2018年3月28日 更新

京都パン屋めぐり34 こだわりパンが素朴にキラリ☆ザ・町のパン屋さん 千本丸太町 「ラ・モワッソン」

パン屋めぐり、本日は千本丸太町「 ラ・モワッソン」へ行ってきました!

「手間ひまかけるほどおいしくなる」こだわりのパン作り

 (84020)

千本丸太町から西へ、七本松交差点前にあります。焼きたてパンの看板が目印の、ザ・町のパン屋さんな雰囲気。
店名のラ.モワッソンは「小麦の収穫期」という意味。大地の恵みをなるべく自然のままで届けたいという思いのもと、小麦はすべて北海道産の国産小麦、よつ葉バター使用、ショートニング・イーストフード不使用、フィリングは手作りなどなど、加工品や添加物に頼らないパン作りをされてます。
 (117515)

 (117514)

 (84023)

 食パンサンドの他にもバケットサンドにベーグルサンド、ハンバーガーもあります。いわゆるおしゃれパン屋さんにはない素朴な定番パンと、それでいて使っている具材はおしゃれなものだったりしてなんとも個性的。
 (117517)

 デニッシュパンやおやつパンもあります。あんぱんは定番ものの他に季節のあんぱんが。3~4月初は桜あんぱんです。お花見のお供に♪
 (84022)

 (117516)

 (84024)

 プライスカードについているべジパンマークは卵・乳製品不使用の目印です。アレルギーやべジの方には嬉しいラインナップですね。ハード系ももちろんおいしいのですが、わたしのオススメはひじきのフォカッチャです。あっさりしていて食べやすく、手軽に鉄分補給もできますよ◎

 天然酵母の田舎パンと自慢のカレーパンをテイクアウト☆

 (118435)

 レーズン酵母でゆっくり発酵させて焼き上げた田舎パンは、ミネラル豊富な全粒粉を使っているので小麦の美味しさがじっくり味わえます。スープにぴったり合いますよ◎
 (117710)

 初めていくお店でカレーパンがあればついつい買ってしまいます。こちらのカレーパンは見た目のフォルムが美しく、フィリングは玉ねぎと牛ミンチを合わせただけのシンプルなキーマカレーです。もっと濃厚かと思いましたがあっさりでそんなに辛くなく、衣もカリッとタイプではなくサクッとタイプでもたれない、これもまた個性的。美味しい。

昼すぎに来店しましたが、人気の絹食パンは売り切れてました。次回リベンジ! 朝7時半からオープンしてるので通勤通学前に寄れるのも嬉しい。とにかく味がシンプルで、どれも普段使いできそうな値段、近くに住んでたら毎日でも通いたくなる、そんな理想のザ・町のパン屋さんです☆

ラ・モワッソン  クチコミでの評判

ラ・モワッソン 基本情報

名称
ラ・モワッソン
住所
京都府京都市中京区聚楽廻西町183
営業時間
7:30~19:00
定休日
月曜日

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

omikan omikan