2018年11月28日 更新

京都が舞台!新選組ゆかりの地を謎解きで巡る「京の謎の旅 壬生の狼と回想録の謎」12/31まで!

リアル謎ときゲームを手掛けるDAS社による京都を舞台に新選組ゆかりの地を巡る「京の謎の旅 壬生の狼と回想録の謎」。当初9月30日までの予定でしたが、好評に付き12月31日まで延長されましたよ!

近藤勇らとともに謎解きゲームへ出発!?

 (137618)

観光地やテーマパーク、ショッピングモールなどで展開されている「リアル謎解きゲーム」。製作はこれまで謎解きゲームを数々ヒットさせてきたDAS社ですが、全国で開催されているのでご存知の方も多いのでは。
参加する際は参加キット(謎の手がかり)を入手。キットに描かれた謎を解き明かし、隠された手がかりをみつけながら「ミッション」クリアを目指す、参加型のイベントです。
謎解きだけでなく、捜索の間に観光地の名所や、隠れスポットなども発見できると人気があるんですよ。
 (137606)

京都のまちを散策していたあなたの前に突如現れた一人の侍。
彼は、150年前の幕末からタイムスリップしてきた新選組局長、近藤勇。
京都のまちは自分が守る、と意気込む近藤だったが、時は西暦2018年。
戦うべき相手はもういない、平和な時代だった。
そんな近藤と共に京都の新選組のゆかりの地を巡る旅。その先に待ち受けているものとは…
現在京都でも「京の謎の旅 壬生の狼と回想録の謎」というタイトルで開催されていて、新選組の歴史の舞台をめぐりながら、謎を解いていきます。第43回「京の夏の旅」のキャンペーンコンセプトである「明治150年」「京のお屋敷」「京のもう一つの花街・島原」に沿った内容にもなっていて、名所めぐりも楽しめますよ。なので、謎解きをしながら名所を巡ることもできて一石二鳥!当初9/30までの予定でしたが、好評につき12/31まで延長になりました。

ゲームに参加するには、バーコード読み取り機能がついたスマートフォンと、有料の「探索キット」が必要です。キットは、京都駅構内・2階にある観光案内所「京なび」で購入してください(税込1,500円)。物語はそこからスタートします。

キットには、画像のような探索の鍵となる回想録、探索マップ、注意書き、ネックホルダーなどが一式になっています。ネックホルダーはスマートフォンも入る大きさなので、ごちゃごちゃとせずスマートに探索できますよ。
 (137607)

オリジナルの謎解きゲームキットを片手に、スマートフォン(要・バーコード読み取り機能)と連動させながら楽しめるようになっているので、キットに入っている説明書を確認しましょう。
QRコードから「京の旅の謎」にアクセスしてすすめていってください。アプリではなくWEBなので気軽に楽しむことができます。

近藤勇、伊東甲子太郎、藤堂平助と共に、物語が進んでいきますよ!
 (137608)

実際にアクセスしてみるとこんな感じ。

書き下ろしのイラストに音声まで付いているという、ボリューム満タンの謎解きゲームに仕上がっています。各キャラクターの声は、人気声優が担当するこだわりようです。

存分に楽しむにはイヤホンをつけながらゲームを進められることをオススメします!!
(交通には気をつけて、歩きスマホはやめましょう。)
 (137609)

こちらが回想録。スマートフォンと連動させ、物語の主人公となり謎解きをすすめていきます。
たんさくエリアは、京都駅エリアから壬生寺まで約1万歩の距離。運動不足解消に絶妙な距離です(笑)

伊藤甲子太郎他数名殉難の地(本光寺)

 (137610)

まず1カ所目は、本光寺。京都駅を西へ進んだ場所にあります。伊藤甲子太郎他数名殉難の地とされている場所です。
 (137617)

門をくぐってすぐのところにある石塔は、江戸時代から建っているそうです。伊藤甲子太郎がこの石塔に寄りかかって最後を迎えたのだとか。

またこちらでは、季節ごとに絵柄の違う御朱印がいただけるそうで人気があります。集めている方は、この機会に授与されてはいかがですか。

不動堂村屯所跡(リーガロイヤルホテル京都)

 (137611)

さらに西へすすみ、リーガロイヤルホテル京都へ。
この場所には不動堂村屯所があったそうで、それを示す石碑が置かれています。石碑に刻まれた文字が謎解きのヒントになっているので、石碑の画像はあえて載せませんので、ご自身の目で確かめてくださいね。

梅小路公園

 (137619)

京都市民憩いの場「梅小路公園」もルートのひとつ。水族館や鉄道博物館もでき、ますます賑わいをみせます。市内ではなかなかお目にかかれない、広い芝生の広場がいいですよね。
 (137620)

こちらは七条入口広場です。すぐ隣では、来春開業のJR新駅の建設が進んでいます。駅が開業したら、今以上に便利で賑やかになりますね!

