2018年6月28日 更新

ボリューム&安さは今も昔も変わらず行列必至!京都粉もんグルメの御三家☆お好み焼き「ジャンボ」【北野白梅町】

こここそ知らないとモグリです。京都粉もんグルメ界の御三家のひとつ。老舗の大人気お好み焼き店。その人気ぶりはもしかしたら昔以上??

超ひさびさに食べてくなって行ってみると・・・

 (41168)

ほとんどの地元民、一度は足を運んだことあるのではないでしょうか。言い過ぎやったらスンマセン(笑)それぐらい、有名店。育ち盛りの学生時代はお腹いっぱいになりたくて、お世話になったとか。そんな方多いのではないでしょうか。

そして、久々に食べたくなり。たぶん行列やろうな、と早めに11時半に。お、空いてる。
 (42288)

と思ったのもつかの間。こんな中待合スペース、昔からありましたっけ。私が忘れてしまっただけか(笑)すでに中待合スペース満席。もう皆、11時からガッツリ食べたり呑んだりしてる様子。修学旅行生らしき学生も。

まあ、なんとか30分くらい待って座敷席に。

相変わらずの安さ

 (41170)

ちょっとお品書き見づらいですが(笑)ジャンボメニュー750円。フツーサイズは500円台。
きっと値上がりしたんでしょうね。もと、いくらだったかも忘れるほど久々なんでわかりませんが。
でも、それでもあのボリュームでこの値段は破格だし、相場を考えれば割安。
今回はジャンボお好み焼きミックスとジャンボ焼きそばを注文。まあ、そんだけ食べたら十二分にお腹ふくれるとわかってて(笑)

そうでしたそうでした、このボリュームでした(笑)

 (41171)

デカざるに盛られた材料を鉄板へ。ここ、麺1玉の量が多いんですよね。しかも2?3玉ありました。
 (41172)

あとは店の人にお任せ。具はキャベツ、紅しょうが、豚肉。
 (41173)

何気にこのダスタのかんじ、懐かしすぎて半笑い。
 (42289)

時折持ち帰り客が買っていくんですが、意外と未調理の焼きそば買っていく人が多いんですよね。値段同じ750円で。ちょっと驚き。家で焼くほうが時間短縮ということか。

お好み焼きは奥で調理済み

 (41175)

お好み焼き単品注文なら、片手鍋に入ったお好み焼きネタを混ぜ合わせて鉄板に移すシーンを見れたんですかね。奥で焼いたやつをチリトリで運ばれました。

そして、京都づくりでカンパーイ!

 (41176)

で、ようやくビール注文。京都づくり、京都中の飲食店でよく売れてるみたいです。
といっても、滋賀工場でつくられてるんですが(笑)
キリンビールの大勝利。カンパーイ!
 (42290)

そして、これが登場。名物のゴロゴロ(笑)
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都粉もんめぐり】祇園のお好み焼き名店!昭和風情漂うカウンターで昼呑みもアリ◎「祇園ねぎ焼かな東店」

【京都粉もんめぐり】祇園のお好み焼き名店!昭和風情漂うカウンターで昼呑みもアリ◎「祇園ねぎ焼かな東店」

祇園、八坂神社から東大路下った場所にある、名物お好み焼き店。昭和風情漂うカウンターのみのスタイル。昼呑みもでき、立地的に外国人観光客にも人気。ランチでお邪魔しました。
【京都ランチめぐり】ディープエリア・西陣の激シブ老舗お好み焼き店!昔懐かしい昭和レトロ感☆「吾妻軒」

【京都ランチめぐり】ディープエリア・西陣の激シブ老舗お好み焼き店!昔懐かしい昭和レトロ感☆「吾妻軒」

ディープエリア西陣。千本一条通りにある見るからに古い店構えのお好み焼き店。中に入ると、これまた昭和レトロで、昔懐かしい雰囲気のお好み焼きが食べられるお店。ランチで利用しました。
【京都ランチめぐり】タルタルソース狂必食!老舗モダン焼き店の筆頭!!100種メニュー圧巻☆「もだん焼フジ」

【京都ランチめぐり】タルタルソース狂必食!老舗モダン焼き店の筆頭!!100種メニュー圧巻☆「もだん焼フジ」

百万遍、京都大学のすぐ近く。創業32年の老舗モダン焼き専門店。そのメニューバリエーションの多さが有名。中でもタルタルソースがたっぷり乗ったモダン焼きは数あるメニューの中でも一際人気。
京都有名割烹でも採用するクオリティ高い京風味ソース!画期的ソースも開発☆「ヒロタソース」【紫野】

京都有名割烹でも採用するクオリティ高い京風味ソース!画期的ソースも開発☆「ヒロタソース」【紫野】

紫野にある昭和15年創業の老舗ソースメーカー。そのクオリティの高さが人気で、京都でも有名割烹で採用されたり、業務用で全国、世界からも引き合いあり。ウワサに聞きつつ、試してみました。
【昭和感満載】京都を代表する老舗お好み焼き店!五条通沿いの「 ふくい」

【昭和感満載】京都を代表する老舗お好み焼き店!五条通沿いの「 ふくい」

五条通沿い丹波口にある老舗お好み焼き店「 ふくい」なり。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな