2017年5月10日 更新

カニ出汁のこだわりぬいた絶品ミシュランラーメン!「麺屋 裕」【移転】

ミシュランビフグルマン掲載の人気ラーメン店「麺屋 裕」。西陣エリアから山科へ移転されてたので、新店の様子をご紹介します。

人気ラーメン店が山科に移転

 (79992)

元々、西陣エリアにあった人気ラーメン店「麺屋 裕」。ミシュランビフグルマンにも掲載された、ラーメン激戦区の京都でも一目置かれた存在のお店でした。その裕が西陣から山科へ移転され、リニューアルオープンされました。
場所は山科の醍醐街道とも呼ばれる117号線沿い、ちょうど地下鉄東西線 東野と椥辻の間あたりです。
 (79993)

以前の店舗より3倍か4倍くらいに大きくなり、座席数も少し増え店内待合もできました。
外待ちはそれほどでも店内待合もありますので、待ち時間に計算はその点、ご注意ください。
 (79994)

外観もそうですがL字のカウンター席は黒が多用されていて、さながらバーのような雰囲気もします。以前より少し増えて席数は8席です。
 (79995)

以前はつけ麺などもありましたが、メニューはよりシンプルな構成に。
ラーメンは、名物の蟹塩そば、塩らーめん、醬油らーめんの3種類。トッピングがまた魅力的で、チャーシューや鴨、全部のせの特製裕盛りがあります。
からあげセットやおじやごはん、鶏ユッケ丼とごはんものも魅力的で、迷いすぎる憎いメニュー構成です(笑)
 (79997)

以前の店同様、壁にはこだわりの小麦粉の袋が。以前は1種、金時だけやった気がしますが、店舗も大きくなったので増えていますね。
店内待合でオーダーは聞いてくれますので、しばしの間待ちましょう。
 (79996)

お水やおしぼり、おはしなどはセルフになっています。特に卓上調味料もありませんでした。
ラーメンとは直接関係ありませんが、電球の形をしたこのつまようじ入れがかわいくて気になりました(笑)

蟹の風味が豊か!

 (80000)

もちろんラーメンは、名物の蟹塩そば(750円)です。それに全部のせの特製裕盛り(350円)をプラスしました。
ラーメンが到着した瞬間から、蟹の風味が広がりすごいんです!食べる前からテンションが上がります。
 (80011)

まずはスープです。蟹の風味を最大限に活かす方向性で塩加減がまた絶妙で、全体的に優しい味わいに仕上がっています。時折、感じる柚子の風味がまた秀逸で、ほんと最後の最後まで美味しく頂けます。
スープに使うお水は、名水で知られる伏見の超軟水です。特注の貯水庫を使っておられ、水の鮮度にももちろんこだわってられます。スープだけではなく、麺、お茶、お米にも使われています。
 (80009)

裕の麺は、もちろんこだわりの自家製麺で平打ちの中太麺。少し柔らかめの食感の麺が、またスープによく馴染んで最高です。替え玉もできます。
 (80003)

チャーシューは全部で3種、焼豚と鶏、鴨です。味が染みていしっとりと柔らかく。トッピングでチャーシューを増されることを、裕では推奨します。
 (80008)

特筆すべきはこの鴨チャーシュー。鴨の深い味わいと食感がよく、かみしめる度に旨味が口に広がります。また鴨の風味が加わることで、ラーメン自体の深みが増します。本当に緻密に味の計算がされています。
 (80006)

裕のメンマも一味違います。使っているのは、炙り姫竹。食感はありつつも柔らかく、少し甘めの味付け。個性的なスープやトッピングにもよく馴染んでいて、ちょうどいい箸休めに。

替え玉にするか、ごはんものにするか

 (80013)

せっかくなので、炙り燻製鶏ユッケ丼(300円)も食べて帰りました。
たっぷりの鶏と黄身、ねぎがご飯の上にのっていてビジュアルも良好です。
 (80015)

黄身を崩すと、このたまんないビジュアルに。しっとりとした鶏ユッケとごはん、黄身がよく絡みあって絶妙に美味しくて、ねぎがまたいいアクセントに。

替え玉にするか、ごはんものにするか、とても悩ましい選択を迫られます(笑)
 (80016)

ミシュランに引っ張られるのもあまり好きではないのですが、裕はさすがの美味しさでした。蟹や鴨など個性の強い食材を押し出しつつもバランスが秀逸でまとまりのある一杯に仕上がっています。

市内中心地からだと少し行きづらい山科ですが、ぜひ一度は味わって頂きたいこだわりのラーメンです。平日でも大変な混雑ですが、週末はさらに混雑が予想されます。数量も限定なので早めに行って並ばれるのをオススメします。

麺屋 裕 クチコミ情報

麺屋 裕 店舗情報

店名:麺屋 裕
住所:京都市山科区東野百拍子町25-2
電話番号:不明
営業時間:11時~15時
定休日:月曜日
関連サイト:https://twitter.com/menyahiro0212

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン