2018年3月31日 更新

祇園で手軽に寿司を!深夜3時まで2軒目使いにも「鮨処 音羽 京都祇園店」

祇園でリーズナブルに美味しいお寿司が頂ける「鮨処 音羽 京都祇園店」。ランチ営業はありませんが、深夜3時まで営業されていて、2軒目・3軒目にも使える便利なお店です。

深夜まで!祇園でリーズナブルに寿司を

 (119485)

祇園、縄手通りに大箱の大衆寿司店「音羽」です。祇園東側には東山店があります、また大阪の歓楽街、北新地にも4店舗あり、夜の街では欠かせない寿司店です。他に回転寿司店も運営されている大手のチェーン店です。
ランチ営業がない変わりに、深夜3時まで営業されています。
 (119487)

寿司屋さんのカウンター席がメイン、手前と奥にカウンターが2列あります。
夜がふけてくると、さらににぎわってきます。
 (119488)

目の前にはネタケースだけではなく、水槽もあり。
水槽の中には車海老がおりました。
 (119642)

寿司メニューはこちら。
1貫130円から430円までがメインのゾーンになります。
大トロは1000円!!
 (119643)

天ぷらメニューは、その日のオススメのものを。
また焼き物など、一品メニューもありました。
 (119486)

まずはおつきだしから。ビールもセットでいただきます。

にぎり、天ぷらや焼き物などの一品ものなど、色々考えましたが、
お手頃な、中にぎり(1600円)を注文しました。
ちなみにお値打ちにぎりは1050円と、結構リーズナブル。
 (119489)

中にぎり(1600円)はこちら。
にぎりが6貫、鉄火巻という盛り合わせ。
にぎりは、イカ、まぐろ、はまち、サーモン、海老、いくらでした。
 (119490)

一部のお寿司をご紹介。

まずは、まぐろ。定番のネタですね。
 (119492)

プチプチと旨味がはじける、いくら。
こちらも欠かせない、ネタですね。
 (119491)

追加で頂いた、うなぎ。ふっくらと柔らかく、甘いタレが効いています。
最近、うなぎ不漁のニュースを時々聞きますが、それは困ります!!

祇園のこの立地で、リーズナブルに美味しいお寿司が頂けます。
深夜3時まで営業しているので、2軒目・3軒目使いにもいいですね。

鮨処 音羽 京都祇園店 クチコミでの評判

鮨処 音羽 京都祇園店 店舗情報

店名:鮨処 音羽 京都祇園店
住所:京都市東山区四条大和大路通り四条上常磐町151
電話番号:075-531-0077
営業時間:18:00~翌3:00
定休日:日曜、祝日
関連ページ: http://sushidokoro.otowa.ne.jp
16 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【新店】京都祇園の深夜族御用達!呑んだ後の〆にやさしい魚介系ラーメン☆「メントメシ ザコヤ」

【新店】京都祇園の深夜族御用達!呑んだ後の〆にやさしい魚介系ラーメン☆「メントメシ ザコヤ」

今年1月にオープンした雑魚やグループの新店。夜の街・祇園にふさわしい、深夜営業店。呑んだ後の〆にうれしい魚介系ラーメンは身体にやさしい味わい。ハシゴ酒の〆に行ってきました。
【京都お寺めぐり】にぎやかな祇園四条通の穴場寺!目にまつわる霊験あり☆「仲源寺」

【京都お寺めぐり】にぎやかな祇園四条通の穴場寺!目にまつわる霊験あり☆「仲源寺」

華やかな祇園四条通の商店街にある穴場的お寺。眼病にまつわる霊験あり。かつては鴨川の氾濫を鎮める地蔵尊も安置。
【保存版】京都オススメの鯖寿司!京都の祭りシーズンには欠かせない必須フード☆【厳選6店】

【保存版】京都オススメの鯖寿司!京都の祭りシーズンには欠かせない必須フード☆【厳選6店】

現在秋祭りシーズンまっさかりの京都。京都の祭りシーズンに欠かせない必須うフード・鯖寿司。昔は鯖寿司を家庭でつくって、祭りの際に振る舞われる習慣も。今回は美味しい鯖寿司が食べられるお店を集めました。
【京都ランチめぐり】祇園・絶品江戸前寿司の注目店!全てが本格派!!ハイクオリティな設えも☆「祇園 鮨 忠保」

【京都ランチめぐり】祇園・絶品江戸前寿司の注目店!全てが本格派!!ハイクオリティな設えも☆「祇園 鮨 忠保」

京都祇園、花見小路を東に入った昨年4月オープンの本格江戸前寿司が食べられるお店。すでに注目店でSNSやグルメサイトでも話題のお店。ランチで行ってきました。
【京都発酵食品めぐり】超有名老舗鯖寿司店の発酵珍味!京都製なれずし☆祇園石段下「いづ重」

【京都発酵食品めぐり】超有名老舗鯖寿司店の発酵珍味!京都製なれずし☆祇園石段下「いづ重」

京都で数ある鯖寿司の名店の中でも筆頭と呼び声高いお店。祇園にある創業100年以上の寿司店。鯖寿司以外の寿司ももちろん美味しいわけだが、中でも知る人ぞ知る発酵珍味があるということで食べてみました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン