2018年2月22日 更新

開館20周年記念展!京都が生んだ天才画家☆「はじまりは、伊藤若冲」展【細見美術館】

会期終了間近。岡崎にある開館20周年を迎える細見美術館へ。江戸時代中期、京都が生んだ天才画家・伊藤若冲の作品を中心に、館蔵の江戸絵画もずらり。行ってきました。

開館20周年記念展の第一弾は若冲!

 (115880)

会期終了間近ながら、たまたま招待券を入手し、岡崎にある細見美術館へ。
じつは初訪問。以前、春画展の時に来ようと思いつつ、あまりの人気で美術館の外まで行列ができるほどで結局行けず(汗)
 (115881)

わりと新しめの美術館で、開館20周年だそうです。
それに伴い、現在その記念展が展開。その第一弾が今回の展覧会。なので、この後も記念展が続きます。
 (115884)

公益財団法人である細見美術館。1998年にここ岡崎にて開館。

日本の美術工芸のほとんどすべての分野・時代を網羅する収蔵品の中でも、平安・鎌倉期の仏教美術や室町期の水墨画、茶の湯釜、根来、桃山期の屏風や茶陶、七宝工芸、そして今回の伊藤若冲や江戸絵画など、内外屈指のコレクション。
 (115964)

今回の展覧会では若冲の名品中心。ユニークで伸び伸びと描かれた水墨画の数々。個人的に若冲の水墨画が好きなので、とてもうれしい構成。とくに鶏の作品が数点あり、若冲のモチーフへのこだわりを感じつつ。
 (115887)

観覧後はこちらのショップにて、若冲関連のグッズを物色。
とてもセンスのいいものが多く、とくにポチ袋など、思わずかわいさのあまり欲しくなる品々多数。
 (115889)

そして、館内にはレストランもあり。
 (115890)

 (115891)

さらに美術館3階には茶室もあり、外観の個性的な現代建築とは裏腹に数寄屋建築の『古香庵』では東山の峰々が一望できる開放感。ちょっと隠れ家的茶室ともいえます。

会期終了が迫っています。若冲の世界観にハマる展覧会、いがかですか?

「はじまりは、伊藤若冲」展 へのツイート

詳細情報

会期:平成30年1月3日(水)~2月25日(日)
会場:細見美術館
開館時間 : 午前10時 - 午後6時(入館は午後5時30分まで)
休館日 : 月曜日(祝日の場合は、翌火曜日)
入館料 : 一般1,300円(1,200円) 学生1,000円(900円)
    ※( )内は20名以上の団体料金
    ※障がい者の方は、障がい者手帳などのご提示でご優待
     (一般:1,300円 → 1,200円 /学生:1,000円 → 900円)
チケット販売窓口:細見美術館 京都新聞チケットセンター
         セブンチケット ローソンチケット(Lコード:59300)
主 催 : 細見美術館 京都新聞
詳細サイト:http://www.emuseum.or.jp/exhibition/ex057/index.html
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都国立近代美術館】10年ぶり生誕150年記念大回顧展!全長40メートル超の日本一長い画巻全公開☆「横山大観」展

【京都国立近代美術館】10年ぶり生誕150年記念大回顧展!全長40メートル超の日本一長い画巻全公開☆「横山大観」展

すでに絶賛開催中の京都国立近代美術館「横山大観」展。平日でもかなりの混雑で、その注目度、人気度の高さがうかがえる展覧会。前後期と展示内容も変わる中、前期に行ってきました。
京都の細見美術館にて「春画展妖怪画」とのタッグで旋風ふたたび?

京都の細見美術館にて「春画展妖怪画」とのタッグで旋風ふたたび?

2016年に京都で開催するや8万人もの観客を動員し、会場となった細見美術館の動員記録を塗り替えた春画展。その細見美術館での春画展が2018年に超パワーアップ! 春画と妖怪画という一見相反するテーマをタッグ展示することで、通常の美術展では見えてこない大衆文化のすみずみまで知ることができる展示となっています。 ※なお今展示では展示内容を考慮し、18歳未満の方は入館不可となっています。
【京都アートめぐり】30年ぶりの大回顧展!本当の『あお』に出会う☆京都国立近代美術館「生誕110年東山魁夷展」

【京都アートめぐり】30年ぶりの大回顧展!本当の『あお』に出会う☆京都国立近代美術館「生誕110年東山魁夷展」

30年ぶりとなる日本画の巨匠・東山魁夷の大回顧展が京都、東京で開催されます。開催に先立ち、展覧会会場となる京都国立近代美術館へ行ってきました。
細見美術館で春画と妖怪画展を開催!2016年に大好評を博した企画展が超パワーアップ

細見美術館で春画と妖怪画展を開催!2016年に大好評を博した企画展が超パワーアップ

岡崎の細見美術館でとってもエキサイティングな展示会が開催されます!それが「日文研コレクション 描かれた『わらい』と『こわい』展-春画・妖怪画の世界-」。春画?妖怪画?これは気になります…。開催期間は10月16日から12月9日まで。要チェックですね!
【京都国立近代美術館】日本の浮世絵とゴッホ作品のコラボ!立体ゴッホの部屋はインスタ映え完璧☆展覧会「ゴッホ展~巡りゆく日本の夢」

【京都国立近代美術館】日本の浮世絵とゴッホ作品のコラボ!立体ゴッホの部屋はインスタ映え完璧☆展覧会「ゴッホ展~巡りゆく日本の夢」

現在、京都国立近代美術館で絶賛開催中の展覧会「ゴッホ展~巡りゆく日本の夢」。まだ会期序盤ではありますが、平日でも多くの観覧者が来館。行ってきた様子をご報告します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers