2020年1月18日 更新

話題の珈琲ツアーに新コース登場!【まいまい京都】絶品珈琲屋めぐり「北白川編」

トラベリングコーヒーの牧野さんがガイドを務める人気の「まいまい京都」珈琲ツアー☆新しいエリアでの開催という事もあり、さらに高まる人気ぶりで予約殺到☆急遽追加ツアーも開催もされました♪

~哲学の道、邸宅街、元美術学校が焙煎所!スペシャルティな珈琲空間~

 (174129)

京都ミニツアー「まいまい京都」は、京都の住民がガイドを務め、京都人でもあまり知られていないマニアックで奥深いところを紹介する事で人気のミニツアー。

たくさんのツアーがある中で、トラベリングコーヒー店主の 牧野広志 さんがガイドを務める「コーヒー店めぐり」ツアーは毎回大好評で、高倍率の抽選に当たらないと参加できないほどの人気ぶりです。

今回は初めて企画されたエリア「北白川編」ということでさらに人気集中。
申込数記録を更新する勢いで、急遽追加ツアーも実施されました。

そんな今回のツアータイトルは、
~哲学の道、邸宅街、元美術学校が焙煎所!スペシャルティな珈琲空間~

1軒目 DRIP & DROP COFFEE SUPPLY 銀閣寺店

 (174130)

銀閣寺近くの白沙村荘前に集合、最初に牧野さんから最新のコーヒー事情などの話をお聞きしてスタート。

1軒目、白川通今出川のDRIP & DROP COFFEE SUPPLY 銀閣寺店へ向かいます。
 (174131)

こちらには2018年JLACラテアートチャンピオンの林 伸治さんがいらっしゃいます。

もちろんその技を披露いただきます♪
 (174137)

 (174138)

これ凄くないですか?!
ラテアート用のピック使わずに、フリーポア(ミルクピッチャーの注ぎ方だけで絵柄を描くこと)だけでこの表現力。
チャンピオンの技に皆感動!
 (174132)

 (174139)

 (174135)

皆さんでいただく試飲用のミニカップにもそれぞれラテアートを描いていただきました。

ある意味レアなカフェラテですね♪
 (174134)

 (174192)

 (174140)

コーヒー豆を選ぶだけでなく、抽出方法(エスプレッソ、フレンチプレス、ペーパードリップ、エアロプレス)を選べるのがこちらの特徴。
さらにミルクのタイプも選べるのが凄いです。

自分好みでカスタマイズしたい方にはピッタリ。
もちろん、よく分からない方は「美味しいコーヒー下さい」で良いんです。
自分に合うコーヒーを導き出してもらえますよ♪

https://kyotopi.jp/articles/ieGNH
 (174191)

2軒目銀鶴堂

 (174181)

白川通から銀閣寺方面へ戻ります。
 (174182)

 (174183)

2019年の6月にリニューアルオープンした「銀鶴堂」

銀閣寺のほど近く、昔ながらのお土産屋さんが立ち並ぶエリアですが、ひときわお洒落なセレクトショップです。
京都にこだわらず、全国から選りすぐりの感度の高い商品が並びます。

牧野さんはこちらで提供されるコーヒーの監修もされています。

https://kyotopi.jp/articles/Sx94S

 (174184)

 (174189)

 (174190)

こちらで一番人気の「Sour」プロデュースの抹茶ラテをいただきました。

「YUGEN」の抹茶に「JEREMY&JEMIMAH」の綿菓子。

こちらもミニカップでの提供でしたがレギュラーサイズの魅力を再現していただきました♪
 (174237)

 (174188)

 (174185)

 (174186)

 (174238)

毎日この場所で焼かれるパンや焼菓子が盛りだくさんに並びます。

このエリアでバターの甘い香りが漂うのは意外性もあってとても魅力的です♪

3軒目 珈琲焙煎所旅の音へ

 (174193)

3軒目へはちょっと長い距離歩きます。
北白川は、牧野さんのかつてのホームでもあり、界隈には裏話もたくさん(笑)
 (174240)

 (174241)

ワールドコーヒー白川本店前にて。
京都の大手チェーン店の老舗です。
このバブル期全盛期を思わせる建物ですが、今もなお当たり前に人気を維持されているのが京都のコーヒー文化の象徴でもありますね。
 (174242)

 (174244)

京都大学の施設「東アジア人文情報学研究センター」
登録有形文化財です。
日時計が珍しいですね!
 (174249)

 (174245)

