2018年9月19日 更新

細見美術館で春画と妖怪画展を開催!2016年に大好評を博した企画展が超パワーアップ

岡崎の細見美術館でとってもエキサイティングな展示会が開催されます!それが「日文研コレクション 描かれた『わらい』と『こわい』展-春画・妖怪画の世界-」。春画?妖怪画?これは気になります…。開催期間は10月16日から12月9日まで。要チェックですね!

細見美術館と春画

「日文研コレクション 描かれた『わらい』と『こわい』展-春画・妖怪画の世界-」の会場となる美術館は、左京区岡崎にある細見美術館。

細見美術館では、かつて2016年にも春画展を開催。その際には大きな話題となり、8万人以上もの入場者を集め、同館の入場者数の記録を塗り替えた経緯があります。

展示作品はすべて日文研の蔵出し

今回、細見美術館で開催される「日文研コレクション 描かれた『わらい』と『こわい』展-春画・妖怪画の世界-」で、展示される絵巻物や版画などの絵画作品の約150点はすべて、日文研の所蔵による物。
 (133525)

日文研ではこれまで日本文化を写し出す資料として、日本絵画などさまざまな資料を収集。
その中には春画や妖怪画も多く含まれ、およそ20年にわたって収集された資料は、絵巻や版画などの約300点の妖怪画と、約400点の春画におよんでいます

展示会に先立って記者会見を開催

2018年10月16日よりで開幕となる「日文研コレクション 描かれた『わらい』と『こわい』展-春画・妖怪画の世界-」では、開催を前に所蔵元である日文研で記者会見を開催。
 (133527)

現所長である小松和彦氏や細見美術館の代表者である吉川右香氏などによる挨拶が行われ、一般公開に先立ち展示作品の一部となる9点が報道関係者に公開されました。

中でも注目となるのが「俳諧女夫まねへもん」と呼ばれる作品群で、仙薬を飲んで体を小さくした男女が、男女のさまざまな営みを覗いて色道修行をするという趣向の作品。今回の展示では初めて所在が明らかになった3つを含む4つの作品が展示されます。
 (133529)

また、妖怪と春画という組み合わせとして有名な蛸が女性に絡みついている構図の葛飾北斎「喜能会之故真通(きのえのこまつ)」なども公開されました。
 (133530)

※なお今回の「日文研コレクション 描かれた『わらい』と『こわい』展-春画・妖怪画の世界-」は、刺激の強い作品が多く含まれるため、18歳未満の入館は禁止となっております。予めご了承ください。

日文研について

「日文研コレクション 描かれた『わらい』と『こわい』展-春画・妖怪画の世界-」に作品を提供する日文研の正式名称は国際日本文化研究センターという大学共同利用の文化研究機関
http://www.nichibun.ac.jp/ja/

現在所長である小松和彦氏は、民間信仰や妖怪研究の第一人者で、日文研の名誉教授である早川聞多氏は、浮世絵や春画の研究者で、それぞれ多くの専門書を出版。

いわば今回の展示は日文研が誇る春画と妖怪画それぞれのエキスパートが収集した情熱の結晶の公開となっています。
 (133534)

記者会見で小松氏は、日文研では絵画を研究の資料として収集を行っており、美術品を展示するという側面やノウハウをもっていない。しかし、所蔵するだけで一般の人の目に触れさせない状態で保存するだけではもったない。そこで、今回のような美術館による展示で、多くの人の目に触れる機会があるのは素晴らしいとコメント。

また今回の展示内容について、春画と妖怪画はどちらも、いわばアンダーグラウンドなジャンルであり、しかしそれであるからこそ見える当時の人々の大衆的な暮らしがリアルに映し出されていて、見える部分もある。また、一見相反した要素である春画の妖怪という組み合わせのように思えるが、実は妖怪が登場する春画も多く、今回の展示にはピッタリとのこと。

いずれにしても専門家によるコレクションの競演。この展示会が面白くならないハズはない!

日文研からのアプローチ

このように大学の共同研究機関である日文研ですが、実は年に1回の一般公開デーが存在。
教員によるセンター施設案内や座談会などが開催されます。
2018年は11月23日が予定されています。興味のある方はぜひ。
 (133536)

また日文研では、所蔵する妖怪画をデータベース化。こちらはいつでも閲覧可能。
http://www.nichibun.ac.jp/YoukaiGazouMenu/

日文研コレクション 描かれた『わらい』と『こわい』展-春画・妖怪画の世界-の基本情報

会場名:細見美術館
住所:京都府京都市左京区岡崎最勝寺町6-3
開催期間: 2018年10月16日(火)~12月9日(日)
※展示替有り・再入場不可
休館日:月曜日
入館料:1,500円
TEL:075-752-5555
入場制限:18歳未満は入館禁止
アクセス:地下鉄東西線「東山」駅下りて北へ徒歩10分
市バス「東山二条・岡崎公園口」停留所から東へ3分
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

開館20周年記念展!京都が生んだ天才画家☆「はじまりは、伊藤若冲」展【細見美術館】

開館20周年記念展!京都が生んだ天才画家☆「はじまりは、伊藤若冲」展【細見美術館】

会期終了間近。岡崎にある開館20周年を迎える細見美術館へ。江戸時代中期、京都が生んだ天才画家・伊藤若冲の作品を中心に、館蔵の江戸絵画もずらり。行ってきました。
おちょこを片手に明治時代へタイムトラベル「岡崎明治酒場 | サケガーデン」

おちょこを片手に明治時代へタイムトラベル「岡崎明治酒場 | サケガーデン」

時をこえて、明治時代の京都へ。明治時代の幕開けから150年の記念すべき年に、京都・岡崎エリアでアートやロマンにあふれる催しの数々と、美味しいお酒・お食事を味わう大夜会が開かれる。 涼やかな夜風がよく通り、提灯の明かりに照らしだされた情緒あふれる空間で、粋な大人の夜祭りを体感しては。
【京都国立近代美術館】10年ぶり生誕150年記念大回顧展!全長40メートル超の日本一長い画巻全公開☆「横山大観」展

【京都国立近代美術館】10年ぶり生誕150年記念大回顧展!全長40メートル超の日本一長い画巻全公開☆「横山大観」展

すでに絶賛開催中の京都国立近代美術館「横山大観」展。平日でもかなりの混雑で、その注目度、人気度の高さがうかがえる展覧会。前後期と展示内容も変わる中、前期に行ってきました。
【京都GWイベント】全国から古本ファンが集結!国内最大の屋内古本市!!絶賛開催中「春の古書大即売会」

【京都GWイベント】全国から古本ファンが集結!国内最大の屋内古本市!!絶賛開催中「春の古書大即売会」

本日からスタートした京都勧業会館みやこめっせ開催中の「春の古書大即売市」。地元民はもとより全国から古本ファンが集い、初日から大フィーバー。その様子をご紹介します。
【京都国立近代美術館】美の巨匠ゴッホがいよいよ降臨!日本と縁深いゴッホワールド開幕☆展覧会「ゴッホ展~巡りゆく日本の夢」

【京都国立近代美術館】美の巨匠ゴッホがいよいよ降臨!日本と縁深いゴッホワールド開幕☆展覧会「ゴッホ展~巡りゆく日本の夢」

1月20日から京都国立近代美術館で始まるゴッホ展。すでに北海道、東京を巡回し、人気を博した展覧会。日本を愛し、日本に愛されたゴッホを探る展覧会がいよいよ開幕。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

けいたろう けいたろう