2018年5月9日 更新

【京都ランチめぐり】新京極商店街の創業140年の老舗!ひらり・つるり・ぺろりの名代きしめん必食☆「更科本店」

店構えからして古いお店ということがわかる老舗店。新京極商店街にある創業140年の歴史をもつ、うどんそば、丼物を提供するお店。その中でも、自家製きしめんが名物で絶品。

自家製の名代きしめんをひらり・つるり・ぺろり

 (122889)

昼時の新京極商店街。
前々から気になりつつ、行けてなかったお店を思い出しこちらへ。前々から存在は知りつつ、あまりにも風景が溶け込みすぎてて、敢えて行こう!という発想に今までならなかったんですが(笑)
 (122905)

商店街内にある古い佇まいのお店。うどんそば・丼一式そろう系の、看板のかんじから昔ながらの雰囲気。
 (122890)

「更科」という店名から、最初蕎麦屋さんかな?とずっと思ってたんですが、きしめん推しの看板というのも、ちょっと興味津々。
 (122906)

しかも創業140年て、かなりの歴史あるお店。そのお店の看板商品のきしめん。

 (122907)

きしめんって、昔はよく母が麺買ってきて作ってくれましたが、最近ではスーパーでもきしめん自体置いてないところもありますね。

きしめんというと名古屋のイメージですかね。なんで京都できしめん?という思いもあり、とりあえず入店。
 (122893)

店内はわりと広く、古いお店のイメージでしたが内装はわりと最近改装されたんですかね。キレイで新しめな印象。テーブル席も2人掛け、4人掛け、さらに大テーブルも。
 (122894)

床のこの石畳は創業当時のものみたいですね。このあたりに老舗感が出てます。
で、通り沿いの壁際には小上がりのちゃぶ台スペースも。
 (122891)

うどん・そばもありますが、なんといっても自家製きしめんメニュー中心。
いろいろバリエーションあり温冷チョイスでき、これからの暑い季節には冷やしきしめんいいかもしれませんね。
 (122892)

丼メニューも。きしめんに合わせてミニサイズにできたり。で、今回は温きしめん650円を注文。
 (122895)

ほどなくして、温きしめん登場。花かつおが天盛りになっていて、湯気にあおられて踊ってました。
 (122896)

漢字がならび、勝手に宮内庁御用達なのか?と空目してましたが(汗)
「新京極御用極製棊子麺更科本店」と書かれています。「極製」はきわめて上等な作り方、という意味。旧漢字で変換できず、辞書でも出てきませんでしたが、きしめんてこんな漢字なんですね。
 (122897)

京揚げもかなりの存在感。ビジュアルシンプルですが、なんともオリジナルな風情ただよう画。
 (122898)

で、さっそくきしめんを食べてみます。
私史上のきしめん体験でいうと、かなり薄い麺。そして、透明感あり。食べてみるととても柔らかく、はんなり京風。

 (122899)

店先にあったキャッチコピー「ひらり・つるり・ぺろり」がそのまま体現できるかんじ。いやぁ~自家製麺つややかでほのかに小麦の甘みもあり美味しいです。
 (122900)

九条ねぎもいいアクセント。
 (122901)

京揚げがけっこうしっかり甘辛く炊いてあって、味も濃厚。この一杯の味の要にもなってます。そして、花がつおがとても上質かついい旨味をプラス。あと、食感も。
 (122902)

出汁はお揚げの味と花かつお効果もあって、一般的なうどん出汁に比べるとわりと濃いめ。だけど、旨味も凝縮。なので、ゴクゴクといただき・・・
 (122903)

完食完汁ゴチ!鉢底にはきしめんマーク。
また食べたいです。食べ終わったしりから(笑)今度は丼物も添えて、ガッツリと。ちょっときしめんの魅力を知ったというか。かなりオススメです!

ヨ~イヤサ~♪

更科本店 への口コミ

詳細情報

住所:京都府京都市中京区中筋町483
電話番号:075-221-3064
営業時間:11:00〜15:30、17:30〜20:00
定休日:木曜日
関連サイト:https://www.facebook.com/kishimen.sarashina
24 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな