2018年4月8日 更新

京都の人気オムライス店|旨辛やみつき!インディアンオムライス*くるみ【新京極】

繁華街の入り口の地下にて繰り広げられるやみつきB級グルメの舞踏会。ゴロゴロ具材にほんのりスパイシーなインディアンオムライス、瑞々しいてんこ盛りサラダは寺町界隈のB級グルメの代表格「くるみ」です。

知る人ぞ知るインディアンオムライス

 (113323)

新京極商店街の入り口、やや寂れた年期入りのビル地下に位置するサラダ&洋風お好み焼き【くるみ】
人気の証

人気の証

食の雑誌やグルメサイトでも盛り上がりのある魅惑のオムライス。
ショーケースにもステッカーが貼られています。
 (107407)

以前はサラダとお好み焼きをされていたようですか、今はお好み焼きはされていないよう。
 (107421)

探究心をくすぐるアプローチをぬけるとハイカラな店構えがあらわれます。

昭和ロマンを感じる和み空間

 (107424)

地下に配された
コンパクトながらもだんらん空間。
リビングの板の間には
お席はベンチシートに
4人がけテーブルが三つ。
窓の無い閉塞的になりがちな地下空間ですが、全く窮屈さを感じない店内。
セピア色に灯る間接照明かムーディーな居心地を作り上げています。
 (107415)

イージーリスニングが静かに流れ、奥様の優しい物言いにしっとり
落ち着いてお食事ができる柔らかな
空気感。
女性、男性という呼び名も新鮮でしたが、あとから聞いた噂によると男性と女性でボリュームを加減しているそうです。
 (107409)

筆書きのシンプルなメニュー表
ミニサラダ ¥350 税込

ミニサラダ ¥350 税込

ミニとは言い難いサービス盛り。コールスロー、ポテトサラダ、レタス。
表面にはアーモンドがまぶしてあり、香ばしいアクセント。
こちらは1つを2人でシェアしても十分満足だと思われます。
インディアンオムライス ¥600

インディアンオムライス ¥600

この日、私はインディアンオムライスとミニサラダをチョイス。
サラダは先出しのお店が多いですがたまたまかもしれませんがこちらは同時提供。
オムライスは楕円形の大きな器でサーブ。
オムライスにはさらりとしたデミグラスソース、そしてタルタルソース、サイドには気持ち程度に福神漬けが添えてあります。
 (107410)

単調になりがちなオムライスですが、飽きることなく完食。
一般の女性なら程良い量。
私は女性なので女性サイズ(のはず笑)ですが、少食の男性は予めサイズの指定をしといた方が無難です。
 (107405)

大きめの鶏肉としめじ、ほんのり甘い玉ねぎ。
柔らか目のご飯との相性も良く
主張しすぎないカレーが上品にまとめます。
 (107406)

ランチタイムは、ひっきりなしにお客さんが来られる人気ぶり。
おひとり様でも無理やり相席にせず、居心地にも気配りする配慮が随所に感じられます。
初めてなのに懐かしいインディアンオムライス、期待を裏切りません。

くるみ クチコミでの評判

19 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都ランチ】平日でも行列の人気店!絶品名物オムライスは破格600円☆洋食店「くるみ」【寺町京極】

【京都ランチ】平日でも行列の人気店!絶品名物オムライスは破格600円☆洋食店「くるみ」【寺町京極】

また食べたいです。テレビや雑誌で、オムライスの美味しいお店として必ず登場。昭和テイストと丁寧な構成ながら破格の600円。行ってきました。
POP&Cuteな隠れ家的古民家★曜日限定のTasty昼オムライス★Cafe&Bar Cham(チャム)【河原町】

POP&Cuteな隠れ家的古民家★曜日限定のTasty昼オムライス★Cafe&Bar Cham(チャム)【河原町】

藤井大丸サイドのオムライスで定評がある町屋カフェCafe&Bar Cham(チャム) 火曜、水曜限定のみ提供される ワンプレートになった昼オムライス。 隠れ家的ロケーションの古民家でエンジョイランチタイム★
路地裏に名店あり!卵好きには堪らない半熟玉子が入ったオムライス!先斗町の「京都オムライス ルフ」

路地裏に名店あり!卵好きには堪らない半熟玉子が入ったオムライス!先斗町の「京都オムライス ルフ」

先斗町と木屋町をつなぐほそーい路地にある隠れ家的オムライスの名店「京都オムライス ルフ」です。看板メニューのルフオムライスを頂いてきました!
四条 京都で古着を売るなら・・「JUMBLESTORE」がオススメ!【まとめ】

四条 京都で古着を売るなら・・「JUMBLESTORE」がオススメ!【まとめ】

最近、四条寺町近辺で、古着を扱うお店が増えてきました。
【京都酒場めぐり】出汁に始まり出汁に終わる!人には教えたくない隠れ家名割烹☆「よこやまろうそく」

【京都酒場めぐり】出汁に始まり出汁に終わる!人には教えたくない隠れ家名割烹☆「よこやまろうそく」

四条西木屋町上がった、ディープな風情ただよう夜の飲食店が入居する雑居ビルの一角にある超隠れ家店。外観とは裏腹に銘酒と本気のアテがそろう驚きの割烹店。予約して行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cafequeen cafequeen