2017年9月17日 更新

【京都ぶらり散策】囲碁好きの聖地!囲碁の三大タイトル戦『本因坊』の発祥地【寺町】

寺町通二条上がった辺り。ちょうど老舗茶舗・一保堂のあたりにあるモニュメント。囲碁好きの人には聖地的場所。囲碁の三大タイトル戦名『本因坊』もここから来てるんだとか。

囲碁界では有名な『本因坊戦』の語源となる場所

 (95080)

寺町通。天正17年(1589)頃 豊臣秀吉の都市計画により洛中の寺院が集められたことに由来し、この名がつけられました。

おなじみの老舗茶舗・一保堂。
 (95081)

そのすぐ近くにこんなモニュメントが。ちゃんと足をとめて見たのは初めて。
 (95083)

戦国時代、ここにはもともと「寂光寺(じゃっこうじ)」というお寺があり、1708年の宝永の大火が原因で左京区に移転。その寂光寺・塔頭のひとつに「本因坊」があった場所。

そして、その本因坊には囲碁の名人だった僧侶・日海(にっかい)がいました。日海は戦国三大武将の織田信長、豊臣秀吉、徳川家康に囲碁を指南したほどの名人。

さらに家康の時代には幕府の碁所(ごどころ)を任され、本因坊算砂(ほんいんぼうさんさ)と改名。本因坊の名は囲碁界で家元(本因坊家、井上家、林家、安井家)となり、世襲制に。
 (95085)

第21世の秀哉(しゅうかい)は、真の実力者が本因坊を名乗るべきとしてその名跡を日本棋院に譲り渡し、昭和11年(1936)、今なお続く選手権制の「本因坊戦」が誕生。
 (95084)

こちらには碁盤のモニュメントがあるんですが、2009年(平成21年)1月10日の打ち初め式が行われ、今村俊也九段と滝口政季九段によって、実際ここで碁が打たれたそうです。

私自身、そんなに囲碁に詳しいわけではありませんが、ここがそんな歴史的場所であったとは。まだまだ知らない世界が京都にはあるんだなぁと。奥が深い。

本因坊 へのツイート

詳細情報

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都マニアック通り】平安京の大動脈・朱雀大路があった南北を走る通り☆「千本通」前編

【京都マニアック通り】平安京の大動脈・朱雀大路があった南北を走る通り☆「千本通」前編

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は市内南北を走る古い歴史ある通り。そして、かつて平安京の中央道・朱雀大路をも含んだ通り。北から南の端まで意外と長距離の千本通をめぐってきました。その前編。
【京都名石めぐり】三条京極界隈のランドマーク石!町名にもなった弁慶遺愛の石「弁慶石」

【京都名石めぐり】三条京極界隈のランドマーク石!町名にもなった弁慶遺愛の石「弁慶石」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は三条京極界隈のビル街にある弁慶ゆかりの名石。そのまま町名にも使われ、不思議な伝説の石。
【京都史跡めぐり】豊臣秀吉の政治拠点だった城跡!お堀もあり元祖二条城との異名も☆「妙顕寺城跡」

【京都史跡めぐり】豊臣秀吉の政治拠点だった城跡!お堀もあり元祖二条城との異名も☆「妙顕寺城跡」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は戦国武将・豊臣秀吉ともゆかりが深く、元祖二条城とも呼ばれた城跡。
【京都街角ぶらり】新京極通りの七不思議のひとつ!かつての平安京がよみがえる☆「たらたら坂」

【京都街角ぶらり】新京極通りの七不思議のひとつ!かつての平安京がよみがえる☆「たらたら坂」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は新京極通りの七不思議とも言われている通称『たらたら坂』。かつての平安京の様子がよみがえる、突如現れる小さな坂。
【京都史跡めぐり】平安京・大内裏で最も巨大だった南門!千本通沿いにひっそり石碑残す☆「朱雀門跡」

【京都史跡めぐり】平安京・大内裏で最も巨大だった南門!千本通沿いにひっそり石碑残す☆「朱雀門跡」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回はJR二条駅前からスグ。平安時代の都・平安京の大内裏(平安宮)の羅城門とつながる南門。その跡地にある石碑。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers