2017年3月8日 更新

創業100年の老舗で驚きの高コスパ!ディープな昭和レトロ感がたまらない!!食堂「みふき亭」【京都蹴上駅スグ】

歩き散策中、ランチタイムを逃してたらこちらへ。昔からあるお店とは認識しつつ初訪問。関西の食堂によくある「うどんそば丼物一式」看板の昭和レトロ感。そして、驚きの高コスパ!

歩き散策に夢中になっていてランチタイムを逃して

 (74203)

ちょうど暖かく晴れた日曜日。京都の街を歩きながら色々散策。それが楽しすぎて気づけばもうランチタイム終了時刻。で、ちょうど空腹でどこかないかとこちらへ通りかかる。

あまりにも街に溶け込みすぎて、今更存在すらちょっとおぼつかないお店。普段ならスルーするような。歩くスピードだったから目に止まったような。
 (74206)

あと、これに惹かれました。「丼物一式」。関西圏では大衆食堂などで、いろいろメニューあります、て時にこんな「一式」と使われることが多いそうです。京都にはこんな「一式」表記をよく見かけます。
 (74208)

で、中に入ると更に驚きの昭和レトロ感。失礼承知でいうと、外観からは客が入ってるようにも見えないお店ですが、この時間帯で5人位はお客がいて、ふだん昼時は意外と混んでたりするらしいです(笑)
 (74210)

まるで時間が昭和で止まったかのような。テーブルや椅子に至るまで。
 (74211)

今となってはかなりレアアイテム。コカ・コーラの瓶専用冷蔵ケース。栓抜きが装備されてて、下に貯まるようになってるのが懐かしい!
 (74213)

テーブルもかなり使い込まれてる感。
 (74224)

壁のメニュー見ると、さらに驚愕。うどんそば300円て。これまた昭和価格(笑)うどんそばをはじめ、丼物や中華そばもあり、まさしく一式そろってます。

で、こちらの名物メニューでもある鍋焼きうどん700円を注文。
 (74216)

で、しばらくすると蓋付きで勢い良く湯気を立てる土鍋登場してオープン。彩りよくいろいろな具材が乗ってます。

かまぼこ、海老天、ほうれん草、梅型の乾燥麸、冬枯椎茸、卵。
 (74218)

ちょっと細めのやわらか京うどん。安心する味。出汁もしっかり効いてます。
 (74219)

海老天もバナメイとかじゃなく、ブラックタイガーですかね。衣も過剰に多めということでもなく。鍋焼きうどんにぴったりの海老天。
 (74220)

黒々とりっぱな冬枯椎茸はうっすら予め別炊きされて味付き。いい仕事してます。
 (74221)

で、半分くらい食べ進めたころに卵へ箸をのばす。いつもどおりつついてみます。
 (74222)

毎度毎度、期待に答えて黄身が流れ出すエロ画。いいよいいよ~
出汁に溶かし気味に一気にすすり完食完汁ゴチ!これで700円とはホントに驚き。

そして、会計の際創業を聞くと100年!さらに驚き!!それを自慢する気配もなく、まるで他人事のような奥ゆかしさも。グルメサイトやらには登場しない、これぞまさに地元民のためのお店。今度は中華そばや丼物一式試したい(笑)

ヨ~イヤサ~♪

みふき亭 への口コミ

みふき亭 基本情報

住所:京都府京都市東山区東町237
電話番号:075-771-5081
営業時間:11:00~20:00
定休日:毎月1日

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな