2017年4月19日 更新

【京都円町】京都イチのだるまが並ぶお寺!!空前のだるまブームに便乗観光!!通称・だるま寺「法輪寺」

今年はだるまがキテます(笑)今年に入ってからだるまをモチーフにしたグッズや服飾品がいろいろ業界で展開されてます。そこで、これはブームに便乗しないと!ということで、通称・だるま寺「法輪寺」へ行ってきました。

だるまだらけの節分祭でおなじみのお寺

 (77500)

西ノ京円町の交差点より北にある、通称「だるま寺」と呼ばれる法輪寺。1727年(享保12)万海が創建。臨済宗妙心寺派のお寺。節分祭では境内にあるおびただしい数のだるまが展示され、その光景がなんとも独特な世界観で注目を集めています。
今回は映画『夜は短し歩けよ乙女』の観終わった帰り道。映画の中でもだるまがよく登場してたんですが。そういえば、最近だるまブームやなぁ~と便乗してこちらへ(笑)
 (78001)

街の雑貨店でこんなだるまモチーフの小物見つけたり・・・
 (78002)

活動再開、ゲスの極み乙女のニューアルバム『達磨林檎』もジャケットでだるま推し。いろんなところでアレンジだるまを見かける昨今。
 (77502)

で、本題にもどって法輪寺境内。すでに達磨堂からだるまがチラリズム(笑)
 (77503)

いろんなのがあります。三国随一という起き上がりだるまを中心に全国から集まった千変万化のだるまがズラリ。
 (77504)

こんな御札まみれなだるまやら
 (77505)

だるまタワー的な(笑)
 (77507)

寒い地域出身のだるまなのか(笑)フモフモだるまさん
 (77506)

よくよく観察すると、いろんなタイプのだるまが
 (77509)

もちろん中央に達磨像が鎮座

衆聖堂にはキネマ殿も

 (77501)

こちらは先代の住職が建てられたという、ちょっと中華風な衆聖堂。本堂、茶室、庭園すべて含めて拝観料300円。
29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

円町の法輪寺・通称「だるま寺」の節分祭はだるまだらけ!この時だけの「だるま焼」にも注目【祭事】

円町の法輪寺・通称「だるま寺」の節分祭はだるまだらけ!この時だけの「だるま焼」にも注目【祭事】

早いもので2月3日は節分。市内あちこちで節分祭が行われますが、円町の法輪寺で行われる節分祭をご紹介します。 こちらは別名だるま寺として有名で、その名の通り所狭しとだるまが並び大いに賑わいます。
【南禅寺】京都人気紅葉名所!2017カウントダウン開始!!小さい秋の気配をパトロール☆

【南禅寺】京都人気紅葉名所!2017カウントダウン開始!!小さい秋の気配をパトロール☆

京都人気紅葉スポットの南禅寺。朝晩の涼しさもすっかり秋の様相。そこで、まだまだピークは先ですが、小さい秋の気配を探しに行ってきました。
【京の夏の旅】幻の『銅閣寺』を今だけ特別公開!閣上からの絶景も必見!!「大雲院・祇園閣」【京都東山】

【京の夏の旅】幻の『銅閣寺』を今だけ特別公開!閣上からの絶景も必見!!「大雲院・祇園閣」【京都東山】

現在、京都市観光協会主催で『京の夏の旅』と題して、普段未公開のスポットをこの夏限定で観光できる企画が絶賛実施中。その中でも前々から気になっていた高台寺近くにある大雲院・祇園閣に行ってきました。
【京都御苑内】日本の伝統工芸の技を結集!贅を尽くした究極のおもてなし施設一般公開「京都迎賓館」

【京都御苑内】日本の伝統工芸の技を結集!贅を尽くした究極のおもてなし施設一般公開「京都迎賓館」

京都御所を参観した流れで、同じ京都御苑内にある京都迎賓館も見学。京都御所とは対照的に現代に生きる伝統工芸作家の技を結集した名宝の数々。
事前申し込み不要!通年公開で手軽に無料参観!!外国人観光客にも人気☆「京都御所」

事前申し込み不要!通年公開で手軽に無料参観!!外国人観光客にも人気☆「京都御所」

以前は期間限定参観で、事前に申込みが必要だったりと、いろいろ手続きが面倒だった京都御所参観。昨年から通年公開、しかも手続き要らずで便利に。そして、もちろん無料です(笑)

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers