2019年11月29日 更新

【京都居酒屋】人気海鮮料理店「雑魚や」の新店は魚串をコース仕立てで「雑鼓や」

烏丸六角に本店を構える居酒屋さん「雑魚や」の新店が祇園にオープン!今回は、魚串料理をコンセプトに、コース仕立てでいただけます。

【予約制】魚串をコース仕立てで

 (170610)

烏丸六角に本店を構える人気の海鮮居酒屋「雑魚や」
新店の「雑鼓や」が祇園にオープン!雑魚やグループらしく海鮮の串をコース仕立てでいただけます。
場所は、祇園花月の裏手あたりです。
 (170611)

店内はカウンター7席のみの空間。
18時と20時半の2回転制、ご予約の上伺ってください。

祇園らしくシックなオトナな空間です。
 (170612)

その日に使う海鮮がネタケースに。こちらは2人前です。
ネタは季節のモノがメインですが、仕入れ状況によって変わります。
 (170613)

1品目は、北山恋豆腐のムース仕立て。
春夏秋冬ざこやでも評判の一品。
まろやかな豆腐の旨味を堪能できます。オリーブオイルの香りと油分がいいアクセントに。
 (170614)

続いて、前菜の盛り合わせ。
雑鼓やでは前菜や箸休めは、串カツ屋さんで言うところのキャベツにあたる位置付け。

左から柿のいぶりがっこ、こぶ締めの信州サーモン、ボラの白子。
 (170615)

ニューカレドニア産、天使の海老。
串カツの定番のネタですね。サクっとした衣とプリっとした食感の海老。
シンプルに塩でどうぞ。レモンも添えてあります。
 (170616)

天然ぶりのお刺身。
雑鼓やでは、箸休め的な立ち位置で、お刺身もでてきます。
鮮度も言うことなしで美味、憎い演出(笑)
 (170617)

菊菜と松茸のお浸し。
松茸の風味と春菊の苦み、出汁の旨味が三位一体の美味しさ。
 (170619)

甘鯛のカツ。
ふっくらしたシンプルな味あいの甘鯛の身と、うろこのパリパリ感もたまりません。
京都らしいですが、あまりみない串ですね。
 (170620)

地蛤の酒蒸し。
地蛤と出汁の旨味が身体中に染みわたります。
 (170621)

あんこうのカツをあん肝のソースで。
たんぱくな身に濃厚な肝のソース、相性の良さは言うまでもありません。
雑魚やらしい一品。
 (170622)

フォアグラの茶碗蒸し。
フォアグラの濃厚な旨味を茶碗蒸しがまろやかに包み込みます。
日本酒にも白ワインにもあうよきアテ。
 (170623)

煮牡蛎の串。
煮た牡蛎は旨味が凝縮されていて、ねっとりとした味わい。
衣との食感のコントラストも良し。
 (170624)

お蕎麦で箸休め。イクラがのっているのも雑魚やらしい。
 (170625)

穴子のカツは、山椒こぶで。
山椒もよきアクセント。
 (170626)

蟹の串にクリームソース。
みんなが好きなやつです。
 (170627)

朝締めうなぎの白焼き。
わさびがよくあいますね。
 (170628)

トロのカツサンド。
ニッタベーカリーの薄切りパンで挟んでいます。
贅沢すぎるカツサンドです。ワインにもあいます。
 (170629)

雑魚やと言えば、オリジナルのこのお茶割もあります。
さっぱりとしながら、しっかりと酔えます。
つい飲み過ぎてしまうお酒とも言えます(笑)
 (170630)

蜂蜜漬ピクルスとガリ鯖。
口の中もサッパリ。もう1回、ごはんも呑みもギアが入ってしまいそうに。
 (170632)

〆の串はお茶漬け風で。
 (170633)

デザートもあり。八つ橋のジェラート。
新鮮な感じですが、どこか懐かしい味わいです。
京都っぽいデザートです。

雑魚やグループらしい高級海鮮をふんだんに使った創作串料理の数々。
これからの進歩が楽しみです!

基本情報

店名:魚々串 雑鼓や
住所: 京都市 東山区祇園町北側347−26ピックルビル1F
電話番号:075-532-5358
営業時間:18:00~、20:30 ※2部予約制
関連ページ:https://www.facebook.com/kushi.zacoya/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

つきはし つきはし