2019年3月19日 更新

醍醐 シーズン真っ只中。秀吉も愛した桜満開の世界遺産「醍醐寺」 

世界遺産の醍醐寺に行ってきました。シーズン真っ只中ということもあり、大変な賑わいです。

秀吉が愛した花の醍醐

観月橋から山科あたりはいつも車の渋滞がひどいのですが、今は桜シーズンなのでさらに人が多いので、電車での移動をおすすめします。

最寄り駅は、地下鉄 醍醐駅で、徒歩五分といったところでしょうか。
醍醐寺自体に用意されている駐車場も少なめなので、近隣の駐車場を使うことになると思います。

ただ醍醐寺の駐車場に、京阪バスが止まるのでバスを利用するのもありです。
 (16989)

こちらは醍醐寺の総門。平日でしたが、この日も観光客の方々でいっぱい。
 (16988)

 (16992)

 (16993)

 (16994)

約800本の桜が境内を彩ります。圧巻の迫力です。

秀吉が愛したのも納得の美しさです。

三宝院奥には休憩スポットが

 (16997)

 (16999)

さすがシーズン真っ最中ということもあり露店もでて大賑わい。
 (17000)

 (16998)

椅子も用意され、散策に疲れたら少し一休みできます。お茶タイムにいいですね。

京都には桜の名所も多くありますが、醍醐寺は少し別格の美しさです。
時代を超えて愛される理由がわかります。

ぜひ、お越しください。

醍醐寺へのクチコミ

醍醐寺 概要

・名称
醍醐寺
・住所
京都市伏見区醍醐東大路町22
・拝観時間
9:00~17:00
・拝観について
http://www.daigoji.or.jp/guide_fee.html

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン