2022年11月6日 更新

京都 哲学の道近くのスパイスカレーとワインのお店「SPICE SALON To-la-la(トララ)」

哲学の道近くの「SPICE SALON To-la-la(トララ)」で、スパイスカレーとワインでランチなり。

スパイスカレーとワインを堪能

 (231704)

哲学の道を南側の起点、冷泉通りから北上し、ゆるゆると散歩。やってきたのは浄土寺、我々が普段近寄る地域ではないのですが、「日本料理 藤井」から西に300mほどの位置で、白川通のファミマ銀閣寺白川通店を東に入ってチョイ上がった位置。
お店の名前は、SPICE SALON To-la-la(トララ)。サブネームに「CURRY&WINE」がくっ付いていて、カレーをアテにワインを!というようなコンセプトのお店なのだ。休日で紅葉巡りだ!となると、次にランチ場所を探し始めるのですが、FB友が書かれていた訪問ネタを参考に、随分前からグーグルマップにブックマークしていたのを思い出したのですな。丁度、開店1周年のタイミング。
 (231705)

まだ12:00オープン時間チョイ前で、空いていないかな?と確認しようとすると、女性のご店主が出てこられて、この看板を出されるタイミング。本日一組目の客として、店内に。
 (231706)

店内はサロンというか、カフェ的というか、明るい感じなのですが・・・
 (231707)

壁には昼からワインがしっかりと。柔和で話しかけやすい雰囲気のマダムが1人で回しておられて、再度、メニューを見せて貰うのですな。どちらで見てもらったんですか~!から、今日は紅葉見物で・・・まで、うだうだとお話しつつ、お料理を決めるのですな。
 (231708)

お店のFacebookもチェック済で、ときたま限定モノもやっておられるのですが、今日は先ほど看板にあった3種類がスタンバイ。3種合いがけにすると、味わう前に食べ終わる!というパターンが多いので、2人で食べるときは、各人特に好きそうな2種を合いがけにして、2人で3種類をカバーする注文でお願いする。
 (231709)

最近、昼ビールにハートランドに遭遇する確率が高そうですな。小瓶を半分こしてスタータに。と・・・・
 (231710)

カレーに付けているピクルスですけれど、先に出しておきますので~!とマダム。いやはや有りがたいですな。よく漬かった胡瓜、パプリカ、それに山芋! 山芋が超旨いと思いつつ、突っついているとワインが欲しくなり・・・
 (231711)

空いた順にどんどん抜栓するシステムのようで、黒板のメニューは半分ほどは差し替えが必要な状態でした。こちらは伊トスカーナの白で、「Sensi Collezione Chardonnay」なり。グラス¥600かな。呑みやすくするするーっと。
 (231712)

Cuatro Rayas Agricora Castellana Tempranillo Organic 2020」なり。テンプラニーリョ100%のビオですが、タンニン、酸味のバランス良好。相方はかなり好きなタイプでご機嫌。
で、そうこうしているうちに、カップルが2組ほど入っていい感じに混雑してくるのだ。
 (231713)

で、着席後25分後にカレー登場。御覧の盛り込み加減! こちらは右手が牛スジ欧風カレー、左手が豚ひき肉と豆のマカカレーなり。野菜類の盛り込みもしっかりで、これはなかなか盛りだくさんだよね~!の税込み¥1300!なりなのですが、先ほどのピクルス、更に、食後にお茶までついてくるのがサロンですな。
 (231714)

で、2人とも左手の「豚ひき肉と豆のマカカレーは外せないよね!」という結論で、こちらはスパイシーチキンカレーをセットで。スパイス玉子¥100、更に・・・
 (231715)

フライヤーで揚げたてのトンカツ¥300までつけてもらい、シェアして頂く作戦。(本来、トンカツは上に乗っかってくるようなのですが、他のお客様と注文と被ったので若干時間差&別皿で・・・)
 (231716)

で、当然こういうような食べ方になります。いやー、盛りだくさん!

ご店主がFacebook等で書かれているように「欧風カレーとスパイスカレーの狭間なカレー」を狙われているカレーなのですが、優しい辛味で、ココイチ指数でいうと、ファーストアタックは二辛ぐらいの感じで、香味野菜とダシの優しい甘味が来るタイプ。が、あとから辛さがじわじわと蓄積されてきて、食後感は結構辛かったなあ!三辛ぐらい?というような。塩分濃度など非常に気を使っておられるようで旨味の乗せ方は非常に優しいのですが、塩の頼りなさはないという絶妙な線ですな。美味しいと思います! 
 (231717)

つい、赤の方が合う感じなので、追加で更にグラスを。スペインは「Villa Vinum Reserva」なり。これもテンプラニーリョ100%で、昼ワインですっかりご機嫌さんに。
 (231718)

で、食後にお茶もついております。マダムから「昨日、お客様に頂いたお土産がありますので出しますね~!」と・・・
 (231719)

一周年記念サービスだったようで、ありえないカヌレまで付けて頂きました。いやはや、旨かったです。

で、瓶ビール1、白1、赤2と昼ワインとすると、結構しっかり目に呑んで¥5000チョイというお支払い。周りを観察していると、そういう目当てでカレーを食べに来ている人が多そうで、自転車で来られている方以外の皆さんはお酒付きランチな模様。夜は、ワインバー化しているようですので、お近くならぜひ!ですな。御馳走様でした~。良いお店です!

店舗情報

店名:SPICE SALON To-la-la(トララ)
住所:京都市左京区浄土寺馬場町9 ロイヤルハイツ白川 1F
営業時間:12:00~14:30 / 18:00~22:00 
定休日:水曜日・木曜日
TEL:070-8983-5274
HP:https://www.tolala-kyoto.com/
20 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。

オススメの記事