2020年1月29日 更新

【まいまい京都】チョコレートツアー☆グルメ記者と行く三条チョコストリート☆贅沢食べ歩きツアー

ちょっと意外な気もしますが、京都は美味しいチョコレート専門店がいっぱい☆いち早く“チョコストリート”を紹介してブームに火を付けたグルメ記者とともに、贅沢な食べ歩きツアーに参加してきました♪

〜ガナッシュ、ボンボン、京都オリジナル…話題の新店を特別に借り切って〜

ガイドを務めるのはこの方

 (175150)

岡田敏一 さん

産経新聞文化部編集委員。ロサンゼルス支局長として、米ハリウッドや音楽業界を精力的に取材。音楽誌「レコード・コレクターズ」の常連執筆者も務める洋楽通だが、実は京都の食文化を愛するグルメ&スイーツ記者。1日3食のうち、1食ハズレだと落ち込んでしまう今日この頃だとか。
岡田さんは今回初めてのまいまい京都ツアー。
なにせ現職のグルメ記者さんですから、市内各所いくらでもコース組めそうですね(笑)

今回は、ちょうど良い具合に並んだ三条通り界隈のチョコストリートからスタートです♪
 (175163)

地下鉄「烏丸御池」駅集合。

最初に岡田さんからチョコレート業界のお話など。

そしてウエルカムチョコとして、リンツのリンドールチョコをいただいて1軒目に向かいます。
 (175162)

1軒目 マリベル 京都本店

 (175161)

マリベル 京都本店

”2012年にオープンした、京都のチョコブームの火付け役的存在。
アメリカニューヨークが本店で、日本進出の第1号店を東京でなく京都に。
チョコの表面に小粋なイラストが描かれたガナッシュが有名だが、材料へのこだわりに加え、それぞれのイラストには物語があり、遊び心と洒落たセンスが光る。”

(※ 各店の紹介は ツアー用にまとめられた岡田さんの資料より引用)

 (175164)

2012年オープン時、このマリベルブルーと呼ばれるターコイズのような色の扉が現れた時はびっくりしましたね。
京町家の並びにこの色合いですから…
当時はこういうミスマッチなおしゃれ感覚はまだまだ無かったと思います。

今日は特別に開店前のお店へ入れていただいて貸切状態。
いきなり最初から贅沢体験です!(笑)
 (175166)

マリベル創業者の生誕60周年と、同じくデビュー60周年のバービー人形。

記念のコラボレーションモデルがお出迎え♪
 (175169)

 (175167)

こちらではガトーショコラをいただきました。

他に試食のチョコもありますが、皆さんお買い物に夢中です(笑)
 (175168)

 (175170)

マリベルの代表的なメニュー。綺麗なアートが施されたガナッシュ。

中身のフレーバーに合わせたイラストが基本。
京都らしい絵柄もあって、中身の内容で選ぶというより、アートのイメージで選ぶのも面白いですね♪
 (175171)

ジェラートも人気メニュー。
チョコレート専門店ですからチョコフレーバーが充実しています。

ゴージャスなカフェスペースではスイーツ関連だけでなくモーニングやブランチメニューもあり、オールマイティに使えるお店ですね。
 (176112)

 (175172)

2軒目 ショコラ ベルアメール 京都別邸三条店

 (176357)

2軒目はショコラ ベルアメール 京都別邸三条店

”マリベルに続き、2015年にオープン。百貨店を中心に全国展開する高級チョコレートブランド『ベルアメール」の関西初の路面店。枡(ます)に見立てた正方形のチョコの中に、京都で栽培した酒米「祝」で作った京都・伏見の酒蔵の日本酒をジュレにして流し込むなど「京都産」を強調している。”

 (176346)

 (176348)

こちらではもうすでに営業時間。店内混み合っていますので店頭でお店の紹介と、人気定番商品の「瑞穂のしずく」をいただきます。
 (176349)

 (176350)

