2021年1月12日 更新

【京都神社】平安京・東の守護神☆樹齢800年御神木も「大将軍神社東三條社」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は東山区東山三条にある神社。平安時代、都を守る4つのうちの東の守護神。

陰陽道に基づいた平安京・東の守護神

 (199214)

東山区、東山三条にある村山造酢ビルの南。普段三条通りを行き来することは多数ありつつ、ビルに隠れていてあまり目立たない神社「大将軍神社東三條社」。

つい最近、一条通にある星神・方位の神様『大将軍八神社』について調べているうちに、ここの神社の存在を知って訪ねてみたくなり、今回初参拝。
 (199215)

桓武天皇が延暦13年(794)平安京を造営した際、御所の守護として、四方に素戔嗚尊を主祭神に祀り、そのうちの東の守護神。相殿に関白藤原兼家を祀る。
 (199216)

境内。

特に平安京の東、三条口は京の七口の一つで交通の要衝にあたり、邪霊の侵入を防ぐ意味でも重要視されてきました。
 (199217)

 (199218)

古そうな手水舎ですが、この日はかなり冷え込む京都で、水が凍っていました(驚)
 (199228)

このあたりに建てられた藤原兼家邸は応仁の乱で荒廃しましたが、東三條社として名跡を留めています。こちらは天満宮となり、御神牛像もありました。
 (199219)

こちらが本殿。
 (199220)

本殿左手には枝を切り落とされつつ、かなりの巨木。
 (199223)

 (199224)

樹齢800年と伝わるイチョウの大樹があり、こちらも信仰の対象に。かつては鵺(ぬえ)の森とも呼ばれ、源頼政の鵺退治の伝説を偲ばせます。
 (199221)

 (199222)

それ以外にも、境内にはかなりの樹齢を重ねたであろう大樹があり、どれも途中で切り落とされているのが目立ちましたが。

なんでも3年前の台風24号被害により、境内にあった樹齢数百年の御神木が倒れ、拝殿や東三條社他、直撃倒壊する被害も経て、今の様子の境内に。
 (199225)

 (199226)

さらに神馬舎も。
 (199230)

その歴史の古さを随所に感じ取れます。三条通の喧騒を余所に、ひっそりと今も都の守護を務める神社です。

詳細情報

名称:大将軍神社東三條社
場所:京都市東山区東三町丁目 下ル長光町640
電話番号:075‐541‐4524
関連サイト:https://twitter.com/taishougun3
20 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers

オススメの記事