梅小路公園は新選組に直接関連のあるスポットではありませんが、このあたりを新選組は闊歩していたことでしょう。重要スポットですので立ち寄ってくださいね。そして休憩もお忘れなく。

西本願寺 太鼓楼

 (137625)

続きまして、堀川通りに位置する西本願寺へ。
親鸞聖人によって開かれた浄土真宗の本山。長い歴史を持つ西本願寺も、新選組ゆかりの地として知られています。
 (137626)

こちらは新選組が屯所(たむろじょ)としていた太鼓楼ですが、残念ながら入場することはできません。

島原

 (137621)

風情のある建物が残る島原エリアも、新選組と関係が深い場所。こちらは、文化財にも指定されている島原大門です。
 (137622)

島原の象徴といっても過言ではない角屋。現在の料亭のような使われ方をしていて、芸舞妓さんを派遣してもらい食事を楽しんでもらう場所でした。
昭和60年まで営業されていましたが、現在は角屋もてなしの文化美術館として残っています。

壬生寺

 (137623)

最後は、四条大宮近くの壬生寺。ご存知の通り、新選組を語る上でなくてはならないところです。新選組に関する数々の逸話が残っていて、聖地とも呼べる場所ですね。
 (137624)

境内東にある池の中の島は「壬生塚」と呼ばれ、幕末の新選組の墓などが残っています。近藤勇の胸像と遺髪塔、暗殺された隊士・芹沢鴨と平山五郎の墓や、勘定方・河合耆三郎の墓のほか、隊士7名の合祀墓も。その合祀墓には、池田屋騒動で亡くなった隊士・奥沢栄助、安藤早太郎、新田革左衛門らも葬られています。

こうしてスポットをざっと見るだけでも、結構な移動距離があることがわかりますよね。気候がいいとはいえ、適度に休憩をはさみながら、無理なく探索してくださいね。
新選組の歴史や面影が感じられるスポットばかりで、歴史に思いを馳せながら楽しめそうな「京の謎の旅」で、一味違った京都観光を楽しんでみてはいかがでしょうか。

なお、キットは有料ですが、web上でプレイできるプロローグ版が無料で公開されていますので、予習がてら活用してみてください。

イベント概要

開催期間:7月1日(日)~12月31日(月)
開催エリア:京都駅~壬生(京都市下京区)
料金:探索キット1,500円
※ゲーム参加には、キットのほかにバーコード読み取り機能がついたスマートフォンが必要です

H.P:http://game.nazotown.jp/kyokanko/

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都神社めぐり】ご利益総なめの『京都十六社朱印めぐり』15社目!京都駅スグで新幹線背景の太鼓橋のある参道「六孫王神社」

【京都神社めぐり】ご利益総なめの『京都十六社朱印めぐり』15社目!京都駅スグで新幹線背景の太鼓橋のある参道「六孫王神社」

『京都十六社朱印めぐり』15社目。東寺の北側に位置し、新幹線沿いにある神社。清和源氏発祥の宮。境内には太鼓橋もあり、画になる。
京都市と「ONE PIECE(ワンピース)」が大規模コラボ!世界観を再現したスタンプラリー開催中!

京都市と「ONE PIECE(ワンピース)」が大規模コラボ!世界観を再現したスタンプラリー開催中!

以前から話題になっていた京都市と人気アニメ「ONE PIECE(ワンピース)」のコラボイベント「京都麦わら道中記〜もうひとつのワノ国〜」が、京都市内の観光地をスポットとした大規模なスタンプラリーが10月7日~22日までの期間、実施されます。また嵯峨野にある大覚寺ではコラボアートイベントも開催中です!
10月8〜10日「太陽と星空のサーカス in 京都梅小路公園」開催!ハイセンスなショップにイベント・ワークショップが目白押し【イベント】

10月8〜10日「太陽と星空のサーカス in 京都梅小路公園」開催!ハイセンスなショップにイベント・ワークショップが目白押し【イベント】

昨秋にご紹介した「太陽と星空のサーカス in 京都梅小路公園」がこの秋も開催されます!毎回人気で、回を重ねるごとに来場者数が増えているこのイベント。家族みんなで楽しめますのでこの週末出かけてみてはいかがですか?
【イベント】京都タワーサンドで約30種類のクラフトビールを堪能!(7月4日~7日まで)

【イベント】京都タワーサンドで約30種類のクラフトビールを堪能!(7月4日~7日まで)

7月4日~7日までの期間限定で京都タワーサンドB1階でビアフェスが開催されます。約30種類のクラフトビールが楽しめます。
あふれだす贅沢感!匠のクラシックオムライス「西洋酒樓 六堀」【京都駅エリア】

あふれだす贅沢感!匠のクラシックオムライス「西洋酒樓 六堀」【京都駅エリア】

五条堀川近くのカジュアルフレンチ。六堀のオムライスは幸福時間へ貴方を誘います。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Kyotopi 編集部 Kyotopi 編集部