2019年5月11日 更新

ふくよかに香る濃い緑の よもぎ餅が凄く美味しい☆京菓子司「笹屋春信」

「よもぎ餅といえばココ!」と噂を聞いて訪れた京菓子司「笹屋春信」。ふくよかに香るよもぎと大納言小豆の餡がなんとも美味しいよもぎ餅は 期間限定、5月いっぱいまで楽しめます☆

5月いっぱいまで楽しめるとっても美味しいよもぎ餅

 (151454)

西京区 国道9号線を千代原口より東へ入ったところ、焼肉の天壇の一軒おいて東に京菓子司「笹屋春信」はあります。
 (151453)

外から見えるディスプレイにも 看板商品である よもぎ餅の案内があり よもぎ餅がますます食べたくなってきました。
 (151451)

様々な和菓子が並ぶ店内。
 (151450)

お抹茶にふさわしい 上生菓子もあります。
 (151449)

つつじ の上生菓子。他にもあやめなど季節に応じた装いで 目にも楽しませてくれます。
 (151448)

季節の和菓子、柏餅も特製味噌あん、こしあん、大納言小豆の粒あん、と選べるようになってます。
 (151447)

でも気になるのは 蓬をたっぷり使用したという よもぎ餅。「よもぎ餅といえばココ!」と噂を聞いた笹屋春信のよもぎ餅は三角のかたちをした特徴的なよもぎ餅です。
 (151446)

京菓子司 笹屋春信 では、春先に山野で手摘みした蓬をその日のうちに湯がいたものを保存し、餡にも手煉りの大納言小豆を使用するというこだわりのよもぎ餅なんです。
 (151455)

目にも鮮やかな深い緑とふくよかなよもぎの香り。きな粉もたっぷりかかっていて 食べると 柔らかな餅によもぎがたくさん練り込まれてるのがよくわかります。餡も甘すぎず上品な味わい。とっても美味しい☆
 (151738)

笹屋春信は暖簾分けを経て昭和44年よりこの桂の地に構えられたお店で 看板商品のよもぎ餅で知る人ぞ知る有名なお店です。この美味しいよもぎ餅は2月〜5月いっぱいまで期間限定で販売されています。また是非食べたい香り豊かなよもぎ餅でした☆

クチコミでの評判

基本情報

店名:京菓子司 笹屋春信
住所:京都市西京区桂乾町66-1
TEL.:075-391-4607
営業時間:9:00〜18:00
定休日:火曜日

関連する記事 こんな記事も人気です♪

昔ながらのおうどんとお出汁が懐かし、おいし!「福力食堂」

昔ながらのおうどんとお出汁が懐かし、おいし!「福力食堂」

ご近所の もとうどん屋さんに勤めていた方が 「あそこのおうどん美味しい!お出汁ちゃんとしてはる、いっぺん行ってみー」と教えてくださったのがこの「福力食堂」。平成ならぬ昭和にあった、おうどんを味わえる懐かしくも美味しいお店なんです。
【京都和菓子めぐり】朝から行列必至の名物豆餅は必食!季節の花見団子や柏餅も◎「出町ふたば」

【京都和菓子めぐり】朝から行列必至の名物豆餅は必食!季節の花見団子や柏餅も◎「出町ふたば」

おおきに~豆はなどす☆今回はいつも行列をつくる御饅頭屋さんとして知られる名店。豆餅はオールシーズン愛される京都を代表する和菓子の一つ。さらに今回は季節の和菓子もリサーチ。
【京都和菓子めぐり】伝統京菓子の歴史や文化を無料展示!御茶席も併設☆俵屋吉富「京菓子資料館」

【京都和菓子めぐり】伝統京菓子の歴史や文化を無料展示!御茶席も併設☆俵屋吉富「京菓子資料館」

同志社大学、地下鉄今出川駅にもほど近い場所にある老舗和菓子店・俵屋吉富の資料館。京菓子の歴史や文化がわかる無料の展示スペース。御茶席も併設されてお抹茶と和菓子もいただける。
【京都和菓子めぐり】縄文土器調の1100年前から不変デザインの唐菓子!!味も神秘的☆「亀屋清永」

【京都和菓子めぐり】縄文土器調の1100年前から不変デザインの唐菓子!!味も神秘的☆「亀屋清永」

縄文土器調は私の勝手な印象(笑)独特のビジュアルの和菓子。え!和菓子カテゴリーでいいの?と一瞬躊躇するほど。奈良時代から伝わり、1100年前から変わらないデザインの唐菓子(からくだもの)と呼ばれる独特の和菓子。
【京都和菓子めぐり】賞味期限20分間の絶品わらび餅名店の幻メニュー!期間限定白小豆ぜんざい「茶寮宝泉」

【京都和菓子めぐり】賞味期限20分間の絶品わらび餅名店の幻メニュー!期間限定白小豆ぜんざい「茶寮宝泉」

京都駅構内や下鴨神社境内にも店を構え、出来立ての絶品わらび餅が食べられることで有名なお店。大半の客がそのわらび餅を注文するわけだが、この時期限定の幻の白小豆ぜんざいがあるというので、あえてそれを食べに行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

葉月 葉月