2018年6月28日 更新

ボリューム&安さは今も昔も変わらず行列必至!京都粉もんグルメの御三家☆お好み焼き「ジャンボ」【北野白梅町】

こここそ知らないとモグリです。京都粉もんグルメ界の御三家のひとつ。老舗の大人気お好み焼き店。その人気ぶりはもしかしたら昔以上??

超ひさびさに食べてくなって行ってみると・・・

 (41168)

ほとんどの地元民、一度は足を運んだことあるのではないでしょうか。言い過ぎやったらスンマセン(笑)それぐらい、有名店。育ち盛りの学生時代はお腹いっぱいになりたくて、お世話になったとか。そんな方多いのではないでしょうか。

そして、久々に食べたくなり。たぶん行列やろうな、と早めに11時半に。お、空いてる。
 (42288)

と思ったのもつかの間。こんな中待合スペース、昔からありましたっけ。私が忘れてしまっただけか(笑)すでに中待合スペース満席。もう皆、11時からガッツリ食べたり呑んだりしてる様子。修学旅行生らしき学生も。

まあ、なんとか30分くらい待って座敷席に。

相変わらずの安さ

 (41170)

ちょっとお品書き見づらいですが(笑)ジャンボメニュー750円。フツーサイズは500円台。
きっと値上がりしたんでしょうね。もと、いくらだったかも忘れるほど久々なんでわかりませんが。
でも、それでもあのボリュームでこの値段は破格だし、相場を考えれば割安。
今回はジャンボお好み焼きミックスとジャンボ焼きそばを注文。まあ、そんだけ食べたら十二分にお腹ふくれるとわかってて(笑)

そうでしたそうでした、このボリュームでした(笑)

 (41171)

デカざるに盛られた材料を鉄板へ。ここ、麺1玉の量が多いんですよね。しかも2?3玉ありました。
 (41172)

あとは店の人にお任せ。具はキャベツ、紅しょうが、豚肉。
 (41173)

何気にこのダスタのかんじ、懐かしすぎて半笑い。
 (42289)

時折持ち帰り客が買っていくんですが、意外と未調理の焼きそば買っていく人が多いんですよね。値段同じ750円で。ちょっと驚き。家で焼くほうが時間短縮ということか。

お好み焼きは奥で調理済み

 (41175)

お好み焼き単品注文なら、片手鍋に入ったお好み焼きネタを混ぜ合わせて鉄板に移すシーンを見れたんですかね。奥で焼いたやつをチリトリで運ばれました。

そして、京都づくりでカンパーイ!

 (41176)

で、ようやくビール注文。京都づくり、京都中の飲食店でよく売れてるみたいです。
といっても、滋賀工場でつくられてるんですが(笑)
キリンビールの大勝利。カンパーイ!
 (42290)

そして、これが登場。名物のゴロゴロ(笑)
 (41178)

調味七つ道具。

カスタマイズな味付け

 (41179)

「甘いのん、ふつう、辛いのん、どうしゃはります?」あーこれこれ(笑)
フツーで、マヨネーズ多め指定。

で、見逃してしまいましたが、最初にマヨネーズをブチューと豪快に噴射。その後、ソース。前はここでカラシ入れてたように思いましたが、今はソースに混ぜられてるんですかね。
青海苔、かつおもたっぷり。
 (41180)

焼きそばも一気に味付けされ完成。
すごいボリュームではありますが、なんか昔のほうがもっと鉄板にいっぱいいっぱいあったような。私の誇大記憶かもしれませんが(笑)
 (41181)

実食。玉子たっぷりでふわふわ。時折、ごろんとデカいイカがうれしい。肉ももちろん入ってます。あーこんなんやったなぁ懐かしい味。
 (41182)

焼きそば。そば太めでけっこうコシがある。そば、こんなに美味しかったっけ?これはいい。ぜんぜん今でも通用する美味しさ。ビールがすすむわ~♪

けっきょく大食漢の私ともあろうことか、焼きそば少しだけ残しました。まあ、それだけボリューム満点ということで(笑)
 (41183)

外はさらに行列が伸びてて、やっぱりジャンボやなぁ~と。
思い出深い味でありながら、今もファンの舌をうならせる味。美味しかった!ごちそうさん!!

ヨ~イヤサ~♪

ジャンボ への口コミ

ジャンボ 基本情報

店舗名:ジャンボ
住所:京都府京都市北区等持院南町35
電話番号:075-462-2934
営業時間:11:00~14:00(L.O)16:30~21:00(L.O)
定休日:月曜・火曜・第4日曜
関連サイト:http://aquadina.com/kyoto/spot/1901/
27 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな