2020年3月6日 更新

とっておきの京都の桜【京北ver】穴場スポットでゆったりお花見できる京北

今年の花見はどこに行く?有名観光地は人で溢れてゆっくり見れないし…そんな時にオススメな、京都のとっておき桜スポットをお届けします。もちろん桜以外の見どころやグルメスポット情報も盛りだくさん。伏見、大原、高雄、山科、西京、京北エリアごとにご紹介していきます!

おすすめ桜スポット

ゆったりお花見をしたい人は間違いなく「京北」がオススメ!地元の人が愛する桜スポットをご紹介します。
また明智光秀ゆかりの周山城址は、春のトレイルにぴったり。
こだわりグルメと一緒にぜひお楽しみください。

宝泉寺

 (178119)

「宝泉寺」は平安末期の1139年に創建された古義真言宗御室派のお寺です
病気平癒に格別の霊験のあるお寺として、信仰を集めてきました。
名物の「京紅しだれ桜」をはじめとした大小約20本の桜で賑わいます。
 (178351)

可愛らしい「ききみみ地蔵」と桜のコラボレーションも見どころのひとつ。
お地蔵さんが笑顔で聞いてくれるのは、願いなのか愚痴なのか…

桜に囲まれた小さなお寺でゆっくり過ごす春、何ものにも代えがたい贅沢な時間です。
ーーーーーーーーーー
金花山宝泉寺
所在地:京都市右京区京北下熊田町東旦15
tel:075-852-0407

弓削川沿い

 (178122)

道の駅 ウッディー京北のすぐそばにある弓削川沿い、「寺田橋上流の桜並木」と呼ばれる桜スポットです。
ウッディー京北でお買い物をして、そのままお散歩できるのが嬉しいですね。
 (178123)

桜の木は土手の下に植えられているので、
ちょうど目線のあたりに桜が咲いてくれるのが見どころ!
ポートレート撮影なんかにピッタリです。

ーーーーーーーーーー
寺田橋上流の桜並木
京都市右京区京北周山町上寺田1−1
ウッディー京北すぐそば

福徳寺

 (178125)

和銅四年(711)に創建され、明智光秀が周山城を築くために、本寺を破却して城の素材に使ったりと、移転・焼失・再建様々な歴史を経て、明治15年(1882)今の姿に再興されました。
 (178126)

樹齢400年近い枝垂桜の古木は「かすみ桜」とも言われ、京都市指定天然記念物にも選ばれています。古くから地元の人々に愛され、お寺のシンボルになっているかすみ桜。
まだまだ知られていない、穴場スポットです。

ーーーーーーーーーー

所在地:京都市右京区京北下中町
tel:075-854-0971

常照皇寺

 (178128)

常照皇寺は臨済宗天龍寺派の禅寺です。北朝初代の光厳天皇が開いた、皇室ゆかりのお寺。
寺の周辺の自然を庭に見立て、寺の裏山を「猿帰嶂」、滝を「白玉泉」、山全体を「万樹林」などと名付けたという言い伝えがあり、現在もそのほとんどを楽しむことができます。
 (178129)

お庭には、国の天然記念物「九重桜」、御所より枝分けした「左近の桜」などがあり、4月中旬ごろが見頃になります。
桜だけでなく、常照皇寺とその周辺の自然をぜひ味わってみてください。

ーーーーーーーーーー
拝観時間:9時~16時
志納(400円~500円)
電話番号: 075-853-0003
所在地:京都市右京区京北井戸町

おすすめグルメスポット

黒毛和牛牝牛専門店 登喜和

 (178280)

黒毛和牛牝牛専門店、なんともパンチのあるこだわりが詰まったお店「登喜和」はその通りお肉がとっても美味しいレストラン兼お肉屋さんです。
ウッディー京北のすぐそばに店を構え、創業60年を数える知る人ぞ知る名店です。
精肉店も併設されており、お肉には相当のこだわりあり。
 (178283)

オススメはすき焼き定食!分厚く切ったリブロースにお野菜もたっぷりな大満足メニュー。
他にもステーキはもちろん、ハンバーグなどお肉を存分に味わえるメニューが揃います。

その日のサービスメニューもあり、お肉の仕入れ状況によってはできないメニューも。
お出かけの日が決まったら、絶対に予約がおすすめです!!

