2016年11月2日 更新

【京都国立博物館】「没後150年 坂本龍馬 展」見学ツアーに参加してきました!

京都国立博物館で絶賛開催中の「没後150年 坂本龍馬 展」。ちょうど、坂本龍馬ファンが集うNPO法人・京都龍馬会と大阪龍馬会の共催見学ツアーに参加してきました。

天皇、皇后両陛下もご鑑賞された展覧会

 (60883)

今回は、坂本龍馬について詳しい方々とご一緒するほうが、より深く考察できるだろうと、友人のお誘いでNPO法人・京都龍馬会と大阪龍馬会共催のツアー参加で展覧会見学。
 (60884)

展覧会前に、この界隈の幕末や戦国時代関連の神社仏閣、史跡巡りと盛りだくさんだったので、入場が夕方に(笑)この日のメインイベント。
 (60885)

それもそのはず。
先日、天皇、皇后両陛下もこの展覧会をご鑑賞されましたが、その時ご案内された京都国立博物館の宮川禎一先生がナビゲーションしてくださるとのこと。
またとない、いい機会に恵まれました。
 (60886)

初っ端、入館する前のエントランスに描かれた輪っか。なんかただのデザインかな、と思ったら。
ここ京都国立博物館は、昔京都に大仏があった時代に大仏殿のあった場所。で、当時の大仏殿の柱位置がちょうどここだったそうです。それが、こんなふうに描かれているんです。そんなん今まで全然知らんかった!これも宮川先生のナビゲーションの賜物。
 (60882)

そして、入ると大きな坂本龍馬像が。土佐から運んで展示されたんだそうです。ここだけが、唯一の撮影ポイント。あとは、まあ当然撮影禁止です。

細かい説明をするとネタバレになってしまいますが、宮川先生のお話の中に、坂本龍馬がこんなに有名になったのは、ここに展示された龍馬の手紙の面白さだと。なんとも人間臭くて生き生きとした手紙が、いろんな作家や学者を魅了し、いまの坂本龍馬像が出来上がっていったのではないかと。そんな坂本龍馬の人気の源がこの展覧会に詰まっていました。
 (60888)

で、閉館ギリギリまで見学して、外を出る頃には真っ暗で(笑)

とても興味深く、またもう1回ゆっくりと反芻しながら見学したいと思うくらい、盛りだくさんな展覧会。この機会にぜひご鑑賞ください!

ヨ~イヤサ~♪

坂本龍馬展 への口コミ

11 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな