2020年10月3日 更新

糖質制限、ダイエット中の方、注目!ノーシュガースイーツが楽しめるカフェ「シンレス・ノーシュガー・カフェ」オープン

シンガポール初、日本で初めての、お砂糖を使わない健康を考えたカフェがオープン。イートインとテイクアウトの両方に対応、日替わり低糖質ランチセットやノーシュガーのシーツ、自然派のフランス産紅茶が専門店ばりに揃うお店です。

ノーシュガースイーツが楽しめる

 (192602)

烏丸御池近辺を散策中に、偶然見つけた本日(2020年10月2日(金))NEW Openのカフェ『Sinless cafe』。no suger cafeの看板が気になって、入ってみました。
 (192603)

ショーケースに並ぶ美味しそうな焼き菓子やケーキ類。よく見るとグルテンフリーの文字とともに糖分3.8gなどの文字が! 自分でお菓子を作ったことのある人ならわかると思いますが、ちょっとしたケーキを作るのにも砂糖の量は、スプーンでささっとすくえる量じゃなくて山です。なので、こちらのお菓子の糖分の少なさは想定外です。
 (192604)

キャッチコピーは“甘さそのまま、糖質、罪悪感限りなくゼロ!”

店名『Sinless』のSinの意味は、罪。スイーツを食べた満足感はそのままに、罪悪感は限りなくゼロです。
店主の阪本さんはパティシエール、栄養士、低糖質料理家の3つの肩書きを持つマルチな料理人。だから糖質の量もしっかりと明記できるんですね。
 (192605)

テイクアウトとイートイン、どちらも楽しめますが、今回はイートイン。
イートインスペースは、コロナ禍でも、安心のテラス席。
 (192608)

選んだティラミスパフェは、テイクアウトなら780円。ケーキセット(1500円)でも選べます。低糖質でグルテンフリー&Low G1。(Low G1は食後血糖値の上昇が少ないので、糖尿病の人でも食べてもokかな?という食品)
 (192612)

生クリームをひとさじ舐めた時点で、「罪悪感ゼロ」ってココロの中で叫びました。そのくらい甘さを感じない生クリーム。
 (192606)

セットのお茶もかなりの種類から選べます。フレーバーティーも自然派の香りとのこと。個人的に香りの強すぎるフレーバーティーを飲むと気分が悪くなるので、チェック。
 (192614)

このポット、なみなみと紅茶が入っていて、大盤振る舞い。やんわりした記憶ではカップに4杯分ほど飲んだように思います。
 (192616)

こちらが、糖分3.8gのダブルNYチーズケーキ。糖分を抑えているからなのか、チーズの濃厚なコクが口の中いっぱいに広がる贅沢な味わい。とってもよいです。
体型維持を気にしている女子はもちろん、健康のために糖質制限している方にもぴったりのカフェ。周りに糖尿病で食べるものを制限されている人がいたら、教えてあげてください!栄養士の資格も持つパティシエールさんに相談しながら、たまにはストレス解消にLow G1のお菓子を食べてみてもよいかもしれないです。

基本情報

店名:Sinless NO SUGER CAFE(シンレス・ノーシュガー・カフェ)
住所:京都市中京区東洞院通り二条下る瓦之町384
電話:075-256-0033
14 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

こにこに こにこに

オススメの記事