 (176351)

ふわっと香る日本酒のフレーバーは意外にチョコレートに合います。
そして美しい。
京都らしい一品ですね。
 (176352)

三条店店長さんからも、ブランドの説明等いただきました。
 (176353)

そして順番に店内でお買い物。

チョコレートは自分用にももちろんですが、「誰かに差し上げたい!」と思わせるキケンな魅力がありますね(笑)
 (176354)

 (176355)

 (176359)

 (176356)

3軒目 ジャン=ポール・エヴァン 京都本店

 (176364)

3軒目への移動はほんの少しです。
途中、岡田さんから業界の裏話的なネタや、岡田さんオススメのお洒落なBarの紹介とか。(笑)

 (176371)

 (176373)

ジャン=ポール・エヴァン 京都本店

”マリベル、ベルアメールに続き、2016年にオープン。1988年創業の仏の有名ブランドで、2002年の日本進出以来、東京や大阪の百貨店などに出店。京都店は日本で初めての路面店で、パリの雰囲気を演出する。”
 (176401)

 (176381)

こちらは営業時間前なので…はい、貸切ですね(笑)

誰も入ってないジャン=ポール・エヴァン、貴重な体験です!
 (176396)

 (176382)

 (176383)

 (176384)

ホワイトデー限定で有名になった、ハイヒールのチョコレート。
 (176385)

 (176386)

こちらではショコラのマカロンをいただきました。
さすがの安定感ですね!
 (176387)

 (176388)

三条通り沿いのこの貴重な場所は、日本人であるエヴァンの奥様から繋がったご縁だそうです。

4軒目 セゾンドセツコ 京都ショコラトリー

 (176395)

4軒目は三条麩屋町通りを少し上がります。
 (176393)

セゾンドセツコ 京都ショコラトリー

”とどまるところを知らない京都のチョコブームに乗り、2019年10月にオープンしたばかりの新店。
チョコメーカー大手、メリーチョコレートカンパニー(本社・東京都)が運営。
大手百貨店への出店が中心ですが、このお店は京都だけに初の路面店。あずきやきなこといった和菓子のテイストを全面に押し出したユニークな商品群が特徴。”
 (176400)

 (176407)

こちらでは正真正銘、貸切です!
 (176408)

京町家をリノベーションした和の空間。
ツアーの最後に、靴脱いでくつろげる空間はとてもほっこりしますね。
 (176409)

 (176410)

 (176411)

こちらでは抹茶フォンデュをいただきます。
季節のフルーツや白玉、焼き菓子など。

通常のメニューで、同じ内容で抹茶フォンデュとショコラフォンデュが選べます。
 (176412)

 (176415)

 (176419)

 (176417)

最後にお土産もいただいて、ここでお開きに。

今日お邪魔した4店とも、岡田さんが実際取材されたお店ですから事前リサーチはもちろん充分。
普段ではなかなか体験できない特典あり、貴重で楽しい時間でした。

岡田さんオススメのお店はまだまだいっぱいありそう!
次回ツアーが待ち遠しいです(笑)
 (176416)

まいまい京都 チョコレートツアー 基本情報

[ツアータイトル]  ※ ツアーは終了しています

【チョコレート】グルメ記者といく、チョコストリート三条☆贅沢食べ歩きツアー
   ~ガナッシュ、ボンボン、京都オリジナル…話題の新店を特別に借り切って~

■開催日時   
2019年12月22日(日)9:30~12:00頃

■コースルート
【距離:約1.8km】 地下鉄「烏丸御池」駅 → 1.三条柳馬場界隈 (1軒目) → 2.三条堺町界隈 (2軒目) → 3.三条富小路界隈 (3軒目) → 4.三条麩屋町界隈 (4軒目) → (解散)

■参加費用
5,000円(保険料含む) ※全店試食付き

■定員
15名(要予約)

■詳細  https://www.maimai-kyoto.jp/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

千恋し 千恋し