!もちろん名物のオリジナルメニューピネライスは健在です。

地元の大人気愛され洋食店が移転リニューアル

 (80584)

御所東にあり地元の名物洋食店として愛されてきた「キッチンゴン」が街中の高倉六角に移転リニューアルされましたので、さっそく行ってきました。以前、フクロウカフェがあった場所です。最寄り駅でいうと、四条烏丸か烏丸御池ですかね。
 (80585)

外観からはわからないほど、奥行きがある建物になっていて店内は広く、オシャレなカフェ風の雰囲気です。グループで使えるテーブル席とL字のカウンター席にメイン、店内待合も少しありました。
 (80586)

ランチメニューはこちら!
キッチンゴンの名物ピネライスランチと、定番の洋食ランチが900円から各3種類ずつあります。
 (80587)

ランチタイムは食後のソフトドリンクが半額になります。これはうれしいですね。

特筆すべきは、センターのサラダスパイス!
様々なスパイスがブレンドされていて、スープ、サラダ、フライなんでも美味しくなります。
これ、魔法のスパイスですよ(笑) 自宅にもほしいくらい!

新店舗でも名物のピネライスを!

 (80588)

今回はピネランチのA、ピネライス(S)とハンバーグ+海老フライのセット(1080円)にしました。そもそもピネライスとは、ガーリックチャーハンの上にカツがのった「キッチン ゴン」の名物メニューです。ソースはデミかカレーを選ぶことができます。
 (80589)

ガーリックの風味が効いたチャーハンに薄目のカツ、デミソース?って思われるかもしれませんが、これがまた妙な一体感があり、クセになること間違いなし!各々が個性的なはずですが、不思議な美味しさです。一回試してみてくださいねー
 (80590)

海老フライとハンバーグは安定の美味しさ、言うことなし。
海老の尻尾の部分が曲がっているのは、殻の下の部分がぷりっとして美味しいので、その部分が食べやすいように工夫されているのんだと思います。こういう細かな手間暇が地元に愛される理由ですよね。
 (80591)

ほんとメニュー豊富なので、その一部をご紹介。
こちらはビーフカツのコンビネーションとステーキなどのお肉メニューです。
 (80592)

こっちはオススメとアラカルト。サラダだけでも4種類。ほんとメニュー豊富で、夜のアラカルトだと迷いってしまいます。

御所東で愛されてきた「キッチン ゴン」の第2章。そのスタートをぜひ足を運んで確かめてきてください。

キッチンゴン 六角店 クチコミ情報

キッチンゴン 六角店 店舗情報

17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【リニューアルオープン】京都大学の超穴場レトロ洋食!登録有形文化財指定の大正建築・楽友会館内「近衛 Latin(ラタン)」

【リニューアルオープン】京都大学の超穴場レトロ洋食!登録有形文化財指定の大正建築・楽友会館内「近衛 Latin(ラタン)」

京都大学・吉田キャンパスにある超穴場。国の登録有形文化財にも指定されている大正建築の洋館内にあるレストラン。このほど、リニューアルオープンされたと聞いて行ってきました。
イチオシは荒々しいハンバーグ|三条会商店街近くの国産素材にこだわった洋食店「陽食屋3(トレ)」

イチオシは荒々しいハンバーグ|三条会商店街近くの国産素材にこだわった洋食店「陽食屋3(トレ)」

お店の名前は陽食屋3(トレ)。国産食材にこだわったマニアックなお店で、2018年3月、三条会商店街の近くにオープン。
京都の人気オムライス店|旨辛やみつき!インディアンオムライス*くるみ【新京極】

京都の人気オムライス店|旨辛やみつき!インディアンオムライス*くるみ【新京極】

繁華街の入り口の地下にて繰り広げられるやみつきB級グルメの舞踏会。ゴロゴロ具材にほんのりスパイシーなインディアンオムライス、瑞々しいてんこ盛りサラダは寺町界隈のB級グルメの代表格「くるみ」です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

つきはし つきはし