ーーーーーーーーーー
所在地:京都市右京区京北周山町上代1
tel:075-852-0014
営業時間:11:30~17:00(Lo.16:30)
完全予約日:火曜日(前日PM3:00までのご予約のみ)
定休日:水曜日、木曜日

MaLleu (マリュー)

 (178288)

2020年1月にオープンしたばかりの、パティスリー&カフェ「マリュー」。
オーナーパティシエさんは、あのマールブランシュでモンブランを担当していた方なんだとか。

一番人気はクリームタップリのクッキーシュー。
ショートケーキも人気で亀岡のイチゴを使用されています。
 (178293)

こちらはイチオシ、和栗を使ったモンブラン。
甘さ控えめで和栗の優しい味を楽しめる一品。

パティシエさんの柔らかい雰囲気が伝わってくる、
ほっと一息つける温かい場所です。

ーーーーーーーーーー
所在地:京都市右京区京北周山町西丁田21-3
営業日:金、土、日曜日の週末3日間11:00~19:00
(カフェラストオーダーは18 :00)
tel:080-6212-0549
https://www.instagram.com/pati.cafe.malieu/

*臨時休業、営業日変更は店頭又はインスタグラムでご確認ください

現在放映中の「麒麟がくる」関連スポット

慈眼寺

 (178295)

こちらの慈眼寺さんは、明智光秀ゆかりのお寺。
こちらのお寺に伝わる「くろみつ大雄尊」と呼ばれる木坐像は、作者やいつ頃作られたのかも不明なんだとか。明智光秀の姿をした木坐像は、なんと真っ黒に塗られているんです。
 (178296)

真ん中にいるのが慈眼寺キャラクターの「くろみつくん」!結構可愛いですよね~
なぜ真っ黒なのかというと、

逆臣の汚名からか墨で真っ黒に塗られ人知れぬ秘像として、周山の民の手によって今日までひっそりと祀られてきたのです。(慈眼寺公式HPより)

明智光秀がいかに領民に慕われていたかがわかるエピソード。
その真っ黒な姿に愛を感じます。

ーーーーーーーーーー
所在地:京都市上京区 出水通七本松東入七番町358
拝観可能日:土曜日・日曜日・月曜日 10:00~16:00
※上記以外は要予約としておりますが、在寺の時は開錠するようにしています。
どうぞお気軽にお立ち寄りください。
tel:075-852-0213
アクセス:西日本JRバスで終点周山下車 徒歩約5分

周山城址

 (178303)

天正7年(1579)明智光秀により築城された周山城の跡地を見ることができます。
ウッディ京北や周辺店舗で周山城址のガイドブックをもらえます。ゲットして、いざ周山城址へ出発!
 (178299)

こちらが周山城跡入り口。ここからスタートですので、見逃さないように気をつけてくださいね。
往復で1時間半から2時間程度。地面はすべりやいので、スニーカーなどをはき、歩きやすい恰好がおすすめです。
 (178302)

途中、京北の街を一望できるスポットがあるのでシャッターチャンスです!
 (178301)

どんどん登っていき、城址が近くなると、ところどころに石垣を見つけることができます。
現在は本丸跡の石垣、かじや丸、馬かけ場など15ヶ所で城跡が残っています。
 (178300)

城址の本丸があった場所には木製の目印が!
そこまでは広くはないですが、ちょっとひらけた場所になっています。

戦国時代のお城跡がまだ残っているなんて、なんだかロマンですよね~
ぜひトレイルチャレンジしてみてください!

まとめマップ

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Kyotopi 編集部 Kyotopi 編集部