京大グラウンド横にて
牧野さんのアメフト部スパイ疑惑事件とか(笑)
 (174246)

バブルの遺産的建物もこのあたりではちらほら。
 (174247)

 (174248)

 (174250)

御蔭通り。
エンジュの街路樹がアーチ状に茂るさまを表現してるとこですね(笑)
 (174251)

銀閣寺前からブラブラ歩いて1kmちょっと、3軒目の珈琲焙煎所旅の音さん。
 (174252)

元美術学校の校舎、という魅力的な施設の1室を使われたお店です。

施設全部使って開催される人気イベント「旅のマーケット」はこの旅の音さんの主催です。
 (174253)

 (174254)

まずウエルカムドリンクということで、カスカラシロップのソーダ割りをいただきました。

カスカラとはコーヒーの果肉を乾燥させたもので、ちょっと珍しい食材。
最初からいきなり興味深いですね!
 (174331)

コーヒーは、店主北辺さんが自ら取り組む、大手農園ではなく品質にこだわる小規模生産者から仕入れる豆。
その中から今回はミャンマーの豆をいただきます。
 (174332)

 (174329)

コーヒーと一緒にいただくのは七條甘春堂さんとのコラボで作られた「コーヒーゼリーの花ようかん」
見た目も華やかなコーヒーのお供です。
 (174330)

 (174333)

「MAMEBACO(マメバコ)」という昔ながらのタバコ屋さんをイメージした約1坪のコーヒースタンドはこちらの2号店。
人気イベントをはじめ、新たな取り組を次々仕掛ける北辺さん。
今後も見逃せない人物です♪

4軒目 OPEN DOOR COFFEE

 (174335)

4軒目へ向かう途中、疎水沿いの「銀月アパートメント」。

大正時代の建物だそうで、さすがに雰囲気満点。
 (174336)

 (174339)

 (174337)

最後の4軒目は、東鞍馬口通り沿いのOPEN DOOR COFFEEさん。

店名の通り、誰にでも優しい、気軽に本格的なコーヒーを楽しんでもらおうというコンセプトです。

https://kyotopi.jp/articles/yQkio
 (174338)

 (174340)

 (174341)

こちらでは、ちょっと珍しいエアロプレスという抽出方法で淹れていただきます。

豆は今年の焙煎世界チャンピオンのエチオピア ウォレカ!
 (174344)

 (174345)

このエアロプレスも世界大会の部門の一つになっていますから、繊細なレシピを厳格に守る必要があります。
 (174346)

浅煎りのエチオピア ウォレカ。
色もさることながら、これがコーヒーと言われなかれば分からないかも知れない苦味のなさ、フレッシュな酸味。
 (174347)

 (174352)

 (174349)

言わば最新のトレンドのコーヒーをいただいた訳ですね。

このお供に、こちらの人気メニュー「スコーンサンドアイス」のバニラを。

これ、一見食べ難そうですが、スコーンに絶妙なしっとり感があって、かつぽろぽろ崩れず食べやすい!
 (174351)

この場所でお開きに。

今回のツアーも見どころ盛りだくさん、笑いの絶えない楽しいツアーで皆さん大満足でした。

2020年も新しいコースを計画中だそうです。
楽しいツアーはまだまだ続きます ♪
 (174350)

まいまい京都珈琲ツアー【北白川編】 基本情報

[ツアータイトル]  ※ ツアーは終了しています

【珈琲・北白川編】トラベリングコーヒー牧野さんと絶品珈琲屋めぐり
~哲学の道、邸宅街、元美術学校が焙煎所!スペシャルティな珈琲空間~

■開催日時   
2019年12月7日(土)9:30~12:00頃
(今回は特に申し込み多数のため、12月21日(土)にも追加ツアーが開催されました)

■コースルート
【距離:3.2km】白砂村荘前 → 1.銀閣寺界隈(1軒目) → 2.哲学の道界隈(2軒目) → 3.元田中界隈(3軒目) → 4.造形大界隈(4軒目) → (解散)

■参加費用
4,500円(保険料含む) 
※中学生以下は、保護者同伴に限り参加費用不要 

■定員
15名(要予約)

■詳細  https://www.maimai-kyoto.jp/


★ 今後のツアー予定

2月1日(土)  【珈琲・四条編】トラベリングコーヒー牧野さんと絶品・朝の珈琲屋めぐり
        ~噂のパワーモーニング!路地裏の隠れ家スタンド、日本一のバリスタを訪ねて~

     ※(既に満員御礼・受付終了)

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

千恋し 千恋し