2016年2月9日 更新

北野白梅町*円町の伝説!絶品[赤][白]ラーメンの「麻阿悟」が「まあご」として復活【ラーメン】

円町の伝説!?「赤」「白」ラーメンが名物だった「らーめん家 麻阿悟」。

17年の営業の末今年1月に惜しまれつつ閉店されましたが、北野白梅町で「らーめん家 まあご」として装い新たに営業されているのをご存知ですか?
 (8510)

イタリアン?カフェ?みたいなかわいいお店

 (8513)

今出川通りに面したこちら。小さい店内ですが、茶×白×赤にちょこっと黄色でかわいい店内。グリーンもいっぱいで何気にナチュラル風味。
トマトのミニチュアがあったりディスプレイもオサレだし、メニューの看板もなかなかセンスよくて、ちょっとしたイタリアンやカフェのよう。円町時代とはだいぶ雰囲気が異なっていて、知らなければラーメン屋さんとは思えません。
 (8515)

名物ラーメン、赤と白!

 (8517)

こちらの名物は、何と言ってもトマトベースの「赤」と牛乳ベースの「白」のそれぞれのラーメン。一見キワモノ系なのですが、これがおいしくて実はファンが多かったりします。
円町ではこのラーメンを食べながら、イタリアンの一品メニューとともにワインをたしなむ…というのがファンの楽しみだったそうですが、リニューアルされてからはほとんどの一品とワインがなくなり、惜しむ声があちこちで聞かれます。

赤を食べてみました

おいしいと聞いていても、想像できそうでできない味や食感にどうしてもおそるおそるになります(笑)。でもせっかくなので赤をいただきました。
ランチタイムは4種のランチセットがあり、その中からCをチョイス。好きなラーメン+180円で、ライスとベシャメルコロッケがつくお得なセットです。
 (8521)

噂には聞いてましたがホンマにトマトゴロゴロ入っていて赤い!豚バラの風味もgood!そしてセロリがかなり主張してきます!(笑)
酸味が強いかと思いきや、それなりにあるけど塩辛さもきちんとあり、スープをぐいぐい飲むと喉に辛さが残る感じ?
酸味だけじゃなくて、爽やかとも青臭いとも取れるセロリが案外いい仕事してます。シャキシャキ言わせながら食べるのなんかが思いの外よくて、思ってたより全然おいしいです。

クセがあるし好みがはっきり分かれそうな印象ですが、個人的にはかなりいいバランスで気に入って、調子に乗ってスープほとんど飲み干してしまったほど。細めな麺も好みです(も少し固めだとさらに好み)。 オプションでパルメザンチーズがトッピングができるようになっていて、入れるとコクが出ておいしいそうですよ。
 (8523)

そしてベシャメルコロッケも絶品でした。ベシャメルって実は何か知らなかったのですが、牛乳で作った白いソース…ホワイトソースなんですね。
ホワイトソースコロッケ的な?カニクリームコロッケのカニ入ってない的な?(笑)
とろっと柔らかくて、くどすぎずあっさりしすぎずで美味。トマトソースと相性バツグンでした。
単品で注文も可能で、円町時代から残る数少ない一品メニューです。
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

生ビール240円!コスパ最強の立ち呑み屋「BOND(ボンド)」京都・北野の繁盛店

生ビール240円!コスパ最強の立ち呑み屋「BOND(ボンド)」京都・北野の繁盛店

北野・西陣エリアの繁盛店「立ち呑み BOND(ボンド)」さん。生ビールは240円、お造りは240円からとビックリするコスパの立ち呑み店。自宅の近所に欲しすぎるお店です。
仙人が住むカフェ?一滴入魂★ネルドリップ★壺中珈琲店(こちゅうこーひー)【西陣カフェ】

仙人が住むカフェ?一滴入魂★ネルドリップ★壺中珈琲店(こちゅうこーひー)【西陣カフェ】

西陣の住宅街に紛れた超個性派コーヒー専門店。画家さんの手から生まれた仙人達が戯れるとびきりアートな空間。自家焙煎、ネルドリップ方式とコーヒーにこだわる熱い魂を感じざる得ない感動の一店。
【京都北野天満宮】いつ参拝するか?今でしょ!入試直前に京都最強の学問の神へ合格祈願☆

【京都北野天満宮】いつ参拝するか?今でしょ!入試直前に京都最強の学問の神へ合格祈願☆

ちょっとタイトル古めな表現はご容赦ください(笑)もう近々。入試直前。最後はやはり神頼み!ということで、京都最強の学問の神・菅原道真公をお祀りする北野天満宮へ行ってきました。
北野白梅町*上質なモノを長く使いたい・・「musubimé(ムスビメ)」で出会うセンスいい文具や日用品【雑貨】

北野白梅町*上質なモノを長く使いたい・・「musubimé(ムスビメ)」で出会うセンスいい文具や日用品【雑貨】

北野白梅町、天神さんの近くにシンプルだけど素敵な雑貨屋さん「musubimé(ムスビメ)」があるのをご存知ですか?文具や日用品を中心に、キッズグッズや洋服まで。今回はそんなこちらをご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

デブ子デラックス デブ子デラックス