2019年8月16日 更新

京都ラーメン街道"一乗寺"にあるコスパ抜群の焼肉店「いちなん」

一乗寺のラーメン街道沿いある学生にも評判の焼肉店「いちなん」なり。

コスパ抜群の焼肉店

 (161157)

一乗寺のラーメン街道沿いにあるお店の名前は「焼肉屋 いちなん」なり。 お手頃店なのですが、これが、なかなかのスマッシュヒット!でしたので、気合いを入れご紹介。
18:00開店で、その時間に入店。我々が最初の客に。「予約電話ありがとうね~、座敷とテーブルどちらが良いですか~?」と確認されたので、1Fのテーブル席に入れて頂くのだ。
 (161158)

お店雰囲気写真。2Fは25名入れる座敷席。屋上でバーベキュー迄できる、意外に大きなお店なのですが、スキンヘッドのご主人とお若いお兄さんの2人で回しておられるのですな。
 (161159)

学生さんが多い一乗寺、地元民が普段使いする焼肉店なので、セットメニューが豊富。我々は美味しいと噂の、自家製ソーセージにベーコンを中心にアラカルトで頂こうという作戦。しかし、ま、お安いのだ。
 (161160)

スキンヘッドのご店主はアイデアマンで、焼肉以外のサイドメニューも色々と豊富。これをご覧いただくと、我々がやってきた理由が大体想像できるのでは?と思いますが汗。で、1回目の注文は、自分で伝票に書く仕組みなのも斬新なのだ(なにせ、この規模を2人で回しておられるので。。。)追加分は書いてくれますので大丈夫。
 (161161)

で、生ビール¥500からゆるゆるとスタートなり。ちなみに呑み放題は¥1500、ピッチャー量り呑みという珍しいシステムがあり、生ビールが1杯¥400ぐらいになるらしいです。 
 (161162)

で、ひたすら肉を食べる際も、キムチは忘れない我が家。白菜・大根・胡瓜の三種盛り合わせで¥800、もちろん自家製。漬け加減程よく、胡麻の風味が効いていて美味しい。量もしっかり~。
 (161163)

つきだしはモヤシナムル2種。おー、これで野菜系はバッチリ!という感じ。これも程よい味付け。
 (161164)

このお店の必食メニュー、自家製のベーコン&ソーセージは¥1700なり。もちろん、ソーセージはこちらで肉詰めしている本格仕様。ベーコンも相当でかいものを薄切りに。しかし、焼肉店でこれを出すとは、マニアというか変態ですなあ。「マスタードは使います?」と御店主が訊いてくれたので速攻でお願いするのだ。
 (161165)

後は弱火でじわじわと豚の脂を活性化しつつ、焼きを入れパックリ!という趣向。自家製なので塩分もかなり控えた感じで、肉の旨味満載。いやはや、これは美味しいです。ビールが進むのだ!
 (161166)

で、なみなみ注いでくれるお手軽赤グラス¥500にスイッチ。
 (161167)

お次は塩タンで¥1100なり。このメニューでこのお店のスタンスが分かろうというもの!なのですが、塩だれに浸され、通常の薄切りタンのざっと倍ほどの、存在感ある厚切りなのが特徴。当然、注文を受けてから切っているのですが、添えてあるポッカレモン的なのとご一緒に、という作戦なのだ。 量も納得すぎ。 
 (161168)

にこにこと食べていると、御店主から「作りすぎたので、試しにどうぞ!」と茄子のナムルを頂きました。これまた抑えた甘みのある味付けで美味しいのだ。
 (161169)

更に赤身類は¥1000なり。説明は無かったのですが、実は盛り合わせになっていて半分は赤身のモモ、それにハラミだと思われ。あっさりと頂けますが、塩だれの味付けの相乗効果か、質は想像以上にいい感じ。いやー、この量をこのお値段で出すのですなあ。。。この時点で相方と「もしかして有りえないお店なのではないの?」ということに。
 (161170)

で、お隣で食べておられるのが気になって、めずらしく野菜巻き巻きで頂こうということに。¥400で御覧のしっかり量なのも嬉しい。
 (161171)

ホルモン盛り合わせは¥1680なり。うは、これまたてんこ盛り量。テッチャンにアカセン、レバーにタン先など。実はサイドメニューを食べに来たので、あー、今日はこれで肉は打ち止めだと確信した一皿。
 (161172)

後は、巻いて、ニラをのっけて食うべし!食うべし!なのだ。いやはやお腹パンパン!なのですが、初志貫徹で〆メニューを注文すると、温泉玉子はのせます?ご飯はどれぐらいで?と確認されたので、玉子ON!ご飯普通!でお願いしたのですが、メニューに書いてある「ボリュームたっぷり」は嘘ではなかったのだ。。。。。。。
 (161173)

まかないカレーは¥800なり。だはははっはっは。。これは何ともてんこ盛りですなあ。現在のバージョンは、香味野菜しっかりの牛筋カレーに、万願寺にプチトマト、茄子などの夏野菜炒めをのっけたものでした。仕上げに粉チーズを振りかけて。。。他にもキーマカレーだったり、色々季節代わりするようなのですが、野菜料理もお得意な御店主なので夏はねらい目!かもですな。
 (161174)

カレーは香味野菜が利いた非常に穏やかな辛味で、更にまろやか度をアップさせる温泉玉子入りなので、辛いものが苦手な方でも全然大丈夫!なのですが、牛肉がもうごろんごろんと入っていて旨味は満載。いやー、これはいいですわ!なのですが、もう腹ははちきれんばかり。。。。

以上で、生ビール2、赤グラス2、角ハイボール1と流石に飲み物少な目で、〆て¥10300!と有りえないお支払い。お肉の部位を色々食べ比べたい!とか、サシが入った牛肉が好き!な方には合わない?かもなのですが、牛だけでなく鳥や豚など色々お得に食べ比べてみるのも一興。なかなか気に入りましたので、お店のFacebookで変わったカレーを出されている告知があったら、またやってくる気がします! ご馳走様でした~。
 

クチコミでの評判

基本情報

店名:焼肉屋 いちなん
住所:京都市左京区一乗寺北大丸町51
営業時間:11:30~14:00 / 18:00~23:00
定休日:水曜日
TEL:075-721-6937
関連ページ:https://ichinan.owst.jp/
